【レビュー】Apple WatchとiPhoneを同時にワイヤレス充電!Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder

【レビュー】Apple WatchとiPhoneを同時にワイヤレス充電!Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder

この記事のURLをコピーする

Apple WatchとiPhone、これらは僕にとって欠かせないアイテム。どちらもオンオフ問わずに使いますので、毎日欠かさずに持ち歩いています。

しかし、とても便利な反面ちょっとした悩みも…。

それは各機器の充電器(ケーブル)が違うこと。帰宅して「さぁ充電しよう」と思うと、デスクにはiPhoneとApple Watchの充電ケーブルが伸びてゴチャゴチャしがち。電源コンセントも2口使うし、どこかスマートじゃありませんでした。

そこで、どうにかiPhoneとApple Watchの充電器やケーブルをスッキリできないかとAmazonをチェックしていたところ、「Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」というワイヤレス充電器が良さそうだったので購入してみることに。

結論からいうと買って大正解でした。iPhoneとApple Watchの充電器が一体になったAnker PowerWave+ Pad with Watch Holderがあれば、コンセントは一口に、そしてケーブルもゴチャゴチャすることなく2つの機器を同時に充電できてスッキリ。

当記事では、そんな「Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」について詳しくレビューしていきますので、すでにiPhoneとApple Watchをご使用中の方、これからApple Watchを購入しようと検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの特徴

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderは、価格と品質のバランスの良さでお馴染みAnker(アンカー)社のワイヤレス充電器。iPhoneとApple Watchの充電器が一体化しており、同時に充電することができます。

製品仕様

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderのパッケージ

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder 製品仕様
製品名Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder
メーカーAnker(アンカー)
製品型番B2570121
カラーホワイト
サイズ約210mm×100mm×14mm
重さ約180g
対応機種・Apple Watch Series 2 / 3 / 4
・iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus
・Samsung Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+
・Sony Xperia 1 / XZ3
・LG G7 / V30+ / V30 / V35
・Pixel 3 / 3 XL
※一部をピックアップしています
※その他Qi対応機器に対応
メーカー保証期間18ヶ月
その他詳細ページへ

Qi認証取得済みですのでQi対応製品への充電に対応しています。また付属のQuick Charge 3.0対応電源アダプターを使用することで、iPhoneは最大で7.5W、Samsung Galaxyには最大で10W出力の急速充電が可能。

急速充電の対応機器など詳細はAnker公式ストアをご確認ください。

外観・デザイン

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの付属品

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの箱の中には、ワイヤレス充電器の本体、電源アダプター(Quick Charge 3.0対応)、本体と電源アダプターを繋ぐケーブル、取扱説明書などが入っています。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの外観デザイン

左側でiPhoneなどワイヤレス充電に対応したスマートフォンを、右側でApple Watchを充電できる、パッド型のワイヤレス充電器です。

カラーはホワイト1色。全体的に丸みを帯びたデザインが特徴的です。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderのワイヤレス充電パッドにはリング状のゴムが付いているので置いたスマホが滑り落ちにくい仕様

ワイヤレス充電パッド部分にはリング状のゴムが付いているのでスマホが滑り落ちにくい仕様です。

Apple Watch充電用のホルダーは立てて使用することができる

Apple Watch充電用のホルダーはそのまま置いても充電できるし、立てて充電することもできます。

iPhoneとApple Watchの充電器が一体化したAnker PowerWave+ Pad with Watch Holderはサイズがやや大きめ

スマホとApple Watch2種類の充電器が一体型になっただけあり、本体サイズは約210mm×100mmとやや大きめ。(画像はiPhone Xと並べています)

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderはスマホよりやや厚い

厚さは約14mmでスマホより若干厚めですが十分薄型の部類だと思います。重さも約180gと軽いので、必要であればカバンに入れて持ち運ぶこともできます。

使い方

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの外観デザイン(底面)

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderを使うには、はじめにApple Watch純正の充電ケーブルを取り付けます。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderにApple Watch純正の充電ケーブルを取り付け

本体底面はスライドするとカバーが開きます。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderにApple Watch純正の充電ケーブルを取り付け

Apple Watchの充電ケーブル先端の丸い部分をホルダー(リングの部分)にしっかりと押し込み、その後は溝にケーブルを押し込みながら巻きつけていきます。所々にツメが付いているので巻きつけたケーブルはしっかりと固定されるので安心です。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderにApple Watch純正の充電ケーブルを取り付け

最後にUSBコネクタを差し込んだら底面のカバーを付けましょう。取扱説明書もあるし本体にもイラストが書かれているので指示通り作業すれば簡単です。

Apple Watch充電用のホルダーは立てて使用することができる

ここまで終わったら、あとは電源アダプターと繋ぐだけ。Apple Watchの充電はこのまま置いて行ってもいいですし、ホルダーを起こしてもOK。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderでナイトスタンドモードをオンにしたApple Watchを充電すればデジタル時計として使用可能

ナイトスタンドモードをオンにしたApple Watchを充電すればデジタル時計として使用することも。

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderはApple Watchを寝かせて充電することも立てて充電することもできる

iPhoneと同様、置いて充電することもできます。

  • Apple Watchの充電ケーブルを取り付ける際はホルダーにしっかりと押し込むこと
  • 電源アダプターは本体付属のQuick Charge 3.0対応急速充電器を使うこと
スポンサーリンク

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderのおすすめポイント

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderでiPhoneとApple Watchを同時に充電

続いて、Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderを実際に使ってみて感じたおすすめポイントをお伝えします。

2つの充電器が集約されるので電源コンセントやデスクがスッキリする

まずはなんといってもこれ!Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderを使うと、電源アダプターやケーブルが1本にまとまるので、コンセントやデスク周辺がスッキリします。

「スマートは機器を使っているはずなのに充電中の環境はどこかスマートじゃない」というモヤモヤが解消され、電源コンセントも1つで良いので場所を選ばずに充電できるようになりました。

iPhone・Apple Watchどちらも置くだけ。2つの機器を簡単に同時充電できる

パッド型のワイヤレス充電器であるAnker PowerWave+ Pad with Watch Holderは、スマホを置くだけで充電できます。

ケーブル(コネクタ)を持って本体に繋ぐ動作が不要になるので単純にラクですし、ケーブルを繋ぐ必要がないということはそれだけでコネクタ周辺の故障リスクやケーブル断線リスクを軽減できるというメリットもあります。

ちょっとした動作の違いとはいえ、毎日欠かせないことだからこそ便利さを感じることができます。

安定して充電することができ品質も良い

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの類似製品はAmazonや楽天に数多く販売されていますが、聞いたこともないメーカーの製品は品質に不安もあります。

その点、Anker社は以前から他の製品で品質の良さを感じていたので安心して購入に至りました。

実際に使ってみても、安定して充電することができていますし、素材もチープな印象を受けません。この品質と価格のバランスの良さは、さすがAnkerといえるでしょう。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderのデメリット・注意点

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの外観デザイン

続いては、Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderを使って感じたデメリット・注意点をお伝えします。

Apple Watchの充電ケーブルが1本必要です

使い方でもご説明した通り、Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderでApple Watchを充電するには、Apple純正のApple Watch充電ケーブルが必要です。

例えば、「純正の充電ケーブルが断線しちゃったから新しい充電器を買おう」と探し始めてAnker PowerWave+ Pad with Watch Holderを発見した方は、本機とあわせて純正の充電ケーブルも購入しなければなりません。

Apple Watch充電ケーブルを取り外ししにくい

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder底面に取り付けしたApple Watchの充電ケーブルが取り外しにくいです。

薄型コンパクトでケーブルもしっかりと固定される設計が素晴らしい一方で、取り外しにくいというデメリットがあります。

あまり機会はないかもしれませんが、いざ取り外そうとすると結構やっかいです。

置くだけといっても充電可能な範囲があるので適当に置いたら充電できません

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderはスマホを置くだけで充電可能です。とはいえ、いくら置くだけで充電できるといってもスマホと充電器お互いに充電可能な範囲はあるので適当に置いたら反応しません。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderはワイヤレス充電時に中央のランプが青点灯する

スマホを置くと点灯する中央の青ランプを確認するか、充電スタート時に点灯するスマホのディスプレイでアイコンを確認するなどして、きちんと充電スタートしたか確認すると間違いないでしょう。

スポンサーリンク

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderレビューまとめ

Anker PowerWave+ Pad with Watch HolderでiPhoneとApple Watchを同時に充電

当記事では、Apple WatchとiPhoneを同時に充電できるワイヤレス充電器「Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」をご紹介しました。

最後にもう一度ポイントをまとめておきます。

  • Apple WatchとiPhoneの充電器が一体になっている
  • 置くだけで充電できるパッド型ワイヤレス充電器
  • 2つの充電器が集約されるので電源コンセントやデスクがスッキリ
  • 充電の安定性やチープな印象を受けない素材感が良い
  • Apple Watch純正の充電ケーブルが1本必要(付属品でOK)
  • 電源アダプターは付属のQuick Charge 3.0対応急速充電器を使用すること

ワイヤレスで充電できるのは非常に便利ですし、iPhoneやApple Watchの充電器でゴチャゴチャしがちなデスク周辺もスッキリできて満足です。

すでにiPhoneとApple Watchをご使用中の方はもちろん、これからApple Watchを購入しようと検討中の方もぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください