【レビュー】iPhoneに充電器とイヤホンを同時接続!Belkin(ベルキン)の二股アダプターが便利。

Belkinの二股アダプター「Lightning Audio + Charge RockStar」でiPhoneに充電器とイヤホンを同時接続

この記事のURLをコピーする

iPhoneは、iPhone 7/7 Plus以降すべてのモデルでヘッドホン端子を廃止しています。このモデルでは、充電するのも音楽を聴くのもすべてLightning(ライトニング)ケーブルで行うため、充電しながらイヤホンを繋いで音楽を聴くことができません。(物理的に不可能)

以前「iPhone 7/7 Plusのヘッドホン端子廃止は使ってみれば影響なし!」という記事でも書きましたが、移動中にちょこっと音楽を聴く程度でしたら充電しながらイヤホンを繋ぐ機会は少ないので、充電器とイヤホンを同時に接続する場面は一般的にそう多くないのかもしれません。

しかし、自宅やカフェで何か作業しながらBGMを聴くのに長時間イヤホンを使うシーンでは、バッテリーが持ちませんしiPhoneの充電が必要になることもあることもありますよね。

当記事で紹介するBelkin(ベルキン)の「Lightning Audio + Charge RockStar」は、まさにそんな問題を解消するための便利な二股アダプーです。

当記事では、このLightning Audio + Charge RockStarについて詳しくレビューしていきます。iPhoneに充電器とイヤホンを同時接続したい方はぜひお読みください。

スポンサーリンク

充電しながらイヤホンが使える二股アダプター「Belkin Lightning Audio + Charge RockStar」

Belkin Lightning Audio + Charge RockStar パッケージ

BelkinのLightning Audio + Charge RockStarとは、オーディオ+チャージという名前の通りiPhoneのライトニング端子に充電器でイヤホンを同時に接続できる変換アダプターのこと。iPhoneやiPadに対応するMFi認証製です。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStar 同梱品

アダプター本体の他、取扱説明書が同梱されています。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarがあればiPhoneで充電とイヤホンを同時に接続できる

取扱説明書のイラストにもわかりやすく書かれていますが、Belkin Lightning Audio + Charge RockStarが対応しているのは「充電 + イヤホン」のみ。「充電器 + 充電器」、「イヤホン + イヤホン」、「充電(イヤホン) + MacBookなどパソコンとの同期」という使い方には対応していません。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarはiPhone7より一回り小さくてコンパクト

変換アダプターのサイズは高さ約114mm×幅約35mm×厚さ約9mm、iPhone7より一回りコンパクトです。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarの先端はライトニングコネクタ

アダプターの先端は当然ですがライトニングコネクタ。ここにiPhoneやiPadを接続します。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarの受口はライトニング端子2個

反対側の受口には、ライトニング端子が2口並んでいます。ここに充電器とイヤホンをそれぞれ繋ぎ、iPhoneで充電しながらイヤホンで音楽を聴くことができるようになります。

なお同メーカーの類似製品には「Belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar」という受口がオーディオ端子とライトニング端子の2口になっている二股アダプターもあります。

スポンサーリンク

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarでiPhoneに充電器とイヤホンを同時接続

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarはiPhone7より一回り小さくてコンパクト

iPhoneに充電器とイヤホンを接続してみます。(今回は電源アダプター代わりにMacBook Airを接続)

Belkin Lightning Audio + Charge RockStarはiPhoneとiPadに対応

まずはiPhoneへ接続。

ライトニング端子1つのiPhoneもBelkinの二股アダプターがあれば充電器とイヤホンを同時に接続できる

続いて反対側へ、充電器とイヤホンを接続します。なお2口あるライトニング端子には、どちらにイヤホン/充電器を繋いでもokです。

Belkinの二股アダプター「Lightning Audio + Charge RockStar」でiPhoneに充電器とイヤホンを同時接続

接続完了しました。このようにBelkinの二股アダプターを使って接続すれば、iPhoneで充電しながらイヤホンで音楽を聴くことができるようになります。

使用前はiPhoneが変換アダプターやケーブルでゴチャゴチャするんじゃないかという懸念もありましたが、使ってみると案外平気ですね。長めのケーブルと繋ぐ時も画像のようにまとめておけば2本同時に繋いでもスッキリします。

参考までに、今回iPhoneとMacBook Airの接続に使用しているライトニングケーブルは「Anker PowerLine Lightning」です。このケーブルはコネクタ部分がしっかりしているのと付属の結束バンドが使いやすくて気に入っています。

スポンサーリンク

ベルキンの二股アダプターは便利で持ち運びしやすい

Belkinの二股アダプター「Lightning Audio + Charge RockStar」でiPhoneに充電器とイヤホンを同時接続

今回iPhone7に充電器(MacBook Air)とイヤホンを同時に接続してみましたが、Belkinの「Lightning Audio + Charge RockStar」が思っていたよりもコンパクトで軽く、使いやすかったです。このサイズなら持ち運びも不自由しませんし、移動中に同時接続していても邪魔にならないのでいいですね。

そもそも充電器とイヤホンをiPhoneに同時接続しない方には不要な周辺機器ですが、今後もiPhoneにヘッドホン端子が搭載されることはなさそうですし、iPhoneで充電器とイヤホンを同時に繋ぎたい方には必須アイテムといえそうです。

Belkin(ベルキン)製の二股アダプターには、当記事でご紹介した「Lightning Audio + Charge RockStar」のほかに、「3.5mm Audio+Charge RockStarというオーディオ端子とライトニング端子の2口にわかれる変換アダプターもあります。あわせてチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください