観光の合間に一息!箱根湯本駅近のお洒落カフェ「ティムニー (Timuny.)」

カフェ ティムニー 店内

箱根湯本駅から徒歩3分、路地裏の早川沿いにひっそりと佇むカフェがティムニー (Timuny.)です。

2階建ての民家を改装してできた店内はお洒落で雰囲気が良く、路地裏にあるためか駅近なのに静かな店内はとても落ち着きます。

スポンサーリンク

カフェ ティムニー (Timuny.)

国内でも有数の観光地である箱根。その中でも中心的な箱根湯本駅の周辺街はいつも観光客で賑わっています。

僕が訪れたのは箱根駅伝初日のお昼頃でした。そのため箱根湯本駅周辺は、地元の方を含めさらに賑わっている時だったと思います。

予定していた電車まで少しだけ時間が空いていたため、周辺に良さそうなカフェはないかと探し辿り着いたのが、ここ「ティムニー (Timuny.)」でした。

カフェ ティムニー

箱根湯本駅から徒歩3分

ティムニーはとにかく駅から近く、歩いてすぐ。

近くまで行かないと気づかない場所にお洒落なカフェが隠れています。駅近の立地ですが、路地裏の早川沿いにあるため周囲はとても静かです。

1_020150331175526_cebve
via 箱根湯本観光協会

こだわりのコーヒー

店内に入ると目の前にはカウンター。まずは商品の注文を。

カフェ ティムニー メニュー

水出しコーヒーや、常時4種類の豆を用意しているドリップコーヒーがオススメです。

スペシャルティコーヒー豆を使用し、約5時間かけてじっくりと抽出する水出しコーヒーと、常時4種類から豆を選んで頂き1杯1杯ハンドドリップで抽出するネルドリップをおすすめしております。

カフェ ティムニー メニュー

メニューにはトーストなどの軽食もありましたが、食事を済ませた後だったため、コーヒーとベイクドチーズケーキを注文。会計を済ませ2階の席へ移動し商品を待ちます。

カフェ ティムニー 店内

店内にある螺旋階段で2階へ。

カフェ ティムニーのコーヒーとケーキ

この日僕が注文したコーヒー(猿田彦珈琲)とベイクドチーズケーキ。美味しかったです。

スポンサーリンク

店内の様子

席はカウンター席を中心とした1階と、ソファ席や喫煙席もある2階の二フロアあります。席数は合計で32席あるみたいです。僕は2階のカウンター席が空いたところだったのでそちらを利用。

カフェ ティムニー 店内

2階カウンター席。広さは十分にあります。

カフェ ティムニー 店内

2階ソファ席。広めのソファでくつろげます。

カフェ ティムニー 店内

2階の奥には喫煙席。喫煙席は禁煙席と扉で仕切られています。

カフェ ティムニー 店内

また喫煙席側の窓からは、箱根湯本の早川が目の前に見えます。

カフェ ティムニー利用者によって書き溜められた思い出ノート

僕が座った席にちょうど置かれていたので気がついたのですが、これまでにティムニーを利用してきた方々によって書き溜められた「思い出ノート」が数冊置かれていました。

カフェ ティムニー 思い出ノート

ノートには1ページ1ページ、箱根旅行の思い出が書かれているようでした。

無料WiFiと電源コンセントもあります

カフェ ティムニーには、あると嬉しい無料WiFiと電源コンセントのどちらもあります

カフェ ティムニー 電源コンセント

電源は2階カウンター席下と他に1,2箇所あったと思います。この日は特に利用しませんでしたが、旅先で電池切れは避けたいので、あると助かりますよね。

まとめ

カフェ ティムニー 夕方

「ティムニー (Timuny.)」は駅からとても近い場所にあるため、電車の待ち時間等ちょっと時間が空いてしまったときに利用しやすく便利です。

こだわりのコーヒーやデザートもおいしく大変満足。

箱根湯本駅周辺には他にもチェーン展開しているカフェなどがあります。でもせっかくの箱根旅行ですから、ここにしかないカフェに行ってみてはいかがでしょうか。

2階建ての民家を改装してできたカフェ ティムニーの店内はお洒落で雰囲気がいいですし、路地裏で静かな店内は観光合間の休憩にも最適なカフェですよ。

カフェ ティムニー店舗情報

箱根旅行でしたらあわせて読みたい
箱根の温泉旅館を探す
電車で行く箱根日帰り旅行!ゴールデンコース逆回りで観光スポットを巡る。
1泊2日の箱根旅行!金曜日の夜から行くおすすめ観光プラン。
スポンサーリンク
カフェ ティムニー 店内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。