Amazonが発表したFire TV Stick (New モデル)、新規購入なら「買い」だと思う。

amazon0222

テレビへ接続して「Amazonビデオ」「AbemaTV」「dTV」などを楽しむことができるAmazonのFire TVシリーズ。その中の「Fire TV Stick」がリニューアルします!

アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)は先日、新型「Fire TV Stick」を発表し、予約受付を開始しました。税込4,980円で4月6日発売される予定ですが、はたして新型「Fire TV Stick」は「買い」なのか?ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

パワフルになったFire TV Stick (New モデル)

Pack1
via Amazon

新型「Fire TV Stick」は、前モデルからパワーアップして2017年4月6日に登場します!

具体的にはCPUとWi-Fiが強化されました。CPUは前モデルの1GHzデュアルコアから、1.3GHzクアッドコアCPUへと強化。無線LANはIEEE 802.11ac(MIMO)へ対応しています。

Amazonの製品情報には、「Chromecastの2倍のメモリ、クアッドコアプロセッサ搭載でサクサク滑らか。」とまで記載されていて、とにかく新型「Fire TV Stick」も売りはパワフルになったことなんだと思います。

スペック比較

Fire TV Stick (New モデル)Amazon Fire TV
価格4,980円11,980円
プロセッサ1.3GHzクアッドコア2.0GHzクアッドコア
メモリ1GB2GB
ストレージ8GB
音声認識リモコンあり
ゲームカジュアルゲームハイパフォーマンスゲーム
解像度最大1080p最大4K Ultra HD
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ、IEEE 802.11ac(MIMO)
LAN端子なしあり
外部ストレージなしmicroSDスロット
USBポートなしUSB 2.0

パワーアップしたといっても上位モデルにあたる「Amazon Fire TV」と比べたらスペックは劣ります。ゲームで遊んだり、より高精細な映像を楽しみたければ「Amazon Fire TV」のほうが適しています。

しかしそこまでいろんなことはせず、ただ動画再生を楽しみたいという用途であれば、そんなスペックなくても問題ありません。むしろ、手のひらサイズの小型スティックタイプで持ち運びも簡単ということのほうが魅力的

価格差もありますし、購入後の用途によってモデル検討が必要です。

スポンサーリンク

新規購入なら「買い」。買い替えするほどのモデルではない。

Pack6
via Amazon

新型「Fire TV Stick」は前モデルよりもパワフルになった分、製品の魅力は向上したといえるでしょう。同じ作業でもパワーがあると余裕がうまれますからね。

ただ正直、前モデルから買い替えするほどの魅力はないと感じています。

というのも、安くて小さくて持ち運びもしやすいことが売りなので、この機器でやることって限られています。そんな「Fire TV Stick」に対しパワー不足を感じていた人って、恐らく少ないんじゃないかなと。

もしも現行の「Fire TV Stick」にパワー不足を感じていて、「Amazon Fire TV」ほどの性能は不要なら、この新型「Fire TV Stick」はおすすめできます!しかし大半を占めるであろうパワー不足が気になっていなかった人には、今ある「Fire TV Stick」でいいと思います

  • 現行の「Fire TV Stick」を持っていない人
  • 現行の「Fire TV Stick」にパワー不足を感じているけど、「Amazon Fire TV」ほどの性能は不要という人

このどちらかに当てはまるなら、Fire TV Stick (New モデル)をおすすめします。2017年4月6日の発売後すぐに使いたいなら、今のうちに予約購入しておきましょう!

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル)
posted with amazlet at 17.02.22
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

特に急がないなら、プライム会員向けにお得なクーポンが発行されることもありますし、購入レビューを参考にしながら決めるのもアリです。どうぞゆっくり検討してください。

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
amazon0222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください