ググれるiOS向けキーボードアプリ「Gboard」の設定方法や使い方。

Google-iOS-Gboard

Google(グーグル)は、iPhoneなどiOS向けのキーボードアプリ「Gboard(ジーボード)」を日本語対応しました。

iOS向けとしては初のGoogle日本語入力アプリとなる、待望のアップデート!ということで、さっそくiPhoneへインストールして利用してみました。

Gboardは簡単な初期設定を済ませればすぐに使うことができるんですが、多少の設定変更でより便利になりますので、この記事では「Gboardの設定方法や使い方」を解説していきます。

スポンサーリンク

Gboardインストール後の初期設定

GoogleのiOS向けキーボードアプリ「Gboard」は、インストール後キーボードの追加を行えばすぐに利用することができます。

※初期設定お済みの方は、どうぞGboard設定変更へお進みください

Google-iOS-Gboard設定

まずは設定変更アプリを起動し、その後「一般」から「キーボード」を選択します。

Google-iOS-Gboard設定

次のページでも「キーボード」を選択し、その後「新しいキーボードを追加」から「Gboard」を選択します。

以上の手順でiPhoneのキーボードにGboardを追加することができます。

あとはどこでもいいので文字入力画面を表示し、左下のボタンからキーボードを変更すれば完了です。「G」のアイコンが表示されているのがGboardです。

ここまでなら、インストール後1分もかからずに設定できるでしょう。

スポンサーリンク

Gboard設定変更

さて、ここからは設定変更です。

初期設定を済ませたGboardは、このままでも使用可能です。でも、文字入力の方法やその他機能などを変更することで、より使い勝手が向上します。

Google-iOS-Gboard設定

設定画面は、ホーム画面でGboardアプリを起動していただくか、文字入力画面で左下のアイコンを長押しすれば表示可能です。文字入力方法や追加機能、さらにはキーボードのテーマまで変更することができます。

それでは、僕が設定した項目をお伝えしていきます。

1.言語(文字入力方法)を変更

Google-iOS-Gboard言語

Gboardのデフォルト日本語文字入力方法は「12キー」というフリック入力方式なのですが、「あ」「か」などア段の同じ文字を2度続けて打つと、ガラケーのように「い」「き」のようにイ段の文字に変わってしまいます。

12キー(フリック入力のみ)にするとフリック入力だけになるので、「ああ」「かか」のように同じア段の文字を続けて入力しやすくなります。

iOS標準キーボードを使っている時からずっとこの設定で文字入力していたので、Gboardでも同様の設定に変更しました。

2.検索の設定を変更

Google-iOS-Gboard検索

検索の設定については、位置情報へのアクセスをオン(有効)にしました。

この設定が有効になると、Gboard上での検索やマップ情報に、GPSで取得した現在地の情報が反映されるようになります。例えばキーボードの「G」ボタンから「天気予報」「カフェ」と検索した結果に、現在地の情報を元にそのエリアの情報を表示してくれるというものです。

検索結果はタップするだけでコピペ可能です。Gboardで検索する機会自体は少ないかもしれませんが、メッセージ内でサクッと検索して共有したいときに役立ちそうです。

3.テーマを変更

Google-iOS-Gboardテーマ

Gboardはキーボードのテーマ(背景画像)を切り替えすることができます。

予めいくつか用意されているテーマもありますし、iPhoneに保存されている画像を選択して、その一部分を背景にすることも可能です。

画像を選択する際は、ブラックオーバーレイ(黒色の重ね合わせ)を0〜100%の範囲で調整することもできます。

使ってみて感じたこと

sozaigori0I9A3183072105046_TP_V

ここがおすすめ!

Gboardの良いと思ったポイントは、Google日本語入力がiPhone標準キーボードよりも文字変換精度が高いところ、そしてキーボード上でググり、その結果を1タップで共有できるところです。

やはりキーボードアプリである以上、文字変換の精度がいまいちだと使い物になりません。しかしPC版でも多くのユーザーを抱えるGoogle日本語入力は期待通り使いやすいです。

目玉機能のキーボード上で検索できる機能は、そこまで多用するものではありませんが、お店・天気などちょっとした情報を共有するのに結構便利です。

ここを改善して欲しい

Gboardで改善して欲しいポイントは、辞書登録機能の追加かiOS標準のユーザー辞書登録内容を反映、キーボードで連絡先を検索した際に、任意の項目だけコピペできるようにして欲しいというところです。

現状Gboardには辞書登録機能はなく、iOS標準のユーザー辞書に登録した内容も反映されないため、よく使う文言を入力する時に不便を感じることがあります。

Gboardで「連絡先検索」をした結果をコピペすると、連絡先内の全情報が貼り付けされてしまうので、任意の項目だけ1タップでコピペできると使える機能だなと感じています。

iPhoneなどの設定画面から登録したユーザ辞書が反映されるようになり、使い勝手がさらに良くなりました!

まとめ

Googleのググれるキーボードアプリ「Gboard(ジーボード)」の設定方法や使い勝手をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

僕は、総合的に考えて利用価値有りだと感じています。

まずそもそもアプリが無料であること、そしてGoogle日本語変換の精度、さらにiOSのユーザー辞書が反映されるというメリット考えると、標準キーボードから変更しない理由が見当たりません。

  • iPhoneの文字変換の精度をもうちょっと良くしたい
  • キーボードの標準デザインを変更したい

なんてことを感じていたら、Gboardはとてもおすすめのキーボードアプリです。

是非お試しください!

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
Google-iOS-Gboard

2 件のコメント

    • >プラチナ様

      コメントありがとうございます。
      現状iOS版Gboardアプリは、iPhoneのユーザー辞書登録内容が反映され、
      パソコンのGoogle日本語入力にて登録している情報をインポートすることは
      できないようです。

      手間はかかりますが、Macをお使いでしたらMacとiPhoneのユーザー辞書を
      同期することができますので、Google日本語入力の辞書をMacの辞書へ
      1件ずつ登録する方法になるかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください