MacBook Air 2018発表!カラー・容量・メモリで悩んだ結果このカスタマイズで注文!

MacBook Air 2018はシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色展開

Appleは日本時間2018年10月30日に、MacBook Air(マックブックエア)の新型を発表しました。

「ひょっとしたらもうMacBook Airの後継機は発売されないかもな」

と、新型MacBook Air発表にあまり期待していませんでしたが、もし新しいラップトップ型のモデルが発表されれば購入しようと思っていたので購入することに決めました。

しかしいざ注文しようと思うと、カラー・SSDストレージ容量・メモリなど、どんなカスタマイズをして注文すべきか迷ってしまうもの。そこで当記事では、MacBook Air 2018のカスタマイズで迷っている方に向け、悩んだ末に僕が注文した内容をお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

MacBook Air 2018の特徴・前モデルとの比較まとめ

MacBook Air 2018はシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色展開

実際に予約注文した内容をお伝えする前に、購入検討する上で大切な「MacBook Air 2018」の特徴や前モデルとの違いをサラッと整理しておきましょう。

詳細は様々なメディアで既に紹介されているので、ここでは簡単にまとめておきます。

MacBook Airサイズ比較(2017・2018)

その他、前モデルまで搭載されていた「MagSafe 2電源ポート(充電用)」や「SDXCカードスロット」は廃止。バッテリー駆動時間は”最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧”が可能で、これは前モデルと同等です。

スポンサーリンク

なぜ、Proでも無印でもなく、Airを選んだのか?

MacBook Air 2018を購入するにあたり、当然MacBook Proや12インチMacBookとの違いを比較検討しました。

MacBook Air 2018はUSB-Cポートを2つ搭載・より薄く軽くなった

スペック的にMacBook Air 2018は、現行のMacBook Proと12インチMacBookの中間位置。真新しさはなく、「パッとしない」という意見もあると思います。

しかし今の僕はちょうどこの中間的スペックを求めていたこと、そして元々MacBook Airのデザインが好きであること、またTouch Barは搭載しないながらもTouch ID(指紋認証)は搭載したところなどを決め手にMacBook Air 2018の購入を決めました。

新型MacBook Air(マックブックエア)注文内容

MacBook Air 2018カスタマイズ注文内容

さてここからは、今回アップルオンラインストアで実際に購入したモデル(カスタマイズ内容)についてポイントを解説していきます。

カラーはスペースグレイを選択

MacBook Air 2018は、シルバー・スペースグレイ(新色)・ゴールド(新色)の3色展開。

MacBook Air 2018のカラー選びで迷った末にスペースグレイを選択

今まで僕は「Mac=シルバー」を貫き通してきたのですが、今回はじめて「スペースグレイ」を選んでみました。

というのも、しばらく既存のMacBook Proを併用していく予定なので、パッと見で見分けつくほうが良いかなと思ったから。ゴールドではなくスペースグレイにしたのは、日頃使っている周辺機器とのカラーバランスを考えた結果です。

市場的にはどのカラーが人気色なんでしょうね。

SSDストレージ容量は256GBがちょうどいい

MacBook Air 2018のストレージ(SSD)容量は、128GB・256GB・512GB・1.5TBの4段階。

MacBook Air 2018のSSDストレージ容量は256GBを選択

基本的にデータはクラウドを活用し写真・動画をMac本体にあまり保存していないこと、また現在のメインマシンが256GBで不満がないことから、MacBook Air 2018のストレージ容量も256GBを選択。

いくらクラウドなどの外部ストレージを使うといっても、あまりにギリギリだと将来的に不足する可能性もあるのでオススメしません。ある程度余裕を持たせつつ、必要な容量を選定しましょう。

メモリは迷わず16GBに増設!

MacBook Air 2018のメモリ容量は標準搭載で8GB。プラス22,000円(税抜)で16GBに拡張することができます。

MacBook Air 2018のメモリは16GBにカスタマイズ

メモリ容量に関しては迷うことなく16GBを選択。

仕事で日常的に複数のアプリケーションを同時使用するので、メモリ不足が原因で作業が滞るのは避けたいということ、そしてMacBook Airは購入後に自分で増設することができないことが主な理由です。

基本的にメモリは大きいに越したことはないので16GBをオススメしますが、それなりにお値段するものなので、同時作業しない(複数のアプリケーションを同時起動しない)使い方がシンプルな方は8GBのままでも良いかもしれません。

キーボードは日本語(JIS)ではなくUSがお気に入り

MacBook Air 2018のカスタマイズメニュー最後に登場するのがキーボードの種類。

MacBook Air 2018はTouch ID(指紋認証)を搭載

今使用しているメインマシンMacBook Proでもそうですが、個人的にずっとUSキーボードを愛用しているのでMacBook Air 2018でもそうしました。

Apple Storeで予約注文した新型MacBook Air 2018まとめ

今回Apple Storeで予約注文した新型MacBook Air 2018のカスタマイズをまとめると以下の通り。

MacBook Air 2018のカスタマイズ内容

SSDストレージ容量は今保有しているデータ容量次第としか言えませんが、メモリについては余裕があるなら16GBをオススメします。

これで購入価格¥178,800 (税別)。到着予定日は2018/11/13〜11/15とのことです。

久々のMacBook Airということもあり、今から楽しみでなりません。

オススメ周辺機器

MacBook Air 2018を購入するならオススメの周辺機器をご紹介します。

USB-Cハブ

MacBook Air 2018の外部インターフェイスはボディ左側にUSB(Type-C)端子が2つ。そのため3つ以上の機器を同時接続したり、従来のUSB(Type-A)機器を接続する予定ならUSB-Cハブを検討してみてはいかがでしょうか。

Satechi USB-CハブとMacBook Pro

Satechi製USB-Cハブでしたら、USB Type-A×3、USB Type-C×1、HDMI(4K@30Hz)×1、LAN×1、SDカードスロット×1、マイクロSDカードスロット×1と全部入りで、とりあえずコレ1台持っておくと何かと役立つオススメ品です。

さらに洗練されたSatechiのUSB-CハブでMacBookも快適!多機能な変換アダプタ。

MacBook Air対応ケース

MacBook Airを持ち歩くなら、カバンにそのまま入れるのではなく専用ケースを使って本体を保護しておきたい。そんな方にはInateckのインナーケースがオススメです。

Inateck製MacBookインナーケース

シンプルで軽量なフェルト素材のインナーケースで多少のクッション性もあるので、バッグに同梱している物や衝撃からMacBookを保護してくれます。

MacBookの持ち運び用インナーケースのおすすめはコレだ!

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
MacBook Air 2018はシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色展開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください