【iPhoneケース】Spigenウルトラハイブリッド|透明感・保護性能・持ちやすさのバランスが良い

【iPhoneケース】Spigenウルトラハイブリッド|透明感・グリップ力・保護性能のバランスが良さがオススメ

Spigen(シュピゲン)製iPhone XSケース「ウルトラハイブリッド」をiPhone XS用に購入したのでご紹介します。

結論から言うと、透明のiPhoneケースをお探しの方、シンプルでスリムなデザインなんだけど保護性能もしっかりしているiPhoneケースをお探しの方には特にオススメです!

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Spigen製iPhoneケース「ウルトラハイブリッド クリスタルクリア」を購入

iPhoneを買った時の楽しみの1つがスマホケース選び。これまでにも新しいiPhoneを購入するたび、色々なケースを使ってきました。

なかでも僕が毎回購入しているのが透明ケース。とくに今回ご紹介するiPhoneケースのメーカー「Spigen(シュピゲン)」は、ここ数年必ず購入しているような気がします。

Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド クリスタルクリア」を購入

こちらがSpigen製iPhone XS/Xケース 「ウルトラハイブリッド」。購入カラーは無色透明の「クリスタルクリア」ですが、他に「マットブラック」「ローズクリスタル」と3色展開されています。

Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド クリスタルクリア」を購入

iPhone XS予約完了と同日に注文を済ませていたのでiPhone XS発売日よりも前に自宅に到着。

iPhone Xも所有しているのですぐに試してみたかったのですが、新品未開封の状態でiPhoneと並べたり装着したいと思い、iPhone XS発売初日まで我慢。

Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド クリスタルクリア」を開封レビュー

なぜ僕がSpigen(シュピゲン)製のiPhoneケースをリピート購入しているかというと、製品品質が良いことはもちろんですが、梱包状態の良さも理由の1つ。箱から取り出すと、透明なビニールに入った状態のiPhoneケースが姿を見せます。

Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド」には傷防止のために保護シートが貼られている

ビニールからiPhoneケースを取り出します。Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド」には、傷防止のため内側・外側に保護シートが貼られています。

Spigen製iPhoneXSケース「ウルトラハイブリッド 」には傷防止のために保護シートが貼られている

キレイに貼られているものの、両側とも指で剥がせるようになっています。このような部分から、非常に丁寧で、且つ品質へのこだわりを感じます。

Spigen製「ウルトラハイブリッド  クリスタルクリア」は無色透明のiPhoneケース

ビニールや保護シールまで貼られているだけあって、劣化のないキレイなiPhoneケースがお目見え。無色透明で透き通るケースは「クリスタルクリア」というカラーネームがぴったり。

スポンサーリンク

iPhoneXSに綺麗にフィット!透明ケースは本体カラーを楽しめる

無色透明ケースの良さはやっぱりiPhone本体の持つ美しさやカラーリングを楽しめること。

iPhone本来のカラーを楽しめるSpigenウルトラハイブリッド

「Spigenウルトラハイブリッド クリスタルクリア」を「iPhone XS シルバー」に装着します。

iPhone本来のカラーを楽しめるSpigenウルトラハイブリッド

クリアで無色透明、且つゴツくないスリムデザインのiPhoneケースですから、装着してもiPhone本体のカラーをしっかり楽しめます。

【iPhoneケース】Spigenウルトラハイブリッドは音量ボタンはケースで覆われている

音量ボタンは上下ともSpigenウルトラハイブリッドで覆われる形状。画像ではわかりにくいですが、ボタンを押しやすいように切り込みが入っています。消音スイッチまわりの凹みもスペースに余裕があるので男性の指でも切り替えできます。

【iPhoneケース】Spigenウルトラハイブリッドはサイドボタンはケースで覆う形状

反対側にあるサイドボタンも音量ボタン同様ケースで覆う形状になっており、ボタンも押しやすい切り込み入り。

【iPhoneケース】SpigenウルトラハイブリッドLightning端子部分は大きめに開いている

iPhone下部のスピーカーやLightning(ライトニング)端子部分。端子接続に支障がないようスペースに余裕があります。

透明ケースはiPhone本体カラーやデザインを楽しめる

このようにiPhone本体のカラーやデザインの美しさを楽しめるのが透明ケース1番の良さですよね。

Spigenウルトラハイブリッドはスリムなボディにしっかりとした保護性能が備わっている

ただの透明なiPhoneケースでしたら数多く存在します。そんな中僕がSpigen製ウルトラハイブリッドをオススメする理由は、スリムなデザインにしっかりとした保護性能を備えているからです。

Spigenウルトラハイブリッドはケースのフチがディスプレイより高さがあるので画面を保護してくれる形状

例えばディスプレイ面。よく見ていただくと、ケースのフチがiPhoneの画面よりも若干高くなっています。

この絶妙な差が、iPhoneの画面を下向きに置いたり落下してしまった時に、ディスプレイが他の何かと接触するリスクを軽減してくれます。

Spigenウルトラハイブリッドはケースのフチがカメラより高さがあるので保護してくれる

iPhone背面カメラ部分も同様。本体から出っ張った背面カメラよりもケースのフチのほうが高いので、落としてもカメラを直接何かにぶつけてしまうリスクを軽減してくれます。

SpigenウルトラハイブリッドはエアクッションでiPhoneの角を保護

Spigenウルトラハイブリッドは他にもiPhoneを保護するための工夫がなされています。上の画像をよくご覧いただくと、角の部分にエアクッションテクノロジーという落下時の衝撃を吸収するためのものがケース四隅に施されていることがわかります。

Spigenウルトラハイブリッドは程よく滑りにくいTPU素材でグリップ感が良い

素材も程よく滑りにくいTPU素材でグリップ感が生まれ持ちやすい。サラサラしているiPhone本体、そして全く滑らないシリコン素材のちょうど中間で持ちやすく、iPhoneを落としにくくなります。これならカバンやポケットからスムーズに取り出せますし、慌てていてもiPhoneを落としてしまうことも減るのではないかと感じています。

以上のように、Spigenウルトラハイブリッドには装着したiPhoneを守るためのしっかりとした保護性能が備わっています。ただ薄さだけを追求すれば他にも透明ケースはありますが、こうしたケースとしての役割をしっかり果たしてくれるのはSpigenウルトラハイブリッドならでは。

まとめ|Spigenウルトラハイブリッドは透明感・保護性能・持ちやすさのバランスが良いケース

iPhone XS用に購入した「Spigenウルトラハイブリッド クリスタルクリア」の特徴をあらためてまとめると以下の通り。

薄型軽量でサラサラしているiPhone XSのボディはとても美しく嬉しい反面、ふとした瞬間に落としやすいリスクもあります。

しかし「Spigenウルトラハイブリッド」を装着すれば持ちやすく落としにくくなり、万が一落とした際の保護性能も備わっています。購入直後でiPhone本体の美しさを堪能したい欲求も透明ケースなら満たしてくれるので、購入後1番はじめに装着するケースとして非常にバランスの良いケースだと感じています。

TPU素材のため1年も使い続けると黄ばんでくるでしょうけれど、2,000円程度で購入できるので買い替えもそこまで負担が大きくないところもポイント。

とことん「透明」と「薄さ」にこだわるのであれば、TPU素材ではなくハードな素材のケースのほうが良いかもしれません。Spigenウルトラハイブリッドは確かに透き通るクリアなケースですが、極端に薄いケースではないからです。

しかしその分Spigenウルトラハイブリッドは、iPhoneを保護する衝撃への強さを持っています。

大切なiPhoneをできれば長く綺麗な状態で使いのは皆同じだと思います。だから僕は、薄いだけのハードケースではなく、保護性能を誇るSpigenウルトラハイブリッドをオススメします。

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
【iPhoneケース】Spigenウルトラハイブリッド|透明感・グリップ力・保護性能のバランスが良さがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください