ふるさと納税した時の「寄附金受領証明書」を紛失してしまったら。

この記事をシェアする

furusatotax_shomeisho

ふるさと納税といえば、地域特産品などの返礼品や所得税の還付・住民税控除!利用者のメリットは大きく、年々制度を利用している人は増えていると思います。ちなみに僕も毎年いくつかの自治体へふるさと納税しています。

便利なふるさと納税ポータルサイトも増えて申し込みもしやすくなりましたので、より気軽に利用できるようになったと感じます。

ただ、ふるさと納税で気をつけなければいけないのが、所得税の還付・住民税控除に関する手続きです。こちらは、ふるさと納税の申し込みとは別に申請をしなくてはいけません。

ワンストップ特例制度が始まり、この制度を利用できる人は確定申告が不要になりましたが、簡単になっただけで手続き(申請作業)は必要です。ふるさと納税を申し込みする際にワンストップ特例制度を利用することを伝えると、返礼品とは別に「申告特例申請書」という用紙が届きます。これを納税先の自治体へ提出することではじめて確定申告が不要になるわけです。

また医療費控除をする人などワンストップ特例制度を利用できない人は、確定申告が必要です。そして確定申告の場合に必要なのが、ふるさと納税したことやその金額を証明する「寄附金受領証明書」。これがないと申請できませんのでご注意ください。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

寄附金受領証明書とは?

ふるさと納税は寄付金の一種です。そのため確定申告をする際に、寄付をした時期や金額などを証明するための「寄附金受領証明書」が必要になります。(ワンストップ特例制度を利用するなら不要)

img_35199

この「寄附金受領証明書」は、確定申告の際に申告書に添付して提出します。

ふるさと納税の場合、「寄附金受領証明書」は納税先の自治体が発行します。「寄附金受領証明書」が届くタイミングは、自治体や決済方法によっても異なります。

期日を忘れていたりそれ以外の理由で結局確定申告が必要なるケースもありますから、ワンストップ特例制度を利用するからと安易に「寄附金受領証明書」を捨ててしまうのはオススメしません

そのため少なくとも翌年の確定申告の時期までは大切に保管しておきましょう!ワンストップ特例制度を利用する場合は、期日に遅れることがないようすぐに手続きしてしまいましょう。

もし、確定申告が必要なのに「寄附金受領証明書」捨ててしまった場合は、以下を参考に手続きをしましょう。紛失してもすぐに諦めることはありません。

「寄附金受領証明書」を紛失してしまったら

捨ててしまった場合など、探しても「寄附金受領証明書」が見つからない場合は、発行元である、ふるさと納税をした自治体へ連絡しましょう!そして再発行してもらいます!

自治体の問い合わせ先が不明な場合は、総務省のふるさと納税ポータルサイト経由で自治体のHPへ移動すれば確認できます。

電話連絡をした際は、ふるさと納税時の「寄附金受領証明書」を紛失してしまったこと、氏名、連絡先、住所、寄付額などをお伝えください

確認には時間がかかることもあるかもしれませんが、受け取った記録は自治体にきちんと残っています。自治体側で記録の確認ができたら「寄附金受領証明書」を再発行してもらえます。

書類の確認はお早めに

上記の通り自治体へ連絡すれば、寄附金受領証明書の再発行は可能です。ただし時期によっては窓口も混雑しており、確認に時間がかかるケースもあります。

確定申告の準備ってどうしても遅れがちですが、再発行に時間がかかっても大丈夫なように、なるべく早めに手元の書類を確認しておくことをおすすめします。

「寄附金受領証明書」は郵送で届くのでその分時間もかかりますからね。



確定申告期間に間に合わなかったら

「寄附金受領証明書」の再発行が、万が一確定申告の期限に間に合わなかったら…?

まだ諦めることありません!ふるさと納税の場合、ふるさと納税を行った年の翌年から5年間であればさかのぼって申告することが可能です。

もちろんその分手間はありますので、制度を利用できる人は簡単に手続き可能なワンストップ特例制度で申請することをおすすめします。

その他、ふるさと納税や確定申告についてはこちらも参考にしてください。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280