【不正アクセス予防措置】Dropboxのパスワードをしばらく変更していない方は今すぐ更新!

この記事をシェアする

dropbox-ios

Dropboxのパスワードをしばらく変更していない方は、この記事を読んだらすぐにパスワードを変更しましょう。特に、dropbox.comでログインした際にパスワードの変更を促すメッセージが表示される場合や、Dropboxからパスワード変更のメッセージが届いている場合は要チェックです。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

Dropboxが一部ユーザーにパスワード変更を要求

Dropbox(ドロップボックス)は先日から、特定のユーザーに対しパスワードを変更するよう求めています。

主に対象となっているのは、「2012年半ばまでにDropboxのアカウントを登録し、以後パスワードを変更していないユーザー」とのこと。対象のユーザーは、次回Dropboxへログインする際にパスワードの変更メッセージが表示されるそうです。Dropboxからパスワード変更のメッセージが届いていても、ログイン時に変更メッセージが表示されなければ対象ではありません。

アカウントへの不正アクセスは今のところ確認されていないそうで、今回の動きは予防措置の一環のようです。とはいえ、対象ユーザーだった場合は単純に4年間同じパスワードを継続して使っていることになるので、この機会に変更したほうがいいでしょう。

詳しくは、dropbox.com でパスワードの変更を促すメッセージが表示される理由と対応について – Dropbox のヘルプ – Dropboxをご覧ください。

Dropboxのパスワードを変更する方法

Dropboxへログインした時にパスワードの変更を求めるメッセージが表示された場合は、そのページで説明されている手順に従って操作すればパスワードを変更することができます。

もしログインすることができず確認できなければ、コチラのページからパスワードを再設定することができます。

スクリーンショット 2016-08-29 20.23.57
上記リンクからパスワードの再設定画面が表示されたら、Dropboxへ登録しているメールアドレスを入力して送信します。

2016-08-29 20.25.32
受信したメッセージに記載されているリンクをクリック。

2016-08-29 12.24.57
新しいパスワードを入力して送信。当たり前ですが、パスワードの使い回しは避けましょう。

2016-08-29 20.31.29
無事にパスワードがリセット・再設定されればDropboxから再びメッセージが届きます。

以上でパスワードの変更完了です。

さらにセキュリティを強化したい場合は、二段階認証を有効にするといいでしょう。Dropboxログイン後のホーム画面から、設定 > セキュリティと操作し、二段階認証を有効にすればokです。

繰り返しになりますが、少なくとも今回対象となるユーザーは、長年同じパスワードを使っていることになるので、該当した場合はすぐにパスワードを変更することをおすすめします

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280