電車で行く箱根日帰り旅行!ゴールデンコース逆回りで観光スポットを巡る。

この記事をシェアする

国内の定番観光地の一つである箱根。都心から近くアスセスが良いため、気軽に行ける観光地です。今回はそんな箱根を都内周辺から日帰りで満喫する定番プランをまとめていきます。

箱根の観光スポット

箱根にはこのように様々な観光スポットがあります。他にも見どころはありますし、また箱根エリア各地にはエリアごとに特長ある温泉もあります。

様々な観光スポットをまわりつつ温泉・食事・お土産の購入まで満喫するには、時間の限られている日帰り旅行だと、うまくまわらなければいけません。そこで僕がおすすめするのは、箱根ゴールデンコースと呼ばれるルートで観光することです!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

箱根ゴールデンコースを逆回り

電車で行く箱根旅行は、ゴールデンコース(ゴールデンルート)と呼ばれる観光ルートをまわるのが定番です。

  • 箱根ロマンスカー
  • 箱根登山鉄道
  • 箱根登山ケーブルカー
  • 箱根ロープウェイ
  • 箱根海賊船
  • 箱根登山バス

箱根の上記交通機関を利用しながら、反時計回りに観光していくルートがゴールデンコース(ゴールデンルート)と呼ばれています。箱根の観光スポットをスムーズに見てまわることができるルートです。

53
via 箱根ナビ

また出来る限り混雑を避けたい僕は、この箱根ゴールデンコースを逆回りしていきます。はじめに言っておきますが、逆回りしても立ち寄ることができる観光スポットは同じですのでご安心ください!

新宿駅(小田急線)を箱根ロマンスカーにて出発

箱根へ電車で行くといえば「箱根ロマンスカー」。新宿駅より箱根湯本駅へ向けて出発します。車内で軽く朝食を済ませると良いでしょう。

出発する前に購入しておくもの。

  • 箱根ロマンスカーの特急券(事前にWEBでも購入可)
  • 箱根フリーパス(券売機にて)

ロマンスカーの特急券は、前日まで購入可能なWEB購入がおすすめです。

箱根フリーパスとは、新宿駅から箱根湯本駅までの往復乗車券の他、上記箱根の交通機関でも利用できるフリーパスです。

交通費の総額も安くなるのでお得ですし、都度チケットを購入する手間も省けるので、電車で行く箱根旅行には欠かせません。

箱根フリーパスは2日券か3日券での販売です。ただし、日帰りでも今回のコースを回るだけで1,000円以上はお得になるので購入したほうがお得です。それに箱根フリーパスには、提携施設の料金もお得になる特典も付いています。

箱根登山バスで元箱根方面へ

箱根ロマンスカーにて箱根湯本駅へ到着。朝食がまだでしたらここで済ませましょう。その後、箱根登山バスにて元箱根へ移動します。運賃はもちろん箱根フリーパスで。

48
箱根登山バス(元箱根方面行き)乗り場です。「2番」の乗り場で待っていればokです。H路線を通るバスですので、最新の時刻表はコチラでご確認ください。

箱根神社(九頭龍神社)参拝

箱根湯本駅から箱根登山バスに乗車すると、約35分で元箱根に到着します。

元箱根で箱根登山バスを下車したら、そのまま最初の観光スポット「箱根神社」へ歩いて向かいます。箱根神社にはバス停から10分程度歩けば着きます。

IMG_1194

箱根神社は、古来、関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、交通安全・心願成就・開運厄除に御神徳の高い運開きの神様として信仰されています。

IMG_1197
画像は元旦に行った時のものです。さすがに混雑していました。

箱根海賊船から眺める芦ノ湖と富士山

IMG_1201
箱根神社での参拝後は、芦ノ湖畔沿いを歩きながら「元箱根港」へ向かいましょう。箱根神社から10分程度歩けば到着します。

芦ノ湖畔沿いは、天気の良い日は歩いているだけで気持ちいいですよ。


元箱根港では箱根フリーパスを使い「箱根海賊船」へ乗船します。箱根海賊船は海賊船を意識した造りになっています。

海賊船は1時間ちょっとかけて芦ノ湖を1周回れるように運行されていて、港は計3ヶ所あります。今回は約30分かけて元箱根港から桃源台港へ向かいます。


乗船中は芦ノ湖や天候次第では富士山を眺めることも可能です。暖かい時期なら風を浴びるのも気持ちいい。

桃源台港から箱根ロープウェイで大涌谷へ

桃源台港に到着したら、箱根フリーパスを使い「箱根ロープウェイ」に乗ります。箱根ロープウェイは4駅ありまして、桃源台港から反対側の早雲山駅までは25分程度(+乗り換え時間)で行くことができます。

箱根ロープウェイの見どころは、地上から最大100m以上にもなる高さからの景色。富士山、大涌谷、芦ノ湖などの景色を楽しみます

途中駅の大涌谷は、景色がいいことはもちろん、漂う硫黄臭や白い噴煙、そして名物「黒たまご」などを楽しむことができ、箱根観光には欠かせない場所です。

大涌谷周辺の立ち入り規制、箱根ロープウェイ全線の運行再開について

2016年1月現在、大涌谷周辺は立ち入り規制が出ています。その影響で箱根ロープウェイについては、桃源台駅〜姥子駅間のみ乗ることができます。姥子駅からは、臨時バスにて早雲山駅へ移動することになります。

2016年7月26日、箱根ロープウェイ全線の運行が再開し、大涌谷園地の一部へ立ち入り可能になりました。9時〜17時までの間と制限はありますのでご注意ください。

なお最新の情報はコチラからご確認ください。

早雲山駅からは箱根登山ケーブルカーで箱根強羅公園へ

箱根ロープウェイの早雲山駅まで到着したら、ここからは箱根登山ケーブルカーに乗り換え強羅方面へ下山していきます。もちろん箱根フリーパスを利用します。

箱根登山ケーブルカーの途中駅の「公園上」にて下車すると、箱根強羅公園という観光スポットがあります。箱根強羅公園は箱根フリーパスを見せれば無料で入園できますので忘れないように!

img_1241

開園して100年経過している箱根強羅公園では、シンボルである噴水やヒマラヤ杉を中心に、ローズガーデン、熱帯植物館、ハーブ館、ブーゲンビレア館、とんぼ玉工作堂、箱根クラフトハウス(吹きガラス、ドライフラワーアレンジメント等の体験)、陶びら(陶芸体験)があります。桜や紅葉を楽しむことも。

強羅温泉

箱根登山ケーブルカーと箱根登山鉄道を結ぶ「強羅駅」は、箱根十七湯の一つである「強羅温泉」があります。箱根湯本駅まで下山してから温泉に入るのも良いですが、この辺りで日帰り温泉可能な施設で温泉と食事を楽しむのも良いと思います。

強羅温泉の特長

強羅温泉は大涌谷からの引き湯した乳白色の温泉(酸性-硫酸塩泉)早雲山から引き湯した温泉(単純硫黄泉)を中心に、単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉など多種多様の温泉を同一地域内で堪能することの出来る箱根でも有数の温泉場です。

強羅温泉にはホテル・旅館がたくさんありますので、箱根旅行で宿泊する際にも利用しやすいエリアだと思います。箱根強羅環境協会のホームページに掲載されている強羅温泉マップも参考になります。

桐谷箱根荘

kiritani-hakoneso1
via 桐谷 箱根荘

強羅の公園上駅から徒歩5分の場所にある「桐谷箱根荘」は、「美人の湯」としても知られる掛け流しのにごり湯を日帰りで利用できるのでおすすめですよ。

その他、強羅温泉のホテル・旅館はコチラへ。

箱根登山ケーブルカーで強羅駅まで下山したら、今度は箱根登山鉄道に乗り換え箱根湯本駅まで下山していきます。ここでも箱根フリーパスを使います。

彫刻の森美術館

箱根登山鉄道で強羅駅を出発して1駅目の彫刻の森駅は、「彫刻の森美術館」があります。

chokokunomori2016-11-27-15-42-52
via 彫刻の森美術館

彫刻の森美術館には、箱根フリーパスを見せると割引料金で入ることができます

国内初の野外美術館ということで、屋外のあちこちに作品が展示されています。また屋内展示場としてピカソ館や本館ギャラリーなどもあります。

他にも屋外には足湯もありますので、旅の疲れも少し癒やすことができるでしょう。

彫刻の森美術館の近くには、餃子センターもありますので、お腹が減っていたら立ち寄ってみてください。

再び箱根登山鉄道で箱根湯本方面へ下山していきます。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280