iPhone XのFace ID(顔認証)で注意すべき設定とは?

iPhone X FACE ID

AppleのiPhone Xではじめて搭載された顔認証システム「Face ID」は、従来機の指紋認証に代わって、iPhoneのロック解除や支払いなどを認証する機能です。

新機能ということもあり、認証精度や速度など注目されていますが、セキュリティの観点から注意すべき設定がありましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

iPhone X新機能のFace IDとは?

iPhone X

Face IDは、TrueDepthカメラによって機能します。設定方法は簡単です。30,000以上の目に見えないドットを投射して解析することで、あなたの顔の精緻な深度マップを作ります。

iPhoneの「Face ID(顔認証)」は、単なる顔写真との認証じゃありません。たくさんのドットによる深度マップで認証します。

帽子をかぶっても、ひげを生やしても、メガネをかけても問題ありません。様々なタイプのサングラスをかけたままでも使えます。だから友だちがあなただとわからない時でさえ、Face IDなら認識できるのです。

日常の様々なシーンで利用できるよう、メガネやヒゲなど見た目の変化に対応します。

スポンサーリンク

Face IDの認証精度や速度

従来の指紋認証がすごく気に入っていた僕としては、顔認証に代わると聞いた時から期待と不安が入り混じる気持ちでした。

「本当に自分の顔しか認証しないのか」
「認証に時間がかかるんじゃないのか」
「でもAppleが顔認証に変更するということは、それなりの認証精度や速度を実現できたということかもしれない」

そんな気持ちでいっぱいでしたので、iPhone Xを購入して最初にチェックしたのはFace IDです。

同じように気になっている方も多いと思うので、実際に数日間Face IDを使った感想をお伝えしておくと、認証は一瞬で終わるので、ロック解除やApple Payをスムーズ利用できます!

指紋認証と顔認証による使い勝手の違いは、心配していたほどありません。もちろん、きちんと自分だけを認証してくれています!

Face IDの設定で注意すべきこと

iPhone X Face ID設定

日常生活でFace IDを使ったり設定を確認している中で、これだけは注意したほうがいいと思ったことを2つお伝えします。

Face IDの設定は人前でやらない

1つ目はオマケみたいなものですが、Face IDの設定(顔の登録)は人前でやらないようにしましょう。

iPhone X購入直後や、その後もテスト的に顔を登録し直したのですが、一連の作業をまわりの人が見るとかなり怪しいみたいです。(たまたま目撃した知人に指摘されてしまいました。笑)

Face IDはインカメラに向かって上右下左と顔をグルっと2周まわして登録します。しかもゆっくりまわすよう表示されるので、自宅や人がいない場所で設定することをオススメします。

設定項目「Face IDを使用するには注視が必要」を有効にする

もうひとつはセキュリティの観点からです。

Face IDの設定項目にある「Face IDを使用するには注視が必要」という設定を有効にしましょう。

これを設定しておくと、あなたがiPhoneを注視(目を開けて見ている)時だけFace IDによる認証が実行されます。

よりユーザー本人が意図する場面でしか認証しなくなるため、他の人にロックを解除されるリスクが軽減します。

「寝ている時にiPhoneを向けられ認証してしまう」
「顔が似ている別人で認証してしまう」

こうしたリスクが軽減できるというわけです。

Face IDのセキュリティが強固になる反面、サングラスをかけていると注視を検出できないこともあるそうですが、個人的にはそれぐらい致し方ないと思うので、設定しておくことをオススメします。

まとめ

iPhone X注目の新機能Face IDは、使い始めは手間取るかもしれません。でもそんなの最初だけで、すぐに慣れます。

ホームボタンに指をかざすことなく認証できるので、コツをつかめば早くてとても便利です。

ただし設定によってはリスクを高めることになりますので、あなたのプライバシーを守るためにも紹介したFace IDの設定を再確認しておくことをオススメします!

あわせて読みたい
iPhone X用に購入した「Spigen リキッドクリスタル」は美しいボディをクリアに魅せる透明ケース
「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」どちらがいい?僕が比較したことやスペックの違い。
スポンサーリンク
iPhone X FACE ID

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。