千葉市動物公園の入園料金が無料の日はいつ?園内の混雑状況は?

千葉市動物公園の入園料金が無料の日はいつ?混雑状況は?

1985年に開園し、二本足で立つ姿が有名なレッサーパンダ「風太(ふうた)」でもお馴染みの千葉市動物公園(ちばしどうぶつこうえん)。

そんな千葉市動物公園では、不定期ながら動物園への入園料金を無料で解放します。当日はどなたでもタダで入園でき、動物園内の動物たちを思う存分に見てまわることができるんです。

当記事では、そんな千葉市動物公園の無料開放日や、その他割引チケットに関する情報など詳細をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

千葉市動物公園が入園料金を無料開放している日

千葉市動物公園が無料開放している日は不定期です。「毎年何日に行けばタダ」と決まっているわけではありません。

しかし過去の記録では、動物園の「開園記念日」や、千葉市の「市民の日」である10月18日付近に無料開放している傾向があります。

過去に千葉市動物公園が入場無料だった日

過去に千葉市動物公園が入園料金を無料にした日を遡って確認してみました。

  • 2018年:10月18日、20日〜21日
  • 2017年:4月28日、8月23日、10月14日、15日
  • 2016年:10月14日〜16日、18日
  • 2015年:4月28日、10月16日〜18日
  • 2014年:4月28日、10月17日〜19日

いずれも年齢や千葉市民かどうかを問わず、誰でも無料で入園できる無料開放日。

ご覧の通り、千葉市動物公園の開園記念日である4月28日と、千葉市民の日である10月18日付近に無料開放しています。ただし開園記念日については無料開放していない年もありますし、市民の日に付近については日付が異なるので要注意。

今後の無料開放日については、千葉市動物公園のツイッター公式アカウント千葉市のHPなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク

千葉市動物公園が無料開放している日の様子


過去の無料開放日入園者数は年によってバラツキがあるものの、1日あたり数千人規模の来園人数。ちなみに2018年は、速報値で10月20日が7,171人、21日が9,299人だったようです。

確かに混雑していますが、上野動物園に比べれば人数は少なく落ち着いて動物を見てまわれるのではないでしょうか。(参考:2017年10月の来園者数、千葉市動物公園58,584人、上野動物園340,955人)

無料開放日以外の一般料金・営業時間・割引チケット情報

千葉市動物公園の一般料金・営業時間

千葉市動物公園の通常料金や営業時間は以下の通りです。

千葉市動物公園の営業時間・休園日・入園料金
開園(営業)時間9時30分から午後16時30分まで ※最終入園16時
休園日・毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
・年末年始(12月29日から1月1日)
入園料金・大人(高校生以上)700円
※中学生以下は無料
※65歳以上の方は住所・年齢の確認できるものを持参すると無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は持参すると無料(介護人も1名まで無料)
駐車場料金・普通車700円
・大型車(マイクロバス含む)2,800円
レンタル・ベビーカー1回250円
・車椅子無料
・電動車椅子1時間以内300円、以降30分につき150円
動物園住所264-0037千葉市若葉区源町280
交通アクセス千葉都市モノレール「動物公園駅」から徒歩1分

高校生以上が対象の一般料金は700円、そして中学生以下は無料という良心的な価格設定。子どもたちに限っていえば、無料開放日を狙わずともいつでもタダで入園できるんです。

千葉市動物公園の割引チケット

千葉市動物公園まで公共交通機関を使って行く方は、千葉都市モノレールのフリーきっぷ特典で入園料金が割引になります。

これらはいずれも千葉都市モノレール各駅で販売されており、乗車区間などによっては普通に切符を買うよりも乗車券代が安くなるだけでなく、以下のフリー特典が付いてきます。

千葉都市モノレールのフリーきっぷで千葉市動物公園の入園料金が割引

千葉市動物公園の場合、入園料金が大人(高校生以上)700円から560円に割引されます。このように、フリーきっぷはうまく活用できれば二重にお得な切符ですので、事前に千葉都市モノレールHPで内容を確認しておくことをオススメします。

千葉市動物公園の様子

ここからは千葉市動物公園に行ったことがない方向けに、園内の様子をお届けします。

千葉市動物公園の駐車場は普通車700円

車で行くなら敷地内の駐車場に1日700園で駐車可能。電車で行くなら千葉都市モノレールで「動物公園駅」で下車して歩いて1分です。

千葉市動物公園のチケット売り場

入園ゲート脇にあるチケット売り場で入園券を購入します。

千葉市動物公園の入園料金は大人一人700円

大人(高校生以上)一人700円、中学生以下はいつでも無料の良心的な価格設定。

千葉市動物公園のお土産品売り場

入園ゲート脇(ゲート外)にお土産品売り場があるので、万が一園内で買い物し忘れても安心です。

千葉市動物公園の西口ゲートより入園すると木々が並ぶ坂道

千葉市動物公園は大きな木々が並んでいるところが多く、夏に来ても建物の日陰では得られない涼しさ感じます。

千葉市動物公園の西口ゲートより入園すると木々が並んでいる坂道

坂道を登り切った先には小動物ゾーンがありますので頑張って登りましょう。

千葉市動物公園の小動物ゾーンでレッサーパンダをみる

小動物ゾーンでは千葉市動物公園の名物のひとつレッサーパンダがお出迎え。

千葉市動物公園といえばレッサーパンダ風太(ふうた)

千葉市動物公園のレッサーパンダといえば、二本足で立つ姿が有名な「風太(ふうた)」。今年で満15歳だそう。

大きな木々が並んでいて木陰が気持ちいい

千葉市動物公園はこうして大きな木々が並んでいるところが多く、歩いているだけでも気持ちいいんですよね。

夏には噴水で水遊びしている子どもたち

夏に訪れると噴水で水遊びしている子どもたちの姿も見かけます。

千葉市動物公園のレストランで昼食

千葉市動物公園では屋外のベンチに座って持参した弁当を広げているご家族も見かけますし、現地には「森のレストラン」をはじめ、他にも軽食を販売しているショップがあります。

レッサーパンダ「風太(ふうた)」の満15歳を記念したメニュー

森のレストランでレッサーパンダ「風太(ふうた)」満15歳を記念したメニューが販売されていたので記念に注文。

千葉市動物公園内マップ

昼食後は、昼食後は腹ごなしに園内を一周しました。

千葉市動物公園のモンキーゾーンにいるゴリラ 千葉市動物公園のライオン展示場 千葉市動物公園の草原ゾーンにいる象 千葉市動物公園の草原ゾーンにいるキリン

4,5時間あればサッと1周できる広さでちょうど良いです。週末でものんびり歩ける程度の混雑なので、自分たちのペースでまわりやすく、子連れのファミリーも過ごしやすいのではないでしょうか。

まとめ

年に数日、開園記念日や千葉市民の日付近に無料解放される千葉市動物公園。千葉市民問わず無料で入園できるので、今後行く予定があればお得に入園できるこの日を狙ってみてはいかがでしょうか。

しかし千葉市動物公園は元々中学生以下は無料で入園できますし、高校生以上の一般料金も700円と良心的。できる限り混雑していない日を求めるならば、無料開放日を外して行ったほうが間違いなさそうです。

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
千葉市動物公園の入園料金が無料の日はいつ?混雑状況は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください