パナソニックのジェットウォッシャードルツを購入するなら旧型?新型?どちらがおすすめ?

panasonic0310

パナソニックが新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」を発表しました。

ジェットウォッシャードルツといえば「EW-DJ61」が歯茎ケア・口臭予防として以前から評判もよく、僕も愛用していることは以前にも書いたとおり。

【レビュー】パナソニックのジェットウォッシャードルツは歯茎の健康維持と口臭対策におすすめです!

そんなジェットウォッシャードルツに新型が登場すると聞いたら、気にならないわけありませんね。さっそく現在使用中の「EW-DJ61」と何が違うのか調べてみました。

スポンサーリンク

ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」の特長

パナソニック独自技術の超音波水流を搭載

新型のジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」の特長は進化した水流。パナソニック独自技術「超音波水流」を搭載し、従来製品の水流以上の洗浄力があるそうです。

panasonic03101

新しくなったノズルが作り出す超音波水流は、バブルが弾ける際の衝撃波により超音波が発生する水流とのこと。微細な気泡を含んだ水流が歯間の食べかす・歯周ポケット内の汚れを今まで以上に洗い流してくれるそうで期待できます。

現在使用しているジェットウォッシャードルツ「EW-DJ61」の水流でも食べかすなどはよく取れますが、パナソニックは水流を進化させることで、さらに磨きをかけてきたわけです。

プレスリリースを見る限り「EW-DJ71」の水流は、ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ61」のジェット水流・バブル水流のようにモードを切り替えすることはできなそうです。強さは10段階まで調整可能になったので、歯茎の状態などに合わせてより細かく調整して使うことができます。

タンクの容量600mlは変わらず

新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」のタンクは「EW-DJ61」と同じ600mlです。以前にも書きましたが、従来製品「EW-DJ61」を僕が使うと、600mlの容量では1度の使用で若干足りません。

2つの水流モード両方を切り替えながら使っていると、あとちょっとってところで水が不足してしまい、毎度給水しています。これが地味に面倒に感じています。タンクが大きくなると今度は置き場に困ると思うので、なかなかバランスが難しいところではありますが…。

ただ、水流が新しくなったことで使用する水の量も変わる可能性もありますし、現時点では良し悪しは判断できません。

左右対称のデザインになったけど設置場所を選びそう

panasonic03102

新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」は、ハンドルが本体中央へ、スイッチ類が上面に配置され、利き手がどちらでも扱いしやすくなったことも特長の一つ。

マグネット式のハンドルはスムーズに着脱できるのではないかと期待しています。また電源コードも左右どちらからでも引き出せる設計になっているので、設置したい場所に合わせることができるのもポイント高いです。

一方で僕がマイナスに感じたのは本体の奥行きです。新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」の外径寸法は、高さ28.0×幅12.5×奥行14.0cm(ノズル含む)と、「EW-DJ61」よりも奥行きが5.6cm長くなっています(iPhone7の高さが13.83cmなので、それよりも若干長いくらい)。その分横幅が4.9cm短くなっているとはいえ、この奥行きだと棚によっては設置できないこともあるのかなと。

なので僕個人の意見としては、マグネット式のハンドル・左右対称デザイン・スイッチ類などの変更はしつつ、外観デザインは「EW-DJ61」のよに横長デザインのほうが設置しやすくて良かったなと思いました。

以上3点が新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」の特長です。パナソニックの公式動画も参考になるのでご覧ください。

これからジェットウォッシャードルツを買うならどちらがおすすめ?

panasonic0310

今すぐ「EW-DJ61」を買うか、それとも「EW-DJ71」の発売を待つのか、ジェットウォッシャードルツを購入検討していた方の中には、「EW-DJ71」が発表されたことでお悩みの方もいるかと思います。

まずは基本スペックの違いを比較

EW-DJ61(旧) EW-DJ71(新)
水流の強さ調整 5段階 10段階
タンク容量 約600ml 約600ml
本体寸法(ノズル含む) 高さ26.5×幅17.4×奥行84.0cm 高さ28.0×幅12.5×奥行14.0cm
質量 約800g 約970g
付属品 ノズル2本、ノズルスタンド 超音波水流ノズル2本、ノズルスタンド

両モデルを検討した際に気になるのは以下の3項目

  • 水流の洗浄力
  • 販売価格
  • 大きさ

超音波水流の洗浄力や販売価格は販売されてみないとわからないので、発売前の今はなんとも言えません。新たに搭載される超音波水流はものすごく気になりますが、現在発売中の「EW-DJ61」の水流も十分な洗浄力はあります。そのため、もともとジェットウォッシャードルツの購入を検討していたのであれば、今すぐ現行モデルを買っても後悔しないと思います。

大きさについては違いは上述の通りなので、設置する予定の場所を測ってみてください。奥行きのある新型と横長の旧型、どちらが設置しやすいかというのは一つの判断材料になります。

これらをまとめると、僕ならこうします。

・もともとジェットウォッシャードルツの購入を検討していたなら…
今すぐ「EW-DJ61」を買いましょう!ブラッシングやフロスなど日常のオーラルケアにジェットウォッシャードルツを加え、歯周ポケット洗浄・歯間洗浄・歯ぐきケアをよりしっかりと行えることを実感しましょう。
・今回のプレスリリースでジェットウォッシャードルツが気になり始めたなら…
超音波水流やデザインなど、今回のプレスリリースでジェットウォッシャードルツが気になり始めた方は、「EW-DJ71」の発売を待ってから決めたほうが後悔しなそうです。とはいえ「EW-DJ61」も確かな実力がありますので、一応Amazonのレビューなどを確認して情報を得ていたほうがいいでしょう。

パナソニックの新型ジェットウォッシャードルツ「EW-DJ71」は2017年5月上旬の発売予定です。僕は購入しようと思っていますので、その際はまたレビュー記事を公開します。

ジェットウォッシャードルツが気になる方はこちらもチェック!

スポンサーリンク
panasonic0310

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。