熱海駅前商店街で甘いものをお土産に。御菓子処 一楽(いちらく)へ。

熱海駅前平和通り商店街の御菓子処 一楽(いちらく)でお土産を購入

この記事のURLをコピーする

熱海旅行のお土産品に甘いものなんていかがでしょう?

今回ご紹介するのは、先日熱海へ行った際にフラッと立ち寄ったお菓子処の「一楽(いちらく)」。駅から近いので立ち寄りやすく、こだわりを感じる品々が販売されています。

ご家族や会社の同僚、はたまた自分用に、熱海旅行のお土産品としてオススメします。

スポンサーリンク

熱海駅から歩いてスグ。熱海駅前平和通り商店街の御菓子処 一楽へ

熱海駅前平和通り商店街

熱海旅行の楽しみといえば駅前の平和通り商店街散策もそのひとつ。熱海手荷物預かり所に荷物を預けお土産品を探していると、御菓子処 一楽(いちらく)という和菓子店が目に留まり立ち寄ってみました。

熱海駅前平和通り商店街の御菓子処 一楽(いちらく)

老舗の風格漂う店先には胡麻大福、ショーケースの中には珈琲ゼリーやプリンなどが美味しそうに並んでいます。どうやら食べログやその他口コミでも人気のお土産屋ということがわかり、せっかくなので自分用のお土産に購入してみました。

スポンサーリンク

コーヒーとあんこの組み合わせが斬新な「珈琲ゼリー」

今回、御菓子処 一楽で購入したお土産は2品。まず最初に食べてみたのは粒餡(つぶあん)入りの珈琲ゼリーです。

一楽でお土産に購入した珈琲ゼリー(粒餡入り)

毎日挽きたての豆で入れる珈琲と、こだわりの粒餡。

粒餡はこの珈琲ゼリーのために用意したものを利用。カップの底に敷き詰めた餡を混ぜ、絶妙なハーモニーをご堪能ください。

ショーケースに並ぶ全面真っ黒なパッケージに目が留まったことをキッカケに、粒餡が入った珈琲ゼリーという珍しさから購入。

一楽でお土産に購入した珈琲ゼリー(粒餡入り)

粒餡入りの珈琲ゼリーはそのまま食べてもいいですし、付属のコーヒーフレッシュをかけてもOK!

コーヒーの苦味とあんこの甘みの組み合わせは食べみても不思議な感じですね。全体的に甘さ控えめで大人味のスイーツという印象。

このままでも美味しいですが、個人的には「粒あん」より「こし餡」のほうが合いそうだなと感じました。店頭限定品で通販では購入できませんので、熱海に行った際は是非購入してみてください!(税込価格310円)

熱海特産品の橙(だいだい)ソースを使った杏仁豆腐

御菓子処 一楽で購入したもう1品が、熱海が日本一の生産量を誇る「橙(だいだい)」のソースをかけた杏仁豆腐。

一楽でお土産に購入した、だいだいソースの杏仁豆腐

日本一のだいだいの郷、熱海。

その歴史は江戸時代末期から始まり、市内には樹齢100年を超える木も。

この隠れた名産を、蜜漬けにして風味豊かに整えたました。

一楽でお土産に購入した、だいだいソースの杏仁豆腐

熱海の特産品、生産量日本一を誇る「橙(だいだい)」のソースがかかった杏仁豆腐は少しだけ硬めの仕上がりです。

甘い杏仁豆腐に爽やかな橙ソースの組み合わせは、とても食べやすく美味しいです。ぺろりと完食してしまいました。(税込価格280円)

スポンサーリンク

熱海駅に近いので観光帰りに立ち寄りやすい

御菓子処 一楽では「珈琲ゼリー」や「だいだい杏仁」以外にも、「大納言ぜんざい」や「胡麻大福」といった和菓子を中心に、「一楽プリン」などのスイーツも含め豊富な種類の御菓子を販売しています。

熱海駅にとても近いので、旅行の帰り際にフラっと立ち寄りやすいのもポイント。入りやすい雰囲気のお店ですので、旅行や出張で熱海へ行かれた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

熱海駅前平和通り商店街の御菓子処 一楽 店舗情報
店舗名御菓子処 一楽(いちらく)
営業時間9:00~17:30
定休日不定休
アクセス熱海駅から徒歩2分
住所静岡県熱海市田原本町5-5 熱海駅前平和通り商店街内
ホームページ御菓子処 一楽 公式サイト

今回ご紹介した一楽以外にも、熱海にはたくさんの魅力があります。首都圏からのアクセスの良さ、温泉、グルメ、絶景スポットなど、おすすめポイントは盛り沢山!

1泊2日で十分に楽しめますので、気になる温泉宿を予約して是非訪れてみてください。
熱海の温泉旅館・ホテルを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください