喉の痛みを一晩で治す!簡単にできる7つの対処法。

sozaiSAYA16010436IMG_5049_TP_V

喉の痛みってつらいですよね。

「喉が痛くて飲食どころか唾を飲み込むのさえつらい。」

「喋りたいのに喉が痛くていつものように声が出せない。」

「明日は大事なプレゼンなのに喉が痛い。どうにか一晩で治したいな。」

こんな経験一度はありませんか?

今回はそんなつらい喉の痛みを一晩で治すために僕が行っている7つの対処方法をご紹介します。

なるべく早い段階でしっかりと対処すれば、喉の痛みは一晩で治すことだってできます。

どれも決して難しいことではありませんので、喉の痛みにお悩みなら是非お試しください!

スポンサーリンク

喉の痛みの原因とは?

OOK85_maskman20150314132154_TP_V

「風邪のひきはじめはいつも喉の痛みから」というほど、頻繁に喉の痛みに悩まされている人も多いと思います。

仕事への影響もありますし、なるべく早く治したいですよね。

この喉の痛みの多くは、細菌やウイルスに対する反応で喉が炎症している状態です。

細菌やウイスルに限らず、声の出しすぎ・タバコの吸い過ぎ・過剰なアルコール摂取などから喉の炎症が引き起こされることもあります

喉の痛みを治すには、この炎症を抑えなければなりません。細菌やウイルスの感染であればまずはそれらの除去も必要です。

実際には喉の痛みと言っても様々な病気の可能性もありますので、症状が悪い場合や詳細は医療機関への相談が望ましいです。

ただ、仕事など様々な理由からすぐには通院できないことだってありますので、一般的に多い喉風邪や喉の使いすぎなどによる喉の炎症を抑えるための対処方法を説明していきます。

喉の痛みを一晩治す7つの対処法

sozai5f9d4d4e412b3523d7a57ab878704217_m

加湿(保湿)する

湿度が低くて乾燥している状況というのは、身体に色々と悪い影響があります。

空気が乾燥していると細菌やウイルスの活動が活発になります。つまり菌の繁殖を促進するわけです。

部屋の湿度調整は風邪の予防にもなりますので、日頃から一定の湿度を保つことがとても大切です。そして喉が痛い時はいつも以上に気にかけ保湿を心がけましょう。

一般的に部屋の湿度は少なくとも40%以上、できれば過ごしやすくてウイルスの生存率も下がる50~60%を目安に調整するといいと聞きます。

部屋の大きさにあった加湿器の設置(なければ濡れタオルなど)や、使用する暖房機器の選択など、ウイルスの活動を抑えられる環境を整えましょう。

こまめにうがいをする

こまめにうがいをして、細菌・ウイルスを洗い流しましょう。外から戻った時はもちろん、ずっと室内にいても、定期的にうがいすることをおすすめします。

その際にイソジンなどのうがい薬をお持ちであれば、口腔内の洗浄・殺菌が期待できるので使いましょう。

イソジンがなければ緑茶でうがいするのも効果的と聞きますし、もちろん水道水もOKです!

うがいをすると、口腔内の細菌やウイルスを洗い流すことはもちろん、乾燥した喉を潤す効果もあるそうです。

保湿の大切さは上述のとおりですが、それはうがいでも行うことができるわけですね。

とにかくまめにうがいをしましょう。

マスクを着用して保湿

喉の痛みや、その他風邪の症状がある時はマスクをしましょう。マスクを着用すると、風邪の最近やウイルスを周囲にまき散らかさないことはもちろんですが、喉への保湿効果が期待できます

マスクをつけていると自分の吐いた息がマスク内を循環し、湿度を保ってくれます。何の変哲もない普通のマスクでもいいですが、マスク自体に湿度のある「濡れマスク」もありますので、そういった商品を使うとより高い保湿効果が期待できます。

外出時は必ずマスクを着用したほうがいいですし、室内にいる時も、湿度が特に低い冬は加湿器や濡れタオルだけでは室内の保湿が不十分のケースもあるので、部屋の湿度によっては室内でもマスク着用をおすすめします。

また、マスクと同様に保湿効果が期待できるのが、のど飴です。のど飴を口に入れていると唾液が出ますので、これによって自然と喉が潤います。

のど飴を口に入れながらマスクを付けたら間違いないですね。

水分補給も大事です

喉が痛い時には水分補給も大事です。うがいと同様に、水分補給時も喉を潤すことになり口腔内の乾燥対策になります。

あまり冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、常温からぬるめの飲み物が適しています。うがいと同様に緑茶を飲むといいですね。紅茶もいいと言われています。

ただしお茶や紅茶は利用作用が強いので、そればかり飲むのではなくミネラルウォーターなど他の飲み物も飲みましょう。

また反対に飲むのを控えたほうがいい飲み物は、炭酸飲料やお酒。喉の痛みを早く治したければ我慢です。

食べ物も喉の痛みに効くものを選ぶ

喉の痛みを一晩で治すには食べ物もできるだけ喉の痛みに効くものを食べたほうがいいです。

一例ですが、長ネギ・玉ねぎ、生姜(しょうが)、大根おろし、にんにく、はちみつなどが喉にいいと言われています。

それぞれ特長は異なり、殺菌効果・消炎効果・血行促進によって身体を温める効果などがあります。特にはちみつは、ビタミンが豊富に含まれていることもおすすめ理由。

反対に唐辛子や柑橘系などは喉への刺激が強いので、喉に痛みがある時は食べないほうがいいです。食べ物ではありませんが、タバコもNGです!

喉を温める

喉の痛みを一晩で治すには体の免疫力を高めることが大切です。

体温が上がると免疫力は上がると言われているので、できるだけ喉を中心に身体全体を温めます

冬の外出時であればマフラーの着用は必須です!寝るときもできるだけ喉を暖かくして眠るようにしましょう。

ちなみに僕は就寝時にネックウォーマーを着用します。

IMG_5155

これなら寝返りなどしても取れてしまうこともないですし、何より温かい!

ネックウォーマー選びは暖かいことはもちろんですが、睡眠に影響しないよう肌に優しい天然素材のものを選んだほうがいいです。

特におすすめなのはシルク素材。保湿力も高いですし肌に優しいですからね。

なかにはこのようにシルク素材のネックウォーマーで、口まで覆えばマスクにもなる一体型の商品もあります。喉周辺を温め、そして保湿効果にも期待しながら眠ることができます。

首元から肩まで温める「マスクにもなるシルクネックウォーマー」

喉の痛みに効果のある薬を服用

最後に喉の痛みに効果のある市販薬を紹介します。市販の風邪薬は様々な種類がありますが、僕がおすすめするのは、「ペラックT錠」と「のどスプレー パープルショット」です。

「ペラックT錠」は、トラネキサム酸という喉の炎症を抑える成分が含まれる市販薬で、喉の痛みや腫れ(はれ)を抑える効果があります。まさに喉の痛みのための薬です。

もう一つの「のどスプレー パープルショット」は、喉に直接噴射するスプレータイプの市販薬です。

こちらにはアズレンスルホン酸ナトリウムという、やはり喉の炎症を抑える成分が含まれていて、喉の痛みや腫れ(はれ)を抑える効果があります。

喉の痛みに効果がある市販薬をお探しなら、喉のための薬であるこの2つをおすすめします。

反対に総合風邪薬などはなるべく飲まないようにしています。

多少熱があってもそれは免疫機能が働いている状態なので、高熱でなければ薬で体温を下げようとしません。

まとめ

sozai00_PP40_PP_TP_V

僕が実践する、喉の痛みを治す方法をあらためてまとめると

  • こまめにうがいをすること
  • 緑茶や紅茶など、常温からぬるめの飲み物をよく飲んで水分補給
  • 唐辛子など喉への刺激が強いものは口にしない
  • 移動中はマスクを着用。のど飴があるとさらに良い
  • 室内は加湿器や濡れタオルで保湿する
  • 寝る時は喉周辺をネックウォーマーで温める
  • 寝る時もマスクを着用
  • 喉の炎症を抑える「ペラックT錠」や「のどスプレー パープルショット」を服用する

これらの対処方法を徹底すれば、経験上、初期段階なら一晩で喉の痛みを治すことだってできます。細かいことですが、できるだけ喉を使わないようにすること(喋らないこと)も大切です。

1日でも早く喉の痛みを治したければ、とにかく早めに対処しましょう。色々と対処方法をあげましたが、どれも難しいことではありませんので、できることからすぐにでも実践することをおすすめします。

喉の痛みがつらくなる前に対処していきましょう!

あわせてチェック!

喉の痛みにおすすめの市販薬は「ペラックT錠」と「のどスプレー パープルショット」で間違いない。

首元から肩まで温める「マスクにもなるシルクネックウォーマー」

スポンサーリンク
sozaiSAYA16010436IMG_5049_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。