奇抜でオシャレ、でも落ち着く。熱海の絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」へ。

COEDA HOUSE(コエダハウス)

この記事のURLをコピーする

「熱海に行ったらオシャレなカフェにも寄りたいな。オーシャンビューの絶景スポットにも立ち寄りたい。」

熱海旅行を目前にそんなことを考えていたところ、「COEDA HOUSE(コエダハウス)」という絶景カフェがあることを知りました。

実際に訪れてみたところ、奇抜でオシャレなんだけど、とても落ち着くカフェ店内。そして相模湾を一望できる絶好のロケーションを堪能することができる素晴らしいカフェでした。

今回はそんなコエダハウスまで、熱海駅から電車と路線バスを乗り継いで訪れた際の様子やアクセス情報をお届けします。

コエダハウスまでのアクセスは湯~遊~バスとフリーパスがおすすめです
熱海を観光するなら湯~遊~バスとフリーパスがおすすめ!買い方・使い方・バス乗り場などをご紹介
熱海のおすすめ観光スポットやグルメ情報はこちらの記事をお読みください
【熱海特集】おすすめ観光スポット・グルメ情報・お役立ち情報まとめ
スポンサーリンク

ガラス張りの外壁や木組の大きな柱が特徴のお洒落なカフェ

COEDA HOUSE(コエダハウス)は、四季を通じて花々を楽しめる熱海でも有数の観光スポット「アカオハーブ&ローズガーデン」敷地内にあります。

熱海駅からバスでコエダハウスへ

アカオハーブ&ローズガーデンのバス停(伊豆東海バス)

駅からは少し離れた高台に位置しているので、熱海駅からはバスで移動します。

コエダハウスまでの移動は、伊豆東海バスの「湯~遊~バス」という熱海市内の観光スポットを周遊するバスを利用するのがオススメ。1日乗車券(フリーパス)を購入しておけば往復のバス運賃はもちろん途中下車を含めて何度も乗り降り自由なお得なきっぷです。

アカオハーブ&ローズガーデン入園口

アカオハーブ&ローズガーデンの敷地内ですのでカフェにしか用事がなくても入園料金がかかります。入園料金は季節によって異なりますので、下記の料金表をご参照ください。

なお、湯~遊~バスの1日乗車券(フリーパス)を購入すると、アカオハーブ&ローズガーデンの入園料金が割引料金になるので忘れずに提示しましょう。

高台の上に建つ、全面ガラス張りでオシャレなカフェ

コエダハウスは敷地内でも高台の頂上付近に位置します。園内はとても広く坂道ですので、歩くとなかなかの距離。そのため入園手続きを済ませたら、園内専用の無料シャトルバスに乗車して一気に頂上まで移動しましょう!

COEDA HOUSE(コエダハウス)外観

シャトルバスを降り坂道を少し下り始めると、右前方に全面ガラス張りの洒落た建物が見えてきます。

COEDA HOUSE(コエダハウス)は全面ガラス張り

こちらが熱海の絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」。外壁全体がガラス張りのため、向こう側にある相模湾までカフェを通してよく見えます。

COEDA HOUSE(コエダハウス)の営業時間

コエダハウスの営業時間は9:30〜16:00、一方でアカオハーブ&ローズガーデンは9:00~17:00(入園は16:00まで)。敷地内にあるとはいえ、コエダハウスの営業時間のほうが若干短いので、実際に訪れる際はご注意ください!

COEDA HOUSE(コエダハウス)の店内中央には木組の大きな柱

コエダハウス店内に入るとまず目に留まるのが、建物を中心で支えている木組された大きな柱。カフェの外から見ても存在感がありますが、入店するとより一層の存在感を放っています。

新しいカフェは日本を代表する建築家 隈研吾氏が手掛け、建物の中心で大きな印象を残す柱は樹齢800年を超えるアラスカヒノキを使用し、49層1500本を積み上げることにより大きな一本の幹を連想させる独特のデザインです。

COEDA HOUSE(コエダハウス)はテーブルトップも全てガラス

コエダハウスでガラス張りなのは、外壁だけでなくテーブルトップまで。とても開放感ある店内です。

COEDA HOUSE(コエダハウス)はどこを見ても自然景観

柱やイスは木材、そして他は全て鏡面仕上げされていますので、店内のどこを見ても自然景観なんです。

空調こそ効いていますが、人工物を視界から排除するよう徹底された空間にいると、まるでテラス席(屋外)にいるかのような錯覚にすら覚えます。

コエダハウスのメニュー表

せっかくなので、コエダハウスで何か食べていこうと思います。注文はレジカウンターにて前払い制。

ドリンクメニューは珈琲の他、ローズジュースやハーブティーなどアカオハーブ&ローズガーデンらしいドリンクも。フードメニューには、熱海タルトフロマージュやコエダクーヘン(バウムクーヘン)といったオリジナルの軽食やスイーツを販売しています。

コエダハウスの珈琲・コエダクーヘン・熱海タルトフロマージュ(限定品のショコラミント)

珈琲、コエダクーヘン、熱海タルトフロマージュ(限定品のショコラミント)を注文してみました。

コエダハウスで熱海の絶景を眺めがら一息つく

熱海の絶景を眺めながら、まったりと軽食を楽しむひとときは最高です。

スポンサーリンク

海抜150メートルの高台に位置するカフェ。眼下に広がるのは相模湾。

コエダハウスの特徴は建物だけじゃありません。海抜150メートルの高台という立地から、眼下に相模湾を見下ろすことができるんです。

COEDA HOUSE(コエダハウス)はテーブルトップも全てガラス

ガラス張りの外壁を生かし、海を眺めながら店内でゆっくり過ごすことはもちろん。

コエダハウスのウッドデッキで珈琲を頂く

外に出て、テラス席やウッドデッキで海風を浴びながら過ごすのも気持ちいい。

アカオハーブ&ローズガーデンの空飛ぶブランコ

すぐ近くには、海に向かってこぐ「空飛ぶブランコ」もあります。子供から大人までブランコに乗ったり写真を撮りあったりと、皆楽しそうに過ごしています。

コエダハウスはトイレも木組でお洒落

そういえばコエダハウスに隣接するトイレもお洒落でした。近づくまでなんの建物かわかりませんでしたが、カフェに隣接するトイレの外観までデザインのこだわりは徹底されています。

スポンサーリンク

奇抜でお洒落、でも落ち着く。コエダハウスは素敵な空間です。

COEDA HOUSE(コエダハウス)

小一時間ほど過ごしましたが、コエダハウスは、外観のお洒落さからは想像できないぐらいに落ち着いて過ごすことができました。

ガラス張りの外観や木組の大きな柱、相模湾を一望できるロケーションなどが注目されがちですが、それらは全てこの空間を演出するためのモノだったわけです。

COEDA HOUSE(コエダハウス)はどこを見ても自然景観

奇抜でお洒落、でも落ち着く。コエダハウスは素敵な空間です。熱海旅行の際、お時間があれば是非立ち寄ってみてください!

コエダハウス店舗アクセス情報

COEDA HOUSE コエダハウス
店舗名COEDA HOUSE コエダハウス
営業時間9:30〜16:00
※アカオハーブ&ローズガーデンの営業時間は9:00~17:00
定休日12月・1月の毎週火曜日
アカオハーブ&ローズガーデン入園料金大人 1,000円(5/15~6/10は1,300円)
小人 500円(5/15~6/10は600円)
住所〒413-0101 静岡県熱海市上多賀1027-8
交通アクセス熱海駅より伊豆東海バス0番乗り場で「湯~遊~バス」に乗車して約23分、バス停「アカオハーブ&ローズガーデン」下車
園内からは無料シャトルバスに乗車
駐車場100台有り(無料)

伊豆東海バスの「湯~遊~バス」についてはこちらの記事で詳細をご確認ください。
熱海を観光するなら湯~遊~バスとフリーパスがおすすめ!買い方・使い方・バス乗り場などをご紹介

今回ご紹介したコエダハウス以外にも、熱海にはたくさんの魅力があります。首都圏からのアクセスの良さ、温泉、グルメ、絶景スポットなど、おすすめポイントは盛り沢山!

1泊2日で十分に楽しめますので、気になる温泉宿を予約して是非訪れてみてください。
熱海の温泉旅館・ホテルを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください