スポンサーリンク

ドリンクタイプのプロテイン「DNS Pro-X(プロエックス)」は持ち運び用にオススメ!

持ち歩き用におすすめのプロテインは、やはりドリンクタイプに限ります。以前に紹介したバルクスポーツの「ビッグホエイRTD」もまさにドリンクタイプですね。

プロテインBARのあるジムなら不要かもしれませんが、プロテインを摂る場合、プロテイン(粉末)やシェイカーを持参し、水などに溶かして飲まなくてはなりません。プロテインを摂るだけなのに何かと手間がかかります。

僕はこの行為がとても面倒に感じ、いつも簡単に飲めるドリンクタイプのプロテインを購入しています。

スポンサーリンク

持ち運びしやすい「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズ!

今回紹介するドリンクタイプのプロテインは、「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズです。

DNS Pro-X(プロエックス)基本情報
サイズ 350ml
風味 アップル・マンゴー
プロテイン量 ホエイプロテイン約30g

ご覧の通り、「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズは、ペットボトルに入ったドリンクタイプのプロテインです。

IMG_2133

オススメ理由は、とにかく持ち運び便利で手軽に飲めること!350mlペットボトルのため持ち運びしやすく、そしてフタを開けたらそのまま飲めます。

粉末のプロテインやシェイカーを持ち歩く必要なく、水に溶かしたりといった手間もかかりません。トレーニング後すぐにタンパク質を摂取することができます。

味はアップル風味とマンゴー風味の2種類ありますが、いずれも無果汁なので「それっぽい味付け」程度にお考えください。どちらも後味にちょっとクセはありますが、個人的にアップル風味のほうが飲みやすいです。

IMG_2138
アップル風味のラベルを剥がしてみるとこんな感じ。普通のアップルジュースと見た目は変わりません。

ホエイプロテイン(タンパク質)を約30g摂取可能!

IMG_2135

「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズは持ち運びしやすいだけではありません。これ1本でホエイプロテインを約30g摂取することが可能です。

いくらお手軽とはいえ、プロテイン(タンパク質)が摂れなければ意味がありませんね。350mlのペットボトル1本で約30g摂取することができる「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズはとても有能だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ドリンクタイプの「DNS Pro-X(プロエックス)」シリーズは、持ち運びしやすく手間いらずのプロテイン。粉末タイプと比べると若干割高ではありますが、これらメリットを考慮すれば決して高くありません。

まさに効率を求める方にはオススメのプロテイン。多少クセはありますが、気になった方はぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。