小腹がすいたらコレ!プロテイン配合の「inバープロテイン(森永製菓)」がおすすめ。

記事タイトルとURLをコピーする

小腹を満たしてくれる食べ物として僕が重宝しているのが、森永製菓の「inバープロテイン」シリーズ。おやつ感覚で食べることができ、プロテイン(タンパク質)も補給できる優れもの。

スポンサーリンク

小腹がすいたら、inバープロテインがおすすめ

森永製菓のinバープロテインはお菓子感覚でプロテインを摂取できる商品です。

「プロテイン」というと不味い印象があったりしますが、この商品は全然そんなことありません

味は全部で6種類!

森永製菓のinバープロテインシリーズ6種類

プロテインバーの味は全部で6種類あります。

  • ベイクドチョコ(焼きチョコタイプ)
  • ベイクドビター(焼きチョコタイプ)
  • ウェファーナッツ(食べ応えのあるウェファースタイプ)
  • ウェファーバニラ(食べ応えのあるウェファースタイプ)
  • グラノーラ(高タンパク低脂肪のグラノーラバー)
  • グラノーラ ココア味(高タンパク低脂肪のココア味グラノーラバー)

好みもあると思いますが個人的なおすすめは「ベイクドチョコ」と「ベイクドビター」の2種類。

焼きチョコタイプで、おいしく食べやすいですし夏場でも溶けません。。コンビニ等で何か適当なお菓子代わりに選んでも満足できる仕上がりです。

持ち歩きしやすいサイズ

プロテインバーは持ち歩きしやすいサイズです。約15cm×3.5cm×1.5cmなので鞄の中でかさばるようなことはありません。例えばオフィス内で小腹がすいた時に備えて常備しておくこともできるでしょう。

プロテイン(タンパク質)10g配合

「inバープロテイン」は3種類ともプロテイン(タンパク質)が10g配合されています。吸収されやすい「ホエイたんぱく」と時間をかけて吸収される「大豆たんぱく」が配合されているそうです。プロテインをとても手軽に摂取できるため、トレーニング(筋トレ)している方には非常にありがたい存在ですね。

腹持ちがいい

食べてみるとわかりますが、どの味も腹持ちがいいです。これも間食に適している理由として大きいと思います。なかなか食事を取ることができそうにないときに頼りになります。

スポンサーリンク

主な栄養成分と原材料

inバープロテイン ベイクドチョコ味を例に、主な栄養成分と原材料をご紹介します。

主な栄養成分(1本あたり)
エネルギー155kcal / タンパク質10.4g / 脂質8.5g / 炭水化物12.6g / 糖質5.9g / 食物繊維6.7g
原材料名
食物繊維(イヌリン)、ホエイたんぱく(乳成分を含む)、ココアパウダー、植物油脂、大豆たんぱく、カゼインカルシウム、ショートニング、大豆パフ、マーガリン、脱脂大豆粉、アーモンド、カカオマス、果糖/ソルビトール、グリセリン、乳化剤、トレハロース、香料、膨脹剤、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12
スポンサーリンク

まとめ

以上の理由から、小腹がすいた時には森永製菓のプロテインバー「inバープロテイン」をおすすめしています。とくに筋肥大やダイエットなどの理由でトレーニング(筋トレ)している方の間食におすすめです。

もちろんもっと適した食べ物もあると思いますが、間食でお菓子を食べてしまうならコレを食べたほうが良いと思います。

ちなみにこのプロテインバーは、コンビニやドラッグストア、もちろんAmazonでも購入可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE