低音の効いたサウンドとフィット感がたまらない!BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

これまで僕は、いくつかのイヤホン・ヘッドホンをシーンに合わせて使い分ける生活を続けてきました。

  • 音質や遮音性にこだわりたい時に使うモノ
  • 仕事中に使うモノ
  • ジムでの運動用に使うモノ

イヤホンやヘッドホンは音質・付加機能・価格まで製品毎にバラバラです。それぞれ特長があるので、その時の用途に合わせて使い分けるのが、僕なりにベストな選択だったのでそうしてきました。

しかしそんな生活も、先日出会ったイヤホンをキッカケに終わりを迎え、今ではいつでもどこでもそのイヤホンを使い続けています。

低音の効いた臨場感あるサウンド、そして耳に装着している時のフィット感、これらがたまらなく良いBOSE(ボーズ)のワイヤレスイヤホンをご紹介します。

スポンサーリンク

BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」の特長

今回ご紹介するのは、BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」です。

フラッシュセール型の通販サイト「GILT(ギルト)」にてBOSE製品が割引されているのを発見し、別売品の充電ケース「SoundSport charging case」とセットで安くなっていたので買ってみました。

BOSE SoundSport Pulseスペック

まずは製品の特長を簡単にご紹介します。

BOSE SoundSport Pulseスペック
製品名SoundSport Pulse wireless headphones
連続使用時間約5時間
重さ23g
ワイヤレス通信Bluetooth(ブルートゥース)対応
ワイヤレス通信距離最大9m
防滴性能有り
心拍数センサー搭載
充電方法Micro USBケーブル
充電時間約2時間
通話可能(マイク付きリモコン有り)
付属品イヤーピース3種・充電用USB-MicroUSBケーブル・キャリングケース

BOSEの「SoundSport Pulse」は心拍数センサーを搭載したスポーツ(エクササイズ)向けのワイヤレスイヤホンです。ジムでのトレーニング、ランニング(ジョギング)中に良さそうだったので購入しました。

BOSE SoundSport Pulse開封レビュー

BOSEワイヤレスイヤホンと充電ケースセット

GILT(ギルト)では別売品の充電ケース「SoundSport charging case」とのセットでセール販売されていたところ発見。

BOSEワイヤレスイヤホンと充電ケースセット

さっそく開封していきます!

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

まずはワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」から。外箱をズラすと真っ黒な入れ物が出てきます。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

三つ折りのようになっているので開くと、商品解説文とともに本体の姿。しっかりと固定されているので、丁寧に取り出していきます。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones付属品一式

BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」には本体の他、サイズ違いのイヤーピース、充電用USB-MicroUSBケーブル、説明書が同梱されています。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

カラーはブラック×レッドの1色展開。思っていたよりもレッドが朱色のような明るめの赤でしたが、アクセントが効いててカッコイイ。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

イヤホン右耳側のハウジング(耳の外側)上部は電源/Bluetoothボタン。音が鳴るまで押し続けて電源を入れてスマホ等とのペアリングモードになります。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphonesリモコン

ヘッドホンの下にはマイク付きリモコンが付いてます。3つのボタンは音量アップと音量ダウン、そして真ん中にはマルチファンクションボタンを搭載。

メディア再生関連の操作方法は以下の通りです。

メディア再生関連のリモコン操作方法
再生/一時停止「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを押す
トラック送り「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを素早く2回押す
トラック戻し「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを素早く3回押す
早送り「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを素早く2回押し、2回目は長押し
巻き戻し「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを素早く3回押し、3回目は長押し
音量アップ「+」ボタンを押す
音量ダウン「-」ボタンを押す

マルチファンクションボタンの使い方がポイント。慣れるまではごっちゃになったり忘れたりするかもしれませんが、都度確認していればすぐに覚えます。

またあわせてこのリモコンはマイク付きなので、電話応答も可能です。電話応答時もリモコンを使って色々と操作ができるので後ほどあらためてまとめます。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones充電

充電する時は付属のケーブルを右耳側に付いているMicro USB端子へ接続。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones充電ランプ

充電状況は同じく右耳側に搭載しているLEDランプで判別可能です。赤点灯は充電中、十分に充電されると緑点灯に変わります。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphonesキャリングケース

イヤホンを持ち運ぶ際は付属のキャリングケースに収納すると安全。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphonesキャリングケース

ケースはカラビナ付きなのでバッグなどにしっかりと付けておけば紛失の心配もありません。

別売品BOSE SoundSport charging case開封レビュー

BOSE充電ケース

BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」と同時購入した充電ケース「SoundSport charging case」も開封します。

BOSE充電ケース

ハード素材のケースの中はイヤホン収納スペースとMicro USBコネクタが搭載。本ケースはイヤホンをただ収納するだけでなく、内蔵バッテリーで充電ができるケースです。

BOSE充電ケース

充電ケース外側にあるMicro USB端子とパソコンなどをUSB接続して内蔵バッテリーを充電することが可能。充電中はランプが赤点灯します。

BOSE充電ケース

ケースに収納したイヤホンを充電している時はお隣のランプが赤点灯します。ハード素材なのでバッグにそのまま入れてもイヤホンをしっかりと守ることができそうですし、持ち運びしながら充電までしてくれる優れものケースなんです。

価格はメーカー公式価格で7,560円のところ、GILTのセット販売によるセール価格で30%引きで購入することができました。

スポンサーリンク

BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」のチェックポイント!

低音の効いた臨場感ある音質の良さ

「SoundSport Pulse」はBOSEらしさを感じる低音の効いた臨場感ある音質を味わうことができます。

ワイヤレスイヤホンであることを感じさせず低音だけでなく高温までしっかりと鳴っていて、全体的にはマイルドな音質です。

遮音性も中々良いので、周辺の音も気になりません。

耳に装着した時のフィット感がたまらない。ジムで走っても安定。

ジムなどで体を動かす時に使うイヤホンで最も大切なのが装着感。BOSEの「SoundSport Pulse」は柔らかい素材のイヤーピースで、耳穴に入れる部分から耳の内側にあてるイヤーフック部分まで全体の装着感がとても良いです。

耳への装着もすごく簡単で片手でラクラク付けることができますし、装着後は走ってもズレたりせず安定しています。

耳に掛けるタイプのイヤホンでもないのにここまで安定して装着できるとは思っておらず、期待以上のフィット感を体験することができました。

防滴性能でジムで汗をかいても安心

運動しながらイヤホンで音楽を聴くなら防水もしくは防滴性能も必須!

残念ながら「IPX●」のような具体的な等級は公表されていませんが、BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」には防滴性能が備わっています。

ジムでのトレーニングやトレッドミルでどれだけ汗をかいても安心です。

※ちなみにメーカー公式サイトには、「汗や雨、水しぶきなどを防ぐことができるように設計されています。ただし水には浸さないでください。」と書かれています。

内蔵センサーで心拍数を計測。ランニングアプリと連携して便利。

BOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」には心拍数センサーが内蔵されています。

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones心拍数センサー

イヤホンと対応するランニングアプリを用いることで、走行距離や時間に加えて心拍数を計測。これで運動量をより最適化することができるようになります。

電話応答に関するリモコン操作のメニューが豊富にある

メディア再生時のリモコン操作方法については上述の通りですが、本機は電話応答時のリモコン操作も色々と可能です。

電話応答関連のリモコン操作方法
電話応答「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを押す
電話を切る「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを押す
着信を拒否「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを1秒間押す
キャッチホンに出て現在の通話を保留にする通話中に「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを1回押す
キャッチホンを拒否し現在の通話を続ける通話中に「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを1秒間押す
2つの通話を切り替える2つの通話を保持した状態で「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを2回押す
電話会議を行う2つの通話を保持した状態で「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを1秒間押す
音声制御(コントロール)を起動する通話していない状態で「Multi-function(マルチファンクション)」ボタンを1秒間押す
通話をミュート/ミュート解除する通話中に「+」「-」を同時に押す

全部覚えるのは大変なので応答/切断とミュートぐらいを覚えておけば、両手が空いていなくとも電話に出ることができるようになります。

デメリットは価格が高め

ここまでBOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」を選んだ場合のメリット・オススメポイントばかり紹介してきましたが、反対にデメリットは今のところ思い浮かびません。

しいて言うなら「値段がちょっと高め」であるとこ。メーカー公式サイトの販売価格では23,760円(税込)になっています。(2018年3月現在)

ただし実際に使ってみれば、品質の高さによる満足度から値段も納得することができます。

まとめ

BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

このような特長を持つBOSEの「SoundSport Pulse」はスポーツ(エクササイズ)向けのワイヤレスイヤホンですが、音質や装着時のフィット感が抜群に良くて普段使いにもオススメです。

今まで僕は普段用・ジム用とイヤホンを使い分けていましたが、結構クセになる使い心地の良さがあって、今ではいつでもBOSEの「SoundSport Pulse」ばかり使っています。

現在メインで使用中のワイヤレスイヤホンをお持ちの方も、ジム用にサブイヤホンをお探しの方も、検討してみてはいかがでしょうか。オススメです!

あわせてBOSEの別売品「SoundSport charging case」が購入しておくと、持ち運びも安全で便利です。

セールを狙うなら!

ちょっとお値段の高いBOSEワイヤレスイヤホン「SoundSport Pulse」も、僕はフラッシュセール型の通販サイト「GILT(ギルト)」で約30%オフで購入することができました。GILTについてはこちらで詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
BOSE SoundSport Pulse wireless headphones

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください