熱海を観光するなら湯~遊~バス1日乗車券(フリーパス)がおすすめ!買い方・使い方・バス乗り場などをご紹介

熱海市内名所めぐり「湯~遊~バス」

この記事のURLをコピーする

相模湾に面し、残りの3面を山々に囲まれている熱海(あたみ)の道路は坂道ばかり。熱海市内を歩いて観光していると、急な坂の上り下りにヘトヘトになってしまう方も多くいらっしゃると思います。

そんな熱海市内の観光に便利なのが「湯~遊~バス(ゆうゆうバス)」。

湯~遊~バスとは、伊豆東海バスが運行している熱海市の名所・旧跡を巡回する路線バスのこと。気になったバス停で途中下車・乗車をしながら市内をぐるっと散策できるので、熱海を快適に観光できます。また湯~遊~バスを利用するならお得な1日乗車券(フリーパス)も欠かせません。

当記事では、そんな湯~遊~バスと1日乗車券について、買い方・使い方・乗り場などを詳しくご紹介します。

熱海の観光スポットやお役立ち情報でしたらこちらの記事もお読みください
【熱海特集】おすすめ観光スポット・グルメ情報・お役立ち情報まとめ
スポンサーリンク

湯~遊~バス運行ルート(バス乗り場)とフリーパスで乗れる区間

熱海駅前の商店街や熱海サンビーチ(海)に行くだけなら必要ありませんが、熱海市内の観光スポットを1日観光するなら1日券を購入してお得に移動しましょう。

熱海の「湯~遊~バス」の運行マップ

湯~遊~バス循環ルート(バス停名)

熱海駅
熱海駅を出て左に進み、0番バス乗り場から乗車できます
春日町
大学病院前
お宮の松
尾崎紅葉の新聞小説「金色夜叉」で主人公の間寛一とお宮の熱海海岸での別れの場面の舞台になったといわれています。それにちなんで名付けられたの「お宮の松」が海岸近くにあります。
サンビーチ
熱海サンビーチ周辺を散策したり海水浴するならこのバス停。ヤシの木の並木通りや夜間のライトアップが特徴的。
銀座
熱海プリンカフェ2ndがある熱海銀座商店街はこのバス停で降りて徒歩数分。
親水公園
マリンスパあたみ
「マリンスパあたみ」や「アタミロープウェイ」に行くならこのバス停。
錦ヶ浦入口
熱海城
海抜160mの高さから熱海市街を一望できます。
アカオハーブ&ローズガーデン
アカオハーブ&ローズガーデンやその敷地内にある絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」に行くならこのバス停へ。
染殿橋
起雲閣西口
熱海市指定有形文化財である起雲閣に行くならこのバス停。
水口
大湯間歇泉
かつて熱海温泉の中心的な源泉だった大湯間歇泉(おおゆかんけつせん)や湯前神社(ゆぜんじんじゃ)はこのバス停の近くです。
咲見町
熱海駅
湯~遊~バスの終着点。1日乗車券(フリーパス)を持っていればそのまま次のバス停へ乗車できますが、1回ごとの乗車券だとここで1度下車しなければいけません。

また上記のほか、1日乗車券(フリーパス)は以下の路線でも指定区間で乗車できます。

  • 熱海駅バス停4番乗り場発 七尾原行き・伊豆山循環 
  • 熱海駅バス停5番乗り場発 伊豆山・湯河原駅行き
  • 熱海駅バス停8番乗り場発 MOA美術館行き

詳細は、伊豆東海バスの「湯~遊~バス」運行ルートをご確認ください。

また湯~遊~バスはただの循環バスではなく、地元のボランティアガイドさんが乗車します。移動中に各バス停周辺にある観光スポットの見どころや歴史をお話してくれます。
※ただし平日の13便と土日祝日の1便・4便・8便・11便・14便・18便には乗車していません

スポンサーリンク

湯~遊~バスの料金

東海バスが運行する熱海市の名所・旧跡を巡回する「湯~遊~バス」のフリーきっぷ(1日券)

湯~遊~バス 料金表
大人(中学生以上)小人(小学生以下)幼児(1歳〜6歳)
1回の乗車料金250円130円無料
1日乗車券(フリーパス)700円350円

幼児は大人1人につき2人まで無料です。

熱海駅から特定のバス停まで1往復するだけなら1回ごとに料金を支払った安く住みますが、3回以上乗るなら1日乗車券(フリーパス)のほうがお得。

また1日乗車券には湯~遊~バスが乗り放題になるだけでなく、提携施設が安くなるという特典もあるので乗車料金の差以上にお得になります。

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス)の買い方

購入方法の種類

湯~遊~バスの1日乗車券は以下の場所で購入できます。

  • 湯~遊~バスの車内
  • 伊豆東海バス熱海駅前案内所
  • 熱海温泉ホテル旅館協同組合
  • 熱海後楽園ホテルフロント
  • セブンチケット

湯~遊~バス車内は混雑していると買いにくいケースがあるので、フリーパスを購入するなら熱海駅に近い「伊豆東海バス熱海駅前案内所」か「セブンチケット」がおすすめです。

購入場所「伊豆東海バス熱海駅前案内所」をご案内

伊豆東海バス熱海駅前案内所は、熱海駅前のATAMIX(アタミックス)1階にあります

伊豆東海バス熱海駅前案内所は、熱海駅前のATAMIX(アタミックス)1階にあります。(「ATAMIX」や「第一ビル」と書かれた駅前の大きな建物)

アタミックス1階にある東海バスの熱海駅前案内所

駅側からビルに向かって左に歩くとすぐに伊豆東海バス熱海駅前案内所が見えてきます。中に入り、「湯~遊~バスの1日乗車券(またはフリーきっぷ)を買いたい」と伝えれば簡単に購入できます。

営業時間は9:00〜18:00、水曜日は定休日のためご注意ください。

そうそう、ATAMIXといえばコインロッカーよりも便利な「熱海手荷物預かり所」も同じビルの1階にあります。荷物1個あたり300円で1日預けることができるので身軽になって熱海旅行を楽しみましょう。

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス)の使い方

伊豆東海バスが運行する熱海市の名所・旧跡を巡回する「湯~遊~バス」のフリーきっぷ(1日券)

湯~遊~バスの1日乗車券を手にしたらあとはバスに乗るだけ。熱海駅ではバス停0番乗り場から乗車できます。

アカオハーブ&ローズガーデンのバス停(伊豆東海バス)

湯~遊~バスの各乗り場は赤色のバス停が目印です。乗車時に運転手さんに1日乗車券を見せてバスに乗りましょう。

バスは平日は大体30分に1本、土日祝日は15分〜30分に1本運行しています。詳しい時刻表は伊豆東海バスの「湯~遊~バス」時刻表をご確認ください。

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス)の提携施設をお得に観光

湯~遊~バスの1日乗車券を提携施設で提示すると割引料金で観光することができます。

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス) 提携施設
施設名割引金額近くのバス停
熱海遊覧船サンレモ乗船料 大人100円引/小人50円引親水公園
マリンスパあたみ入館料 大人200円引/小・中学生100円引マリンスパあたみ
PICA初島往復乗船券・R-Asia入園券セット 大人100円引/小人50円引マリンスパあたみ
アタミロープウェイロープウェイ片道券 100円引マリンスパあたみ
熱海城入館料 大人100円引/小・中学生50円引熱海城
熱海トリックアート迷宮館入館料 大人100円引/小・中学生50円引熱海城
熱海秘宝館入館料 700円引熱海城
アカオハーブ&ローズガーデン入園料 大人200円/小学生100円引アカオハーブ&ローズガーデン
起雲閣入館料 大人100円引/中・高校生100円引起雲閣西口
熱海芸妓見番「華の舞」入館料 大人100円引起雲閣西口
MOA美術館入館料 大人200円引/大学生・高校生200円引MOA美術館行き MOA美術館
池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家入館料 大人100円引/中・高校生100円引七尾原方面行き・MOA美術館行き 伊豆山循環桃山
伊豆山郷土資料館入館料 大人50円引/中・高校生30円引七尾原方面行き・伊豆山循環 伊豆山神社前

※最新の情報は、こちらでご確認ください。

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス)の注意点

連休中など混雑する時期は道路渋滞で遅れることや乗れないもある

人気の観光地として返り咲きつつある熱海では、連休中などの混雑時期は市内の道路が混雑していることがあります。

湯~遊~バスも同じ主要道路を走行するためバスが時刻通り運行できないことや、タイミングが悪ければ混雑して1度に乗車しきれないこともあるかもしれません。

旅行中は時間に多少余裕を持って行動したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

湯~遊~バス 1日乗車券(フリーパス)のまとめ

当記事では、熱海観光に欠かせない、伊豆東海バスの湯~遊~バスと1日乗車券(フリーパス)について買い方・使い方・乗り場などをご紹介しました。

循環バスが乗り放題になるだけでなく提携施設もお得に利用できるので、熱海観光では積極的に利用しましょう。

丘陵地形の熱海では、近距離だと思って油断してると、急な坂道で予想以上に移動疲れしてしまうこともあります。体力に自信のある方は徒歩のみでもいいですが、快適に観光するには適宜バスやタクシーを活用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください