LANまで搭載して全部入り!MacBook Pro向けUSB-Cハブ「イーサネット付 Type-C Proハブ」

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

AppleがUSB Type-C(以降、USB-C)端子を12インチMacBookに搭載してはや数年。MacBook Pro、SurfaceBook、Android系のスマートフォンなどUSB-C搭載機器は年々増えています。

この流れは今後も続き、現在USB Type-A(以降、USB-A)端子を搭載している周辺機器も、いずれUSB-Cを搭載して生まれ変わるものと思われます。

しかし各社が対応するにはまだ時間が必要。それまでの間、MacBookなどUSB-C搭載PCで周辺機器を使うには「USB-Cハブ」が欠かせません。

当サイトでは過去にも何度かおすすめUSB-Cハブを紹介していますが、今回新たにSatechi社の「イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ」を入手したのでご紹介いたします。

MacBook Pro用にデザインされた本機は1台あると何かと便利。MacBook Proユーザーだけどまだ持っていない方、これからMacBook Proを購入予定で比較検討している方は是非ご覧になってください。

スポンサーリンク

MacBook Pro用に洗練されたデザインが特徴のSatechi製USB-C多機能ハブ

今回ご紹介するUSB-Cハブは、Satechi製「イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ」というUSB-Cハブ。Satechi(サテチ)社からサンプル提供いただきました。

USB-A変換アダプタとして、またMicro SDカード・HDMIケーブル・LANケーブルの接続も可能という多機能なハブです。

そんなUSB−Cハブの基本仕様をまずは簡単に解説します。

基本仕様

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro
Satechi Aluminum Type-C Pro Hub Adapter With Ethernet基本仕様
メーカー Satechi(サテチ)
製品名 イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ
メーカー型番 ST-TCPHES/ST-TCPHEM
カラー シルバー・スペースグレイ
対応PC MacBook Pro 2016/2017
サイズ 約115mm × 28mm × 11mm
重さ 約35g
インターフェース USB Type-A×2、USB Type-C×1、HDMI(4K@30Hz)×1、有線LAN×1、Micro SDカードスロット×1
メーカー保証 18ヶ月
動作温度 30〜50度
その他 詳細を確認

※サイズ・重量ともに実測値

開封レビュー シンプルなアルミデザインが素敵

Satechi USB-C Pro ハブのパッケージ

それでは続いてSatechi社のUSB-Cハブを開封していきます。

Satechi USB-C Pro ハブのパッケージ

相変わらずシンプルなパッケージのSatechi製品。

Satechi USB-C Pro ハブ

箱の中身はUSB-Cハブ本体のみ。カラーはシルバー・スペースグレイと2色展開されており、画像はスペースグレイです。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

片面には薄っすらとロゴが印字されていますが、主張しないカラーリングなので環境や角度によってはほとんど見えません。

Satechi USB-C Pro ハブ

反対側にはとくに何も印字されておらず、非常にシンプルなデザインに仕上がっています。

このシンプルで無駄がなく洗練されたデザインはSatechi製品の特徴であり、Satechi製品をオススメするポイントの一つ。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

USB-CハブをMacBook Proに接続すると薄っすら控えめにライトが点灯します。あまりにも控えめに点灯しているので、角度によっては気がつかないほど。

豊富な接続端子はUSB・HDMI・LAN・Micro SDカードスロットと全部入り

SatechiのUSB-Cハブ1番の特長は豊富な接続端子。様々な周辺接続機器をお持ちの方でも、とりあえずコレ1台あれば事足りる方が多いのではないでしょうか。

Satechi USB-C Pro ハブ

USB-A×2口、USB-C(Power Delivery)×1口、HDMI×1口と4端子が並んでいます。

Satechi USB-C Pro ハブ

Micro SDカードスロットはこちら。

Satechi USB-C Pro ハブ

そして「MacBook Pro用USB-Cハブの大本命!Satechi Type C Pro Hubの完成度が高い!」という記事でご紹介したモデル(Type-C Pro Hub)には搭載されていない有線LAN端子がこちらに搭載。

Satechi USB-C Pro ハブ

指でちょこっと持ち上げるとポート部分が広がりますので、そしたらLANケーブルを接続してください。Wi-Fiでのネット接続が主流ではあるものの、有線LANのみのホテル等などでの活躍が期待されます。

スポンサーリンク

Satechi製USB-C Proハブのおすすめポイント

MacBook Pro用のUSB-CハブなのでMacとの相性バツグン

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

MacBook Pro用のUSB-Cハブなので、MacBook Proとの相性が抜群です。実際に13インチMacBook Pro 2016(シルバー)と接続してみます。(MacBook Proがシルバー、USB-Cハブがスペースグレイで色が合っていない点はご容赦ください…)

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

Macの特徴であるアルミデザインを採用しているので、接続した時にApple純正品かと思わせます。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

MacBook Proの側面にピタッとフィット。MacBook Pro用に設計されているのでUSB−Cハブも薄型です。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

ほんの数ミリ、USB-CハブがMacBook Proのキーボード面より上にはみ出ますが気にならない程度です。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

USBケーブルを繋いでみます。USB-Cハブ本体がケーブル無しの直挿しタイプなので、ゴチャゴチャせずスッキリしていいですね。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

ちなみに複数機器を同時接続してみても動作は安定。外付けHDDを接続してMacのバックアップを試みても、特に問題なく動いています。

統一感も出ますので、お使いのMacBook Proにカラーを合わせてお使いいただくと良いでしょう。

従来モデルよりMicro SDカードが接続しやすくなった

従来モデルはSDカード・Micro SDカードスロットがUSB-Cハブの側面に縦に並んでいました。そのため周囲のスペースも狭く、小さなMicro SDカードを抜き差しするのが若干不便に感じていました。

その点、本モデルはMicro SDカードスロットの位置が変更され、SDカードスロットも廃止されたことによってスペースに余裕が生まれたので、抜き差しやすく使い勝手が向上しています。

Satechi製USB-C Proハブのイマイチなポイント

可動する有線LAN端子部分が樹脂製でアルミで統一されたモデルに比べデザイン面で見劣り

「Type-C Pro Hub With Ethernet」と同じSatechi製MacBook Pro用USB-Cハブといえば「アルミニウムType-C Proハブ」があります。

Satechi USB-C Pro ハブ新旧モデル比較

画像左が当記事で紹介している「イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ」、画像右シルバーの製品が「アルミニウムType-C Proハブ」です。

Satechi USB-C Pro HUBを比較

大きな違いはLAN端子、SDカードスロットの有無。どちらもMacBook Pro用モデルのアルミデザインなのでサイズはあまり変わりません。

しかし当記事で紹介している「イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ」は可動する有線LAN端子を搭載しているため、その部分だけアルミ素材ではありません。USB-Cハブ全体がアルミで統一されたモデルと並べてみると、シンプルで洗練されたデザイン性という面では若干見劣ります。

同じSatechi製の類似モデル「Type-C Pro Hub」については、以下の記事で詳しく紹介しています。
MacBook Pro用USB-Cハブの大本命!Satechi Type-C Pro Hubの完成度が高い!

LAN接続するにはMacBook Proの左側にハブを繋がないと利用不可

ハブ全体が薄いにも関わらずLAN端子を搭載できているのは、LAN端子を指で可動させる仕組みを採用しているため。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

しかしLAN端子を広げるには可動部分を上向きにしなければならず、MacBook Proの左側にUSB-Cハブを接続しなければなりません。

Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

MacBook Proの右側に接続していると、LAN端子を広げたくても物理的に不可。LANを繋いでからMacに繋げばOKですが、ハブに対してちょっとでも上から触れると負荷がかかりそうです。

使用方法によってUSB-Cハブを右側へ繋がないといけない方もいると思うので、接続向きが限定されるのは使い勝手としてちょっとイマイチです。

まとめ

Satechi USB-C Pro ハブを使ってMacBook ProとiPhoneを接続

生まれ変わったSatechi製USB-C Proハブは、MacBook Proとの相性がいいアルミデザインと、様々な機器との接続が可能な多機能変換アダプタとして優れています。

はじめの1台としての購入におすすめですし、むしろコレ1台あれば多くの方は事足りるのではないでしょうか。万が一の時も、メーカー保証が18ヶ月もあるので安心ですしね。

シルバー・スペースグレイの2色展開なので、お使いのMacBook Proにあわせたカラーがおすすめです。

ぜひご利用してみてください

【期間限定クーポン】Amazonでお得に購入するチャンスです

読者の皆様に期間限定のお得なクーポンをご案内。

以下のクーポンコードをAmazonで購入時に打ち込んで頂きますと、「イーサネット付アルミニウムType-C Proハブ」が15%オフになるクーポンが適用されます。
クーポンコード:IF5MKZF5

お得に購入できるこの機会に是非チェックしてみてください。(2018年6月30日迄有効)
Amazonでチェックする

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
Satechi USB-C Pro ハブとMacBook Pro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください