ふるさと納税サイトって何が違うの?初心者におすすめのサイト4選【比較表あり】

初心者におすすめ!ふるさと納税サイト【比較表あり】

この記事のURLをコピーする

生まれ育った故郷に。応援したい自治体に。人それぞれ様々な理由から、自ら選んで寄附(納税)できる「ふるさと納税」制度。

納税した際には地方自治体からの返礼品や、所得税・住民税の控除もありお得な制度でもありますが、全国の地方自治体の中から自分自身で納税先・金額・返礼品を決めるので、なかなか大変な作業です。

またその手続に用いられる「ふるさと納税サイト」も、最近は数多くありますので、初めてのふるさと納税ではどのサイトを使ったらいいのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで当記事では、ふるさと納税初心者の方向けに、おすすめのふるさと納税サイトを比較しながらご紹介します。まずはここで紹介するサイトをチェックして、気になった自治体・返礼品でお申し込みしてみてください。

ふるさと納税の仕組みやよくある疑問についてはこちらの記事で解説しています。
ふるさと納税とは?初心者向けにやさしく解説します。
スポンサーリンク

おすすめのふるさと納税サイト4選

まず初めに結論からお伝えすると、初心者の方におすすめする「ふるさと納税サイト」は以下の4サイトです。

サイトごとに特長はありますが、いずれも掲載件数の多い大手ふるさと納税ポータルサイトです。使い勝手も良くおすすめです。

申し込み可能な自治体・返礼品は異なりますので、以下のおすすめポイントを参考にしながらチェックしてみてください。

スポンサーリンク

各ふるさと納税サイトのおすすめポイント

ここからはおすすめのふるさと納税サイトそれぞれの特徴をご紹介します。

さとふるのおすすめポイント

ふるさと納税サイト「さとふる」トップページ

テレビCMでお馴染みのふるさと納税サイト「さとふる」。ふるさと納税に関するインターネットアンケート調査では、4年連続で認知度・利用意向No1に選ばれています。

そんな「さとふる」のおすすめポイントは以下のとおり

  • 返礼品ごとのレビューが充実していて参考になる
  • 発送まで行っているので返礼品の到着が他サイトよりも比較的早い
  • クレジットカード決済やコンビニ支払いの他、携帯料金(ドコモ、au、ソフトバンク)とまとめての支払いが可能

サイト全体も使いやすく、PC・スマホどちらからでも簡単にお申し込み可能。初めてのふるさと納税でしたらまずはチェックしてほしいふるさと納税サイトです。
ふるさと納税サイト「さとふる」へ

スマホからの使い方・お申し込み方法については以下の記事でご紹介しています。
ふるさと納税サイト「さとふる」の使い方・スマホからの申し込み方法

楽天ふるさと納税のおすすめポイント

ふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」トップページ

楽天市場や楽天カードでお馴染みの楽天が運営する「楽天ふるさと納税」。

そんな「楽天ふるさと納税」のおすすめポイントは以下のとおり

  • 楽天市場の仕組みがベースになっているので楽天ユーザーは使いやすい
  • 楽天スーパーポイントをふるさと納税の支払いに使ったり、寄附金額でポイントを貯めることができる
  • 返礼品ごとのレビューが参考になる

楽天ふるさと納税はなんといっても、ふるさと納税額の支払いに楽天スーパーポイントを使ったり、貯めたりできるのが1番の特徴。サイトも楽天市場がベースになっているので、日頃から楽天市場で買い物しているなら慣れた画面で使いやすいと思います。
ふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」へ

スマホからの使い方・お申し込み方法については以下の記事でご紹介しています。
楽天ふるさと納税の使い方・スマホからの申し込み方法

ふるなびのおすすめポイント

ふるさと納税サイト「ふるなび」トップページ

当記事でご紹介するふるさと納税サイトの中では掲載件数が少ないかわりに返礼品や特典に特徴があるのが「ふるなび」です。

寄附金額に対してAmazonギフト券が貰えたり、家電やパソコンなど電化製品の返礼品も比較的多く掲載されています。

そんな「ふるなび」のおすすめポイントは以下のとおり

  • クレジットカード決済で寄附金額に対し1%のAmazonギフト券がもらえる
  • 特定の自治体では返礼品ではなく「ふるなびトラベルポイント」が付与され、ポイントを利用して旅行に行くこともできる
  • 特定の自治体では返礼品ではなく「ふるなびグルメポイント」が付与され、ポイントを利用してレストランで食事することもできる

通常の税額控除や返礼品だけでもお得なふるさと納税でAmazonギフト券までもらえるのでダブルでお得。日頃Amazonで買い物をしているならまず最初にチェックしてみてはいかがでしょうか。
ふるさと納税サイト「ふるなび」へ

ふるさとチョイスのおすすめポイント

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」トップページ

当記事でご紹介するふるさと納税サイトの中で最も多くの自治体・返礼品を掲載しているのが「ふるさとチョイス」です。

自サイトからお申し込みできる契約自治体以外の自治体まで網羅しているので情報量は圧倒的。ただし前述の「ふるなび」と異なり家電製品は掲載されていません。

そんな「ふるさとチョイス」のおすすめポイントは以下のとおり

  • 申し込み可能な自治体数はどのサイトよりも多い
  • ふるさとチョイス経由で申し込みできるかどうかに限らず、多くの自治体の情報を掲載しているので、情報量が圧倒的に多い
  • クレジットカード決済やコンビニ支払いの他、携帯料金(ドコモ、au、ソフトバンク)とまとめての支払いが可能

とにかく多くの自治体・返礼品の中からじっくりと寄附(納税)先を選びたいという方におすすめです。
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」へ

スポンサーリンク

おすすめのふるさと納税サイト4選を比較

おすすめのふるさと納税サイトの特徴やメリット・デメリットを比較表にまとめてみました。

ふるさと納税サイト比較表
さとふる楽天ふるさと納税ふるなびふるさとチョイス
掲載内容全国の契約自治体全国の契約自治体全国の契約自治体全国の自治体

(未契約の自治体も掲載)
会員機能(マイページ)ありありありあり
クレジットカード決済可能可能可能可能 ※一部自治体可能
口コミ(レビュー)あり(充実)あり(充実)ありあり
一言メリット掲載件数が多くレビューも
充実していて使いやすい
楽天スーパーポイントを
使ったり貯めたりできる
Amazonギフト券が貰えたり
家電製品を比較的多く掲載
どこよりも掲載件数が多い
一言デメリット特になし楽天市場ユーザー以外だと
(慣れていないと)
サイトが若干見にくい
掲載件数が他より少なめサイトから申し込みできない自治体も
掲載しているのでわかりにくい
その他詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

※横にスクロールできます

ふるさと納税サイトの利用は一つにまとめなければいけないものではありませんので、サイトの特徴やその時に申し込みしたい自治体(返礼品)に合わせて使い分けていくことをおすすめします。

おすすめのふるさと納税サイトまとめ

初心者におすすめ!ふるさと納税サイト【比較表あり】

当記事では、ふるさと納税初心者の方へおすすめする「ふるさと納税サイト」を比較しながらご紹介しました。

数多くのふるさと納税サイトの中でも掲載件数多めのサイトをピックアップしており、過去に筆者も利用して問題なく手続き完了しているサイトです。

各ふるさと納税サイトのおすすめポイントを参考にしていただきながら、寄附(納税)先の自治体・返礼品を選んでみてください。

参考ページ

過去様々な自治体にふるさと納税している筆者のおすすめ返礼品をご紹介しています。

こんな時どうしたらいいの?という疑問にお答えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください