Satechi製USB-Cハブなら全部入り!お洒落なアルミボディはMacBook(Pro)におすすめ

Satechi製USB-Cハブ

Appleが12インチ型MacBookやMacBook Pro(Late2016)へ搭載したことで、「USB Type-C(以降USB-C)」という次世代規格コネクタが話題になりました。

その後は他メーカーからもUSB-C採用機器が増えており、いよいよ主流になっていくんだろうなと感じています。

でも今、このUSB-Cポート搭載機に不便を感じていませんか?

従来のUSB(Type-A)との接続に変換アダプターが必要で面倒だ」なんて思ったりしていませんか?

コネクタの主流が次世代規格へ移り変わりはじめた直後って、ユーザーはなにかと不便に感じるケースがあります。

しかし少なくとも、このUSB-Cに関していえば、Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」があれば解決してくれそうです。

USB、HDMI、LANポート、さらにSDカードスロットまで搭載したまさに「全部入り」のUSB-Cハブなので、USB-Cハブ検討中の方、MacBookやMacBook ProなどのUSB-C接続で不便に感じている方は必見です!

スポンサーリンク

MacBookやMacBook ProなどUSB-C搭載機器の悩み

IMG_5399

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」を紹介する前に、まずはUSB-Cについて簡単に説明します。

早くSatechi製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」について知りたい方はどうぞ読み飛ばしてください。

Satechi製USB-Cハブの特長へ

USB Type-C(USB-C)とは?

12インチ型MacBookやMacBook Pro(Late2016)での採用以降、USB-Cポートを搭載しているパソコンが増えています。

このUSB-Cとは、次世代規格の新しいUSBコネクタで、一般的に馴染みのあるUSBとは形状などが異なります。

従来のUSB(Type-A)との違いを簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 端子が薄くて小さい
  • 端子に表裏がない
  • データ転送速度が倍になった

もちろん今までのUSBと同様に給電(充電)することも可能です。

以前から所有しているUSB機器との接続に変換アダプターが必要

日に日に増えているUSB-Cポート搭載機器ですが、そんな機器を使用する上での悩みは、以前から所有しているUSB機器との接続に変換アダプターが必要であることです。

USB接続する機器といえば以下のようなものがありますね。

  • スマホやタブレット
  • デジカメ
  • USBメモリ
  • 外付けハードディスク
  • DVDドライブ

今まではこれら機器と当たり前のようにUSBケーブルで接続していましたが、12インチ型MacBookやMacBook Pro(Late2016)のようにUSB-Cポートを搭載した機器との接続には変換アダプターが必要です。

USB-Cは従来のUSBと互換性があるため、変換さえすれば接続・利用可能ですが、接続機器が多ければこれはとっても面倒ですよね。

かくいう僕も、MacBook Pro(Late2016)をメインマシンとして使用しています。USB接続する機器とはAppleのUSB-C – USBアダプタを使って繋いでます。

僕の場合、普段あまり多くの機器を接続しないのでこの状況も不便じゃありません。でもいつも、接続機器が多いと不便だろうなと感じていました。

USBもHDMIもSDカードもコレ1台!Satechi製USB-Cハブの特長

Satechi製USB-Cハブ

ここからがいよいよ本題です。

今回ご紹介するUSB-Cハブは、電子機器会社Satechi(サテチ)様からサンプル提供いただいたUSB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」です。

まずは製品の基本仕様から。

メーカー Satechi(サテチ)
メーカー型番 ST-TCMAS
重さ 91g
カラー シルバー、ゴールド、スペースグレイ
インターフェース USB Type-A×3、USB Type-C×1、HDMI×1、SDカードスロット×1、マイクロSDカードスロット×1、LAN×1
メーカー保証 18ヶ月
その他詳細 Amazon製品ページへ

USB-Cハブ、なんとUSBポートだけじゃなく、HDMIやLANポート、さらにSDカードスロットまで搭載しているまさに「全部入り」のハブなんです。

USB/HDMI/SDカード/LANと全部入りでコレ1台あれば十分!

Satechi製USB-Cハブ

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」は、とにかく接続端子の種類が豊富です。

  • USB-A×3
  • USB-C×1
  • HDMI×1
  • SDカード×1
  • マイクロSDカード×1
  • LAN×1

LANポートまで搭載しているのは珍しいですね。6種×8口ものポートがあれば、大抵の方は十分足りるのではないかと思います。

4K(30Hz)出力可能なHDMIでディスプレイへ接続すれば高画質を楽しむことができますし、出張先などLANケーブルを繋がないと行けない時も、コレさえあればバッチリです。

全部入りのUSB-Cハブなので、まさにコレ1台あればあらゆるシーンでの活躍が期待できます!

アルミボディはMacBookと相性抜群!

続いてデザイン面の特長ですが、Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」はMacBookやMacBook Proを思わせるアルミボディです。

Satechi製USB-Cハブ
MacBook Pro(Late2016)と接続すればこの通り。Macのカラーとマッチしていて相性抜群です!

「SATECHI」というロゴマークもシンプルで控えめで主張しないところも好印象。

シンプルでお洒落なアルミボディデザインなので、シーンを問わずに使うことができます。

コンパクトで軽く持ち運びしやすいサイズ感

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」のはiPhone6Sや7よりもひとまわり小さい大きさです。

LANケーブルを接続できることもあってその分厚みはありますが、持ち運びには不自由しない程度です。

また重さはとっても軽いです。公式データによれば91gです。4インチのiPhone SEが113gなので、とても軽いです。

ガジェットポーチにも余裕で収納できます。出張などにも持っていきやすいサイズ感は重宝します。

メーカー保証が18ヶ月!

最後にメーカーのサポート関して。

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」は、メーカー保証が18ヶ月もついています。

ありがたいですね。

Amazonにも記載がありますが、商品不良等は、メール(support@satechi.com)やAmazonの専用フォームから連絡すればご対応いただけるそうです。

気になったこと。注意すること。

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」を使ってみて、気になったことや注意したほうがいいこともありましたのでお伝えしておきます。

PCとの接続ケーブルの長さに注意

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ本体から延びているPCとの接続ケーブルは15cmぐらいです。(iPhone7よりちょっと長い程度)

Satechi製USB-Cハブ

そのためPCのUSB-Cポートがディスプレイ側に搭載されている場合には、長さが足りず接続しにくいかもしれません。

MacBookなどUSB-Cポートがキーボード側に搭載されているなら全然問題ありません!むしろこれ以上長くなると邪魔に感じるので、MacBook Proユーザーの僕にはちょうどいい長さです。

本体はわりとすぐに熱くなる

MacBook Pro(Late2016)と接続していると、わりとすぐに本体が熱くなります。

基本的にUSBハブは使っていれば熱はどうしてもあがるものですし、熱いといっても高温じゃないので僕は気にしていません。

ただ、USBポート1口のみの使用でもわりとすぐに熱くなるので、なかには「複数機器を繋いでも大丈夫なのか?」と心配になる方もいるかもしれません。

Apple製DVDドライブ「Apple USB SuperDrive」は使えません。

Satechi製USB-Cハブ

Apple製の外付けDVDドライブ「Apple USB SuperDrive」は、Satechi(サテチ)製品USB-Cハブ経由で接続しても以下のアラートが表示され使用できません。

SuperDrive
「USBアクセサリに電量が必要です。“Apple USB SuperDrive”をこのMACのUSBポートに接続してください。」

Apple USB SuperDriveを使う時だけはSatechi(サテチ)製品USB-Cハブではなく、USB-C – USBアダプタ経由で接続しましょう。

ちなみにこれは、Satechi(サテチ)製USB-Cハブの問題ではありません。Apple USB SuperDriveの製品仕様っぽいので、他のUSBハブでも同様です。

Apple USB SuperDrive および MacBook Air SuperDrive は、光学式ドライブが内蔵されていない Mac コンピュータ専用です。SuperDrive はコンピュータの USB ポートに直接接続します。USB ハブは使わないでください。

この通りAppleのサポートページなどにも記載がありますのであらかじめご注意ください。

Satechi(サテチ)製USB-Cハブ開封時の様子!

Satechi製USB-Cハブ
Satechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」梱包箱の中身はUSB-Cハブ本体だけ。取扱説明書すら入っていません。

Satechi USB-CハブB-Cハブ” width=”728″ height=”546″ class=”alignnone size-large wp-image-4363″ />
裏面はシールが貼られていますが簡単に剥がせます。剥がすと全面アルミボディのシンプルさ。

Satechi製USB-Cハブ
PCと接続するとロゴ付近にあるライトがほんのり青く点灯します。

Satechi製USB-Cハブ
左からマイクロSDカードスロット、SDカードスロットです。

Satechi製USB-Cハブ
こちらは左からLANポート、USB-Cポート。

Satechi製USB-Cハブ
側面最後は、左からHDMIポート、そしてUSB-Aポート3口が並んでいます。

ご覧の通り側面3面はなんらかのコネクタ接続端子が搭載されています。無駄なスペースが一切ありません。

実際に接続してみるとこんな感じです。

Satechi製USB-Cハブ
SDカード、マイクロSDカード両方とも差し込んでいます。マイクロSDカードはすっぽり入ってしまうので見えませんね。

IMG_5373
無線LANのない環境にいってもLANケーブルを繋げばネット接続可能です。

Satechi製USB-Cハブ
Satechi(サテチ)製USB-Cハブ経由でMacBook Pro(Late2016)付属の電源アダプターへ繋いでいます。ばっちり充電できてます。

IMG_5369
お気に入りのAnker製ライトニングUSBケーブルを使ってiPhoneと接続するとこのように。

Satechi製USB-Cハブ
コンパクトなので持ち運ぶ時もガジェットポーチにラクラク収納可能です。

まとめ。

Satechi製USB-Cハブ

ここで、もう一度Satechi(サテチ)製USB-Cハブの特長をまとめておきます。

Satechi(サテチ)製USB-Cハブをしばらく使っていますが、変換アダプターを付け替えたりなどの作業もなく色々な機器と接続できてとても快適です。

またとてもシンプルな商品なので、誰でも簡単に取り扱いできるでしょう。

小さなボディに6種8口のポートも搭載しているので、コレ1台買っておけば、もう外部機器との接続に困ることはなくなると思います。

Satechi(サテチ)製USB-Cハブはこんな方へおすすめ。

「USB接続にいちいち変換アダプターが必要で面倒に感じている」
「PCのUSB-Cポートが少なくて困っている」
「出張など外出先でPCを使うことが多く、LANケーブルやHDMIケーブルを繋ぐことがある」
「デジカメなどSDカードに保存されたデータを定期的にPCへ保存している」

ひとつでも該当するなら、全部入りで万能なSatechi(サテチ)製USB-Cハブ「TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」をおすすめします。是非お試しください。

とにかくコレ1台買っておけば間違いないという商品ですよ。

SatechiからMacBook Proと直接接続するタイプのUSB-Cハブが登場しました!ケーブルがない分よりシンプルで美しい製品です。

MacBook Pro用USB-Cハブに大本命現る!Satechi Type C Pro Hubが素晴らしい!

スポンサーリンク
Satechi製USB-Cハブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。