【失敗しない】MacBook Air/ProのおすすめUSB-Cハブ5選【比較】

MacBook (Air/Pro)におすすめのUSB-Cハブを比較

この記事のURLをコピーする

2016年モデルの12インチMacBookでUSB-Cポートが搭載されて以降、AppleはMacBook AirやMacBook ProすべてにUSB-Cポートを搭載しました。

USB-Cとは従来型のUSB-Aと比較して、
・データ転送速度が早い
・端子が薄くて小さい
・端子に表裏がない
などの特徴を持つ次世代規格で、パソコン・スマホ・周辺機器へと今後も普及していくことは間違いないと思います。

しかし、いくら優れた規格とはいっても、今お手元にある接続機器やケーブルには従来型のUSB-Aが多いのではないでしょうか。それにカメラからのデータ転送やモニターとの接続に、SDカードスロットやHDMIポートが必要な方も多くいらっしゃると思います。

そこで必要になるのが「USB-Cハブ」です

Satechi USB-Cハブ

USB-CポートしかないMacBook Air/Proも、ハブがあればUSB-Aなどの各端子へ変換できますし、接続ポート数を増やすことも可能。これからMacBook Air/Proを購入する方は同時に購入必須なアクセサリといっても過言ではありません。

しかしひと括りにUSB-CハブといってもAmazon楽天には多くのモデルが販売されており、とくに初めての場合どれを購入したらいいのか迷ってしまうもの。

そこで当記事では、MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブをご紹介します。実際に使用したモノの中から厳選していますので、どのUSB-Cハブを購入したらいいのかわからない方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

USB-Cハブの種類と選び方

おすすめのUSB-Cハブを紹介する前に、まずは市場に出回っているUSB-Cハブの種類を簡単に説明します。「そんなこと知っているよ」という方は、どうぞ「おすすめUSB-Cハブ欄」へ読み進めてください。

USB-Cハブには「USB-Cハブ本体にケーブルが付いていているタイプ」と「USB-CハブをMacに直挿しするタイプ」の2種類がある

  • USB-Cハブ本体にケーブルが付いていているタイプ(画像左)
  • USB-CハブをMacに直挿しするタイプ(画像右)

USB-Cハブの種類を大きく分けると上記2種類。Macに対してケーブルで接続するのか本体を直に接続するかの違いです。(当記事では以降、「ケーブルありタイプ」「直挿しタイプ」と表記します)

それぞれにメリットとデメリットがありますので簡単に理解しておきましょう。

ケーブルが付いているUSB-Cハブのメリット・デメリット

USB-Cハブ本体にケーブルが付いていているタイプのメリット・デメリット

Macに対してUSB-Cハブに付いているケーブルで接続するこのタイプのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • Macへ抜き差ししやすい
  • USB-CハブをMacに繋いだままでも接続機器の抜き差しがしやすい
  • USB-Cハブ本体が熱を帯びてもMacに伝わらない

デメリット

  • USB-Cハブの位置が固定されないのでハブに接続するケーブルがゴチャゴチャしがち

直挿しするUSB-Cハブのメリット・デメリット

USB-CハブをMacに直挿しするタイプのメリット・デメリット

続いてMacに直挿しするUSB-Cハブのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • USB-Cハブ本体が固定されケーブルもないのでPCまわりもスッキリ
  • Macに素材やカラーに合うモノを使うとスタイリッシュ

デメリット

  • Macへ抜き差ししにくい
  • USB-CハブをMacに繋いだまま接続機器の抜き差ししにくい
  • USB-Cハブへの接続機器に引っ張られたりするとハブがMacが抜けそうになる
  • USB-Cハブ本体が熱を帯びるとMacに直で伝わるので仕様上問題なくてもちょっと心配
  • Mac本体を覆うカバーを装着していると接続できないモデルがある

ケーブルありと直挿しどちらのUSB-Cハブを選んだほうがいいのか(選び方)

このようにUSB-Cハブといっても大きくわけて「ケーブルありタイプ」「直挿しタイプ」とあります。それぞれメリット・デメリットはあるのでどちらがおすすめとは一概には言えません。

ここではざっくりと、機能性重視なら「ケーブルありタイプ」を、見た目重視なら「直挿しタイプ」を優先してチェックしていただくといいでしょう。

また見た目が好みのUSB-Cハブでも、必要なポート数や種類を満たしていなければ購入しても意味がありません。以降よりご紹介するおすすめのUSB-Cハブをチェックする際は、どんなケーブル・機器を繋げる予定なのか考えながらチェックしてください。

スポンサーリンク

MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブ

それでは本題です。MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブをメーカー・モデル別に順にご紹介します。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブ

Satechi USB Type-Cハブ

Satechi USB-C アルミニウム Proハブは直挿しタイプの7ポート搭載USB-Cハブです。

アメリカ発のガジェットブランドSatechi(サテチ)製品の特徴はシンプルなアルミデザインがカッコよくApple製品との親和性がバッチリなところ。こちらのUSB-Cハブもシルバー・ゴールド・スペースグレイと3色展開のアルミ素材で、MacBook Air・MacBook Proにピッタリのデザインです。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブ
USB-A2ポート
(USB3.0×2)
USB-C2ポート
(Thunderbolt3×1、Thunderbolt3非対応のデータ転送用×1)
HDMI1ポート
(4k/30Hz対応)
LANなし
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート

Satechi USB Type-C Proハブ

Macの側面にピタッとハマるので見た目がスッキリしますし、コンパクトで持ち運びしやすいのにLAN以外の主要ポートを網羅。直挿しタイプのUSB-Cハブをお探しでしたらおすすめです。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブの詳細はこちらの記事でレビューしています。

Satechi LANポート付き USB-C Proハブ

Satechi LANポート付き USB-C Proハブ

Satechi LANポート付き USB-C Proハブは、前述のSatechi USB-C アルミニウム Pro ハブのLANポート搭載バージョン。直挿しタイプで6ポートを搭載するUSB-Cハブです。

シルバー・スペースグレイの2色を展開するアルミデザインですが、先端のLANポート周辺のみは黒の樹脂製。薄いハブ本体にLANポートを搭載すべく、指でパカっと持ち上げて開くとLANケーブルを接続できるようになっています。

Satechi LANポート付き USB-C Proハブ
USB-A2ポート
(USB3.0×2)
USB-C1ポート
(87W PD対応)
HDMI1ポート
(4k/30Hz対応)
LAN1ポート
(1000Mbps対応)
SDカードなし
MicroSDカード1ポート

Satechi LANポート付き USB-C ProハブとMacBook Pro

アルミで統一されていない分デザインの統一感は若干損なわれてしまいますが、その分有線LANやUSB-C Power Delivery(PD) 87Wに対応するなど機能性は向上。

直挿しタイプのデザインと機能のバランスが取れたUSB−Cハブとしておすすめします。

Satechi LANポート付き USB-C Proハブの詳細はこちらの記事でレビューしています。

Satechi USB-C マルチハブ V2

Satechi USB-C マルチハブ V2とMacBook Pro

Satechi USB-C マルチハブ V2は、ケーブルありタイプの8ポート搭載USB-Cハブ。USB・HDMI・SDカード・LANとまさに全部入りの多機能ハブです。

シルバー・ゴールド・スペースグレイの3色を展開するアルミ素材でMacBook Airのウェッジシェイプを思わせる丸みあるボディがとても美しい仕上がり。

Satechi USB-C マルチハブ V2
USB-A3ポート
(USB3.0x3)
USB-C1ポート
(USB-C充電用×1)
HDMI1ポート
(4K/30Hz対応×1)
LAN1ポート
(1000Mbps対応×1)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート

Satechi USB-CハブとMacBook Pro

様々なケーブルに対応する万能さと見た目にこだわるようでしたら、ケーブルありタイプならまずはこのUSB-Cハブがおすすめです。

Satechi USB-C マルチハブ V2の詳細はこちらの記事でレビューしています。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブはシンプルなアルミデザイン

品質の価格のバランスに定評のあるガジェットブランドAnker(アンカー)のAnker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブは、ケーブルありタイプの7ポート搭載USB-Cハブです。カラーはグレー1色。丸みのあるアルミデザインに白地でANKERと印字されているのが特徴的。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ
USB-A2ポート
(USB3.0x2)
USB-C2ポート
(PD 100W対応の充電用×1、データ転送用×1)
HDMI1ポート
(4K/30Hz対応×1)
LANなし
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート

Anker 7-in-1 プレミアム USB-CハブにMacBook AirとiPhoneXSを接続

LAN端子を除く主要ポートを網羅、PD 100W対応によるMacBook Air/Proの高出力充電など高機能。ケーブルの抜き差しがしやすかったり使用中に本体が熱くならないなど細かなところまで品質の良さを感じます。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブの詳細はこちらの記事でレビューしています。

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

Apple純正品のApple USB-C Digital AV Multiportアダプタは、USB-C・USB-A・HDMIポートを搭載する変換アダプタです。本体カラーは白のみ。

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ
USB-A1ポート
(USB3.0)
USB-C1ポート
(USB-C充電用)
HDMI1ポート
・4K/60Hz対応(モデルA2119)
・4K/30Hz対応(モデルA1621)
LANなし
SDカードなし
MicroSDカードなし

搭載ポート数のわりに価格は高めですが、なんといってもApple純正品だからこその安心感がありますよね。当記事で紹介している他のUSB-Cハブと比較すると接続可能なポート数や種類は限られますが、それで十分という方にはおすすめです。

なおHDMIに関する仕様は接続機器にもよりますのでApple公式サイトをご確認ください。

おすすめのUSB-Cハブ比較表

MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブを比較

ここまで、MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブをご紹介してきましたが、比較しやすいように形状やポート数など基本的な部分だけを表にまとめておきます。

おすすめUSB-Cハブ 比較表
カラー形状USB-AUSB-CHDMILANSDカードmicroSDカード
Satechi
USB-C アルミニウム Proハブ
シルバー・ゴールド・スペースグレイ直挿し2ポート2ポート
(Thunderbolt3×1、データ転送用×1)
1ポート
(4k/30Hz対応×1)
なし1ポート1ポート
Satechi
LANポート付き USB-C Proハブ
シルバー・スペースグレイ直挿し2ポート1ポート
(87W PD対応の充電用×1)
1ポート
(4k/30Hz対応×1)
1ポートなし1ポート
Satechi
USB-C マルチハブ V2
シルバー・ゴールド・スペースグレイケーブルあり3ポート1ポート
(充電用×1)
1ポート
(4k/30Hz対応×1)
1ポート1ポート1ポート
Anker
7-in-1 プレミアム USB-Cハブ
グレーケーブルあり2ポート2ポート
(100W PD対応の充電用×1、データ転送用×1)
1ポート
(4k/30Hz対応×1)
なし1ポート1ポート
Apple
USB-C Digital AV Multiportアダプタ
ホワイトケーブルあり1ポート1ポート
(充電用×1)
1ポート
(モデルA2119で4K/60Hz対応)
なしなしなし

※比較表は右にスクロールしながらご覧ください

様々なシーンに対応できるよう主要なポートをカバーしているUSB-Cハブをピックアップしているためポート数などに極端な違いはありません。詳しくは個々にご確認ください。

スポンサーリンク

おすすめのUSB-Cハブまとめ

当記事では、MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブを厳選してご紹介しました。

Amazon楽天にはたくさんのUSB-Cハブが販売されています。適当に買うと不安定で途切れたり電源が落ちたりすることも…。(個体差はあります)

しかしUSB-Cが今以上に普及するまでしばらくUSB-Cハブは欠かせません。MacBook Air/Proユーザーであれば1台は持っておきたい周辺機器ですので、失敗しないためにもまずは当記事で紹介したおすすめUSB-Cハブをチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください