スポンサーリンク

リゾート感溢れる沖縄旅行にオススメ!ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルに泊まってきた。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの外観

沖縄本島の中央部西海岸にある恩納村(おんなそん)は、沖縄でも有数のリゾートエリア。海岸に沿って走る国道58号線沿いには、多くの大型リゾートホテルが立ち並んでいます。

沖縄のキレイな海。充実したリゾートホテルの設備やサービス。これらを目当てに、国内外から多くの観光客が訪れています。

そんな恩納村でも、半島上に位置する絶好のロケーションや、豊富なマリンメニューで有名なホテルがANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。先日沖縄へ行った際に2日間利用し、ホテルのサービスから周辺施設の観光まで満足に過ごすことができました。

今回はそんな「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の魅力をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

目次

那覇空港から車で1時間。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートへ。

恩納村の半島に位置する絶好のロケーション

沖縄本島の中央西海岸にある恩納村(おんなそん)。今回宿泊したホテル「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」は、その半島上に位置しています。

半島の先端にあるためホテルの周りはもちろん海。リゾート感溢れる絶好のロケーションが特長のひとつです。

チェックイン時の駐車はバレーパーキング方式。エントランス前に停車しよう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの入口

※夜に撮影した入口

那覇空港近くでレンタカーを借り、高速道路(沖縄自動車道)を利用すれば約1時間で到着。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエントランス

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはチェックイン時のみバレーパーキング方式。ホテルに到着したら敷地内の駐車場をスルーし、エントランス正面で停車しましょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエントランス

荷物を降ろして車のキーを係に渡せば代わりに駐車してくれます。その際に受け取る引換券は出発時に使います。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの駐車場

チェックイン以降の駐車はご自身で駐車場に停めます。

ただし敷地が広くホテルまで歩くと距離があります。画像奥に映っているシャトルカーの停留所からホテルに電話をかけることができるので、迎えにきてもらうのがオススメ。

スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内や部屋の様子

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの外観

※プール側からの一枚

フロントでチェックイン。南国のリゾート感満載のロビー

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内は、青と白を基調にしたリゾート感漂うホテルです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのフロント

それはフロントも同様で、ブルーのライトが雰囲気を醸し出しています。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの内観

ホテルは最上階の9階まで吹き抜けになっている上、外のプールにも直結しているため、とても開放感があります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

フロント手前の階段を降りるとその先にはプール!直結しているのでラクにプールに入れます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

ロビービーチ側には貝殻デザインのソファが並んでいます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

色違いのソファやテーブルも。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

混雑していなかったのでスルーされがちなのかもしれませんが、目の前に万座ビーチや万座毛が見えるので個人的にオススメの場所。少し休憩させていただきました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエレベータホール

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエレベーターはも青と白を基調としていてオシャレ。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエレベータ

でも見る角度によってはどこが点灯しているのかわかりにくかったりと、このデザインに慣れない初日は扱いにくいです。(2泊もすればバッチリ)

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

上の階からロビーを見下ろしてみました。この開放感が気持ちい。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー

夜になるとライトアップされ、また違った雰囲気があります。

青と白を基調とする客室からも南国リゾート感を感じる

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは客室内も青と白を基調とするデザインです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

白のシーツ、青(エメラルドグリーン)のクッションのコントラストが素敵。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

窓際にはソファとテーブル。ここで海を眺めながらコーヒーやお酒を飲んでいる瞬間はまさに至福のひととき。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

横長のテーブルは飲み物や滞在中の荷物を置くにも広さ十分。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

お湯を沸かす電気ケトルやアメニティのミネラルウォーターです。電源コンセントも欲しい場所に設置されていているので、スマホやパソコン、デジカメといった機器の充電も安心して行うことができます。

設備と言えば仕事柄気になるのがインターネット回線。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートには、LANケーブルもしくはWiFi(無料)でインターネット接続可能です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでもLAN回線・又はWi-fiを用いた常時接続サービスがご利用いただけます(LANケーブルは客室に1本、PCはごお持ちください)。
ネットワーク設定から「InterContinental」を選択し、インターネットブラウザを起動させてください。
認証画面が表示されますので「Connect Me」をクリック。ホテルの公式ホームページが表示されるとインターネットへの接続が完了します。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

客室内の収納や金庫。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

洗面台。扉があるのでベッドルーム側と仕切ることもできます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

清潔感のあるバスルーム。ホテル内には大浴場もありますが、海やプール帰りにさっとシャワーを浴びたい時はこちらを使用。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

海やプールに入る時にあると嬉しいのコレ!洗濯バサミと紐。

海やプールに何度も入ると室内干しじゃ乾かないこともありますが、こうやって屋外に干せるとあっという間に乾きます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートから見える絶景

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、大きく方角の違いから万座毛/ビーチ側、東シナ海側、海が見えにくい側と客室を分けることができます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートから見える万座ビーチ

今回宿泊したのは万座毛/ビーチ側。エメラルドグリーンの万座ビーチを眺めることができます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートから見える海とプール

真下を見下ろすとホテルサイドのプール、海の向こうには有名な観光スポット万座毛が見えます。

夏は日が沈むまで遊ぶ子供とそれを見守る親の姿。とても楽しそうです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートから見える夕日

半島の先端に位置するANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートだからこそ、何も邪魔をするものがなく綺麗な夕日を眺めることができる。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの花火

偶然にもこの日ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは花火が打ち上げされました。時間は5分ほどですが、打ち上げ花火を目の前で見ることができ、夏の思い出をまたひとつ作ることができました。

エメラルドグリーンの海、ロビー直結のプール、豊富なマリンアクティビティまで楽しめる

部屋から眺める沖縄の海もいいですが、せっかくANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに泊まるなら、ビーチやプール、そしてマリンアクティビティを楽しみましょう!

宿泊中は海やプールを何度利用しても無料でタオルを貸し出ししているので助かります。

プール・ビーチご利用のご宿泊のお客様へ 「プールサイトカウンター」「ビーチ桟橋」にてタオルの貸出しを致しております。

部屋からわざわざ持っていく必要もなく、何度でも借りることができるので手軽に遊びにいけます。

ホテルサイドのガーデンプールは手軽に遊びにいける

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのプールサイド

まずはホテルのロビーから直結しているガーデンプールへ。画像左側が深め、右側が浅めのプールです。

ホテルサイドなので最も手軽に遊びにいける上、6/1〜8/31の期間は8:00〜21:00と長時間営業しているのも嬉しいですね。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのガーデンプール

プールサイドにはサマーベッドや、お酒やブルーシールアイスを販売しているショップもあるので、大人だって楽しめます。

万座ビーチ目の前のビーチサイドプール

万座ビーチとビーチサイドプール

続いては万座ビーチ目の前にあるビーチサイドプールへ。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのビーチサイドプール

ビーチサイドプールには大小2つのプールがあります。こちらは大人も楽しめる深めのプール。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのビーチサイドプール

こちらは子供向けのプール。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート内で最も浅いプールです。

ホテルからは離れていますが、万座ビーチ目の前にあるのでセットで楽しめるのがいいですね。プールサイドにはサマーベッドが並んでいるので休憩することも可能です。

万座オーシャンパークも楽しめる万座ビーチ

万座ビーチ

最後に万座ビーチへ。ここでは綺麗なエメラルドグリーンの海だけでなく、「万座オーシャンパーク」というアクティビティも楽しめます。

チャレンジエリア・キッズエリア・最もアクティブな「NINJA(ニンジャ)」エリアの3つのエリアで構成されていて、子供から大人まで楽しめます。なお万座オーシャンパークは有料で、料金は時期によって異なり、大人2,500円〜、小人2,000円〜です。

万座ビーチサイドのサマーベッド

遊び疲れたら、ビーチサイドに並ぶサマーベッドで休みましょう。

万座ビーチとANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテル

万座ビーチから見えるANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート。

万座ビーチやビーチサイドプールはホテルから徒歩3〜5分と離れていますが、ロビー前から随時運行しているシャトルカーで移動することもできます。

他にもANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートには、ダイビングやシーウォークといったマリンアクティビティが多数ありますので、ホテル公式サイトもあわせてチェックしてください。

遊び疲れたらホテルの大浴場でリフレッシュ!

海やプール、マリンアクティビティ、そして沖縄観光と、1日動き回れば疲れも溜まります。そんな時はホテルの大浴場でリフレッシュしましょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの大浴場

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの1階には大浴場があります。朝6:00~9:30、そして昼から夜は12:30~24:00の間で入浴可能です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの大浴場

脱衣所は鍵付ロッカーのため、荷物を持っていても安心してゆっくりと過ごすことができます。

バスタオルは貸し出し制のため、利用都度入口で借りることが可能です。部屋から持っていく必要がなく、何度入浴してもフカフカの乾いたタオルを利用できるので助かります。

広い敷地内には多数のレストラン。沖縄郷土料理や琉球芸能ショーを楽しめる

だだっ広いANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの敷地内には、多数のレストランが営業しています。その中から今回利用したのが「アクアベル」と「オーキッド」。

また敷地内ではありませんが、周辺には他にもオススメのお店があるので紹介します。

季節に合わせた旬の食材楽しめるブッフェスタイルの朝食「アクアベル」

朝食で利用したのはホテル1階にある「アクアベル」。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのアクアベル

季節に合わせた旬の食材をブッフェスタイルで楽しめます。

列を作るほど注目を集めていたのが自分好みのオムレツをシェフにオーダーできるライブクッキングコーナー。作りたてのオムレツはもちろんおいしく人気も納得です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのアクアベル

また「アクアベル」には小さなお子様向けのキッズスペースがあります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのアクアベル

なかにはおもちゃや絵本が置いてあり、DVDの再生も可能です。ハイハイしかできない子供の気分転換にピッタリのスペース。

琉球芸能ショーの楽しめる「オーキッド」

夕食で一度利用したのが「オーキッド」。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのオーキッド

ホテルロビー階にある「オーキッド」では沖縄料理や琉球芸能ショーを楽しむことができます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのオーキッド

沖縄そばやゴーヤチャンプルー、海ぶどう、ジーマミー豆腐といった沖縄料理をバイキング形式で食べることができる。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのオーキッド

紅芋ケーキやちんすこうなど、デザートもあります。

1番の特長である琉球芸能ショー

色々な沖縄料理を食べることができる「オーキッド」ですが、料理自体にはコレという一品はありません。しかしこのお店1番の特長は、なんといっても琉球芸能ショーがみれるとこ。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのオーキッド

琉球舞踊、観客参加型の打楽器演奏、そしてエイサーと約30分間の琉球芸能ショーを料理を食べながら楽しむことができます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのオーキッド

迫力もあって素晴らしかったです。最後は持参したカメラを使ってステージ上での写真撮影もできるので沖縄の思い出づくりにピッタリのお店です。

※注意!琉球芸能ショーが始まると店内の電気が消えて暗くなってしまうので、開始前に食べたい料理をテーブルに持ってきておくことをオススメします!

周辺で沖縄郷土料理を食べれるオススメのお店

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのある恩納村はリゾートエリアのため、市街地のように飲食店が密集しているような場所ではありません。

しかしそれでも国道58号線沿いには飲食店が点在していて、なかでも沖縄郷土料理を食べれるオススメの飲食店2店を紹介します。

1.沖縄そば専門店「なかむらそば」

まずは沖縄そば専門店の「なかむらそば」。

沖縄そば専門店なかむらそば

ホテルから車で5分もかからない位置にある人気の沖縄そば屋さん。(歩くと20分弱)

沖縄そば専門店なかむらそばの「アーサそば」

アーサによる磯の香りが抜群に良く、あっさりしたダシとの相性がすごくいい。こだわりの自家製麺もモチモチしていておいしいです。

特徴的な「アーサそば」はとてもおいしく、他店で沖縄そばを食べた方でも立ち寄って食べていただきたい。他にもお店の名前でもある「なかむらそば」などオススメはあるので、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに泊まるなら行かなきゃ損です!

2.歩いていける!「ととちゃんぷる」

続いては歩いても行ける距離の「ととちゃんぷる」。

沖縄ととちゃんぷる

ホテルから歩くと10分ほど。駐車場までシャトルカーを利用して、そこから歩くとその半分ほどの時間で着きます。

沖縄ととちゃんぷる

店内には半個室の席、座敷席などがあります。

沖縄ととちゃんぷる
沖縄ととちゃんぷる

はじめて名前を聞くような地魚、ゴーヤチャンプルー、海ぶどうなど、メニューには沖縄料理がいっぱい。泡盛が多数置いてあるのもグッド!

料理もお魚もおいしくて大変満足です。

ホテルの売店は食品やお土産、ベビー用品、マリングッズまで揃う

楽しみにしていた沖縄旅行。準備もバッチリかと思いきや、ホテルに到着してから忘れ物に気がつくこともありますよね。

そんな時でもANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、7:00〜24:00営業しているコンビニエンスストア、さらにはお土産屋やビーチショップまでありますので安心です。

万座ビーチのビーチショップ

例えば万座ビーチのビーチショップなら、水着や浮き輪など海やプールに必要なものが揃います。コンビニエンスストアなら、食料品以外にも化粧品から赤ちゃん用品といった消耗品まで揃います。

まずはホテル内のショップを覗いてみましょう。

まとめ|ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはココだけで沖縄を十分満喫できる

今回僕はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに2泊しました。さすがリゾートホテルというだけあり、ホテル内でできることをひと通り体験するだけでも沖縄旅行を十分満喫できます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの外観

「ずっとホテルに滞在しているのは嫌。外に出て観光したい。」

そんなあなたもご安心ください。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはすぐ近くに観光スポット「万座毛」がありますし、レンタカーで北上すれば、「ブセナ海中公園」、「沖縄美ら海水族館」、「古宇利島」といった観光地にも行きやすい。

ホテルでできることが多い分、外にはそれ以外を求めて行けばいいので、考え方によっては観光プランもずっとラクに組めるわけです。

「海、プール、さらにマリンアクティビティまで遊び尽くしたい」
「ホテル客室から沖縄の綺麗な海を満喫したい」
「沖縄のリゾート地で贅沢な1日を過ごしたい」

ひとつでも当てはまるなら、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」はオススメのホテルです!

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの外観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。