箱根湯本の夜は居酒屋で!「歌流多(かるた)」なら深夜まで営業していて料理もうまい。

箱根湯本の居酒屋 歌流多(かるた)

旅行の楽しみといえば食事!普段行けない現地のお店や料理、そしてお酒をおいしく頂きたいですよね。

とくに泊まりで行くと、夕食は宿泊先で食べるのかそれとも周辺のお店で食べるのか、観光プランを考える上での悩みどころではないでしょうか。

さて今回は、箱根旅行の夜の過ごし方でお悩みの方へ、おすすめの居酒屋を紹介します。

「旅館やホテルの料理やお酒もいいけれど、現地の居酒屋も楽しみたい」
「箱根湯本に到着するのが夜になってしまうので、遅くまで営業しているお店を探している」

そんな方にピッタリの居酒屋です。

夕方には閉店する飲食店が多い箱根湯本で深夜まで営業し、しかも料理もうまい!そんな居酒屋「歌流多(かるた)」で、素敵な箱根旅行の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

箱根湯本で深夜まで営業する希少な居酒屋「歌流多(かるた)」

「歌流多(かるた)」は箱根湯本の旧東海道沿いにあります。

箱根湯本駅からだと歩いて15分から20分ほどの距離。周辺には「箱根 花紋」や「箱根湯本ホテル」といった温泉旅館があります。

2名以上で行くなら箱根湯本駅や周辺ホテルへ無料送迎も行っているので、宿がちょっと離れているという方でも安心です。

箱根湯本にあるお店の多くは、夕方には閉店してしまいます。そのため宿泊先のレストランだけじゃなく現地のお店も楽しみたいと思っても、行き場がなくて困ることがあるんですよね。

しかし「歌流多(かるた)」なら深夜24時半まで営業しています。夕食は外で食べたい方、宿泊先のレストランで食事を済ませたけど飲みたりない方、箱根湯本に到着するのが夜になってしまう方、そんな方々にとって深夜まで営業しているのはありがたいです。

スポンサーリンク

賑わう店内。ちゃんこ鍋、串焼き、魚料理どれもおいしい。

「歌流多(かるた)」の店内にはカウンター席と座敷があります。

箱根湯本の居酒屋 歌流多(かるた)店内

店内には地元らしき方もいましたが、観光客も多数。近隣に外国人向けゲストハウスがオープンして以降、外国人観光客の来店も増えているそうです。

週末ということもあり店内は満席で賑わっていました。

箱根湯本の居酒屋 歌流多(かるた)店内

料理の注文はこちらの紙に書いて渡すシステムです。

メニューは串焼きや小田原の魚料理、そしてちゃんこ鍋など多数。お酒も地酒の日本酒「原酒 箱根山」「箱根山ぎんから」「松美酉 琴姫(まつみどりことひめ)」を抑えています。

本格炭火炉端焼の串焼き、本場両国の味ちゃんこ鍋(しょうゆ味・みそ味・しお味・キムチ味)、大人気の力士味噌、小田原で上がった新鮮なお魚料理等々、どれも凄い美味しさのメニューがラインアップ。旅の楽しい出会い。気さくなスタッフと共に、ご家族ずれもグループのお仲間も勿論カップルさんも、美味しくて楽しい満足ゆくひと時をお過ごし下さい。

力士味噌、親父おまかせセット(串焼き5本)、煮付け、ちゃんこ等様々な料理を注文しましたが、もちろんどれも期待通りのおいしさ!

ピーク時は料理が提供されるまで時間がかかることもありますが、お酒を片手に落ち着いてくつろげるので、そんなこと気にならずに過ごせます。

気さくな店主のこだわりを感じる

歌流多(かるた)の店主は元々はフレンチのシェフだったそうです。箱根に来てからは和食や中華を学び、現在はご家族3人で歌流多(かるた)を営業。

「本来は相撲部屋で力士の作る手料理を指す言葉「ちゃんこ」を使い、力士じゃない自分が作るからには、味や素材で劣るわけにはいかない」

これはお店で提供している「ちゃんこ鍋」の話をしていた際に仰られた一言ですが、他にも話を聞いていると提供する料理へのこだわりをとても感じました。

箱根湯本の居酒屋 歌流多(かるた)料理

「金目鯛よりオシツケのほうがうまいから『オシツケの煮付け』にしな。うまくなかったらお金はいらない」

「キンメの煮付け」を注文した時のことですが、「オシツケの煮付け」のほうがうまいとオススメされたので、店主がそこまでいうなら食べてみようと注文。

これが大正解。脂が乗っていて、トロっとホロっとしていて絶品。煮汁も甘すぎなくて絶妙です。

オシツケとは小田原周辺の方言で、正式には「アブラボウズ」という深海魚のことですが、店主がおすすめするだけあってとてもおいしかったです。(もちろんお支払させていただきました)

とても気さくでお喋り好きな店主なので、色々な話を聞かせてくれて楽しかったです。帰りも店主の運転で「ホテル おかだ」まで送迎していただきました。

まとめ

「歌流多(かるた)」のように夜遅くまで営業しているお店があると、例えば「箱根に金曜日の夜から1泊2日で行く」なんて観光プランも可能になります。

1泊2日の箱根旅行!金曜日の夜から行くおすすめ観光プラン

  • 夕食は旅館じゃなくて現地の居酒屋で食べたい
  • 旅館の夕食じゃ飲みたりないのでもう少しお酒を飲みたい
  • 箱根湯本に到着するのが夜なので旅館の夕食時間に間に合わない
  • おいしい料理やお酒を堪能しながら箱根の夜を楽しみたい

ひとつでも当てはまるなら、「歌流多(かるた)」をおすすめします!

深夜まで営業、無料送迎付き、料理がうまい、そして何より店主が素敵な「歌流多(かるた)」はとにかく最高。箱根旅行の際にはぜひチェックしていただきたい居酒屋です。

素敵な箱根旅行の夜を過ごしましょう。

歌流多(かるた)店舗情報
営業時間 18時〜24時半
定休日 毎週木曜日
座席 カウンター席、座敷
TEL 0460-85-7917
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋1番地
クレジットカード 使用不可
アクセス 箱根湯本駅から徒歩15分から20分
無料送迎 2名以上から可能。箱根湯本駅や周辺のホテルへ送迎。
駐車場 4台有り
箱根旅行ならあわせてチェック
電車で行く箱根日帰り旅行!ゴールデンコース逆回りで観光スポットを巡る。
1泊2日の箱根旅行!金曜日の夜から行くおすすめ観光プラン。
箱根おすすめの食事処。定番外のお店で食べたければ「餃子センター」はいかがでしょう?

「歌流多(かるた)」から近いおすすめ温泉旅館

スポンサーリンク
箱根湯本の居酒屋 歌流多(かるた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。