Mac OS X El Capitanレビュー!Dashboard(ダッシュボード)は標準でオフになっています。

この記事をシェアする

4cd8caa1-s

Mac OS X El CapitanではDashboard(ダッシュボード)はデフォルトで無効化されています。背景はわかりませんが、最近ではOS Xに通知センサーが搭載されたこともあり利用者が減少しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

Mac OS X El Capitanのダッシュボード

Macのダッシュボードは、ウィジェットと呼ばれる様々なアプリケーションを利用する時に使います。カレンダー・時計・天気など、お好みでウィジェットを設置することができ、アプリを起動することなく情報確認できる機能です。

5333

Mac OS X El Capitanではデフォルトで無効化されており、Mission Control(ミッションコントロール)でも、この通りDashboardの操作スペースが見当たりません。

Dashboardを有効化する方法

今まで通りDashboardを表示させるためにはシステム設定を変更します。

  1. 「システム環境設定」から「Mission Control」へ。
    26

  2. 「Dashboard:切り」となっているところを、「操作スペースとして表示」もしくは「オーバーレイ表示」へ変更
    02

  3. 以上で設定完了です。

  4. 32
    「操作スペースとして表示」であれば、この通り左スワイプで表示可能です。

近い将来「Dashboard(ダッシュボード)」は削除される?

Dashboard(ダッシュボード)を利用している人って今どのくらいいるのでしょうか?

「通知センター」も搭載された今、恐らく利用者は減少しているのではないかと思います。そして、このOS Xのアップデートの流れからすると、ひょっとすると近い将来Dashboard自体が削除されてしまう可能性もあると感じました。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280