多摩動物公園の入園料が無料になる日っていつ?混雑状況は?

多摩動物公園入園口

東京都が誇る動物公園といえば「上野動物園」。そして第2の上野動物園構想が持ちあがっていた中で誕生したのが「多摩動物公園」です。

東京都日野市にあるため交通アクセス面では上野動物園に劣りますが、広大な敷地の広さを活かして動物たちがより自由に動きまわる姿を見れるよう工夫されているのが特長。

そんな多摩動物公園では年に数回入園を無料解放している日があります。その日はどなたでもタダで入園することができ、多摩動物園内の動物たちを思う存分見てまわることができるんです。

スポンサーリンク

多摩動物公園の営業日や入園料、そして年3回の無料開園日

多摩動物公園の無料休憩所

多摩動物園の営業日や入園料金

多摩動物園の営業日や入園料は以下の通りです。

多摩動物公園の営業時間・休園日・入園料金
開園(営業)時間 9時30分~17時 ※最終入園は16時
休園日 ・水曜日(水曜日が祝日・振替休日・都民の日の場合は翌日)
・年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料金 ・一般600円
・65歳以上300円
・中学生200円
・小学生以下と、都内在住・在学の中学生は無料
住所 東京都日野市程久保7-1-1
交通アクセス 電車:京王線・多摩モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩1分
車:中央自動車道「国立府中IC」から約20分
駐車場 無し、正門周辺にコインパーキング等多数有り

※開園時間や休園日は変更される場合があります。事前に多摩動物公園 公式サイトで最新情報を確認してからいくことをオススメします

多摩動物公園が入場無料にしている日

多摩動物公園では以下の日を「無料公開日」として入園料金を無料にしています。

これらの日はどなたでも無料で入園することができます。ただし「みどりの日」と「開園記念日・こどもの日」は、ゴールデンウィーク中ということもあって、毎年大変混雑することが予想されます。

スポンサーリンク

多摩動物公園が無料開放している日の混雑状況

年3回の無料公開日のうちゴールデンウィークの2日間はさすがに混雑しています。特に5月5日は「こどもの日」の日ですので、お子様連れのファミリー客が多そうですね。

しかし混んでいても敷地の広さが特長の多摩動物公園は、上野動物園ほどの窮屈さは感じません。

それと上述の通り多摩動物公園ならそもそも日頃の入園料が安め。わざわざ「入園無料の日」を狙わず、他の日に行って少しでも混雑を避けたほうがより落ち着いて園内の動物を見てまわることができるでしょう。

多摩動物公園の特長は広大な敷地に無柵放養式展示されていること

多摩動物公園は敷地が広く、且つ多くの動物が「無柵放養式展示」されているので、動物たちが自由に動きまわる姿を見れる工夫がなされている動物園です。

多摩動物公園のアフリカゾウ

無柵放養式展示(むさくほうようしきてんじ)とは?

無柵放養式展示(むさくほうようしきてんじ)または、無柵放養方式、ハーゲンベック方式、パノラマ展示とは、カール・ハーゲンベックが開園したドイツのハーゲンベック動物園が始めた新しい展示方法。従来の檻や柵などの遮蔽物を使用した展示ではなく、生物を直接観賞出来るようにした展示のこと。堀(モート)を使用したモート式展示などがある。

各動物が密集していないので、休日でお客さんが多くても窮屈な感じをあまり受けません。

多摩動物公園の動物

多摩動物公園のユキヒョウ 多摩動物公園のオランウータン 多摩動物公園のオランウータン 多摩動物公園 多摩動物公園のツキノワグマ 多摩動物公園のトラ

オランウータンやユキヒョウ、アフリカゾウなど園内にいる動物たちの一部。アジア園・オーストラリア園・アフリカ園・昆虫園の全4エリアで300種類を超える動物が飼育されているとのことです。

広大な敷地は丘陵地で1周見てまわるのに時間がかかります

多摩動物公園は丘陵地帯

多摩動物公園の特長はただ広いだけでなく丘陵地帯にあること。園内歩道の多くはご覧のような坂道です。

多摩動物公園マップ

全エリアを見てまわるとそれだけで3時間程度はかかると思っておいてください。斜面が多い分、帰路につくころにはクタクタです。

歩き疲れてくる後半に上り坂が続くときついので、オススメの観光コースは最初にオオカミやユキヒョウを見ながら頂上のオランウータンエリアまで坂を登ってしまうこと。そうすると後半は下り坂のほうが割合増えるので気持ちはラクになると思います。

観光ルートに迷ったら多摩動物公園公式サイト内で紹介されているおすすめコースもご参考ください
多摩動物公園おすすめコース

動物園内にも食事処はあるがお弁当などを持参すると良い

多摩動物公園内には数ヶ所レストランがありますが、ファストフード中心で規模も小さめ。一方で園内には至る所にベンチがあってお弁当を食べることが可能です。

そこでランチはあえて多摩動物公園内のレストランではなく、お弁当などを持参して屋外で食べてみてはいかがでしょうか。持参したお弁当は屋外だけでなく、アフリカ園無料休憩所など園内の無料休憩所内でも食べることができるのでオススメです。

また多摩動物公園内のウォッチングセンター、昆虫園本館、コアラ下売店休憩所内、アフリカ園無料休憩所内の4ヵ所には授乳室が用意されています。ウォッチングセンター内とアフリカ園無料休憩所の授乳室には調乳用温水器が設置されているので、赤ちゃん用にミルクを作ることもできるのでご安心ください。

まとめ

年に3回、大人も子供も皆無料で入園できる多摩動物公園の無料公開日。お子様連れのファミリーなど複数名で入園される方には助かる特別日なのではないでしょうか。

しかしその分普段の週末以上に混雑しがち。よって少人数で行くようでしたら入園料金はかかりますが別日にズラして行ったほうが、ゆっくり落ち着いて動物園内を見てまわれるのでオススメです。

多摩動物公園は同じ東京都内の動物園でも「上野動物園」とは違った雰囲気・良さがあります。ぜひ一度行ってみてください。

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
多摩動物公園入園口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください