Instagramと連携してTwitterへ写真付きで自動的にツイートする方法。【IFTTT活用】

この記事をシェアする

Instagram(インスタグラム)とTwitter(ツイッター)を利用している方が悩まされるのが、Instagram標準のTwitterシェア機能を使うと、Twitterのタイムライン上で写真が自動的に表示されないことではないでしょうか?

Instagramに標準で搭載されているため簡単にシェアできるのですが、それではツイートにURLが表示されるだけです。ユーザーはツイート内のURLをクリックしなければ写真を確認できません。かといって、タイムラインへ自動的に表示させるために、Twitterにも同じ投稿をするのは2度手間で面倒ですよね。

ところがその悩みは「IFTTT(イフト)」を活用することでとても簡単に解決できます!はじめに設定は必要ですが、一度設定を済ませれば、以降はInstagramの投稿に連携してTwitterにも写真付きで自動的にシェア(ツイート)することができるようになります。

IMG_MSTR 3
左の画像がInstagram標準のシェア機能を使ってTwitterへ投稿した場合のツイート画面です。URLのみで写真が表示されません。IFTTTを活用することで、右の画像のように写真付きで自動的にツイートすることができます。

なお、IFTTT(イフト)とは、対応している多くのWebサービス(Instagram・Twitter・Facebookなど)を様々なパターンで組み合わせることができるWebサービスです。

IFTTT上で作成した組み合わせは、Recipe(レシピ)と呼びます。Recipe(レシピ)は「キッカケ」になるWebサービスと、「動作」になるWebサービスを任意で組み合わせて成り立ちます。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

IFTTTでInstagram(インスタグラム)とTwitter(ツイッター)を連携

今回はiPhoneで設定します。iOS版アプリのIFTTT使い、InstagramとTwitterを連携させます。Web版IFTTTでも同様に設定できますので、やりやすい方で設定してください。

IF by IFTTT

IF by IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

アプリをダウンロード後IFTTTのアカウントを作成してください。

Recipe(レシピ)作成方法

IMG_MSTR 3
IFTTTトップページで右上のボタンをタップ、もしくは画面を左にスワイプします(画像左)。その後、次に表示されるMy Recipes画面で右上のボタンをタップし、新しいRecipeを作成開始します(画像右)。

IMG_MSTR 5
続いて表示される画面には、多くの対応Webサービスのアイコンが並んでいますが、ここでは画面下に表示されている「Create a Recipe」をタップ(画像左)。次の画面ではifの隣の「+」をタップします(画像右)。

IMG_MSTR 3
「Instagram」を選択(画像左)。その後「Any new photo by you」を選択します(画像右)。これであなたがInstagramへ写真を投稿した際にこのRecipeが動作します

Instagramを連携させるのがはじめての場合は以下の画面が表示されます。画面に従いアカウント情報を入力してください。

IMG_MSTR 4
アカウント情報を入力してログイン後、連携を許可すればokです。

IMG_20177
Instagramの登録ができたら次はTwitterです。右側の「+」をタップしてください。

IMG_MSTR 3
画面に並ぶWebサービスの中から「Twitter」を選択してください(画像左)。次の画面では、「Post a tweet with image」を選択(画像右)。これでTwitterへ写真付きでツイートします

Instagramを設定した時と同様、IFTTTではじめてTwitterを連携させる場合はアカウント情報の入力が必要です。画面に従い入力し、連携を許可してください。

IMG_MSTR 5
続いて、Twitterで投稿するツイート内容の設定です(画像左)。最低限、画像と同じ内容だけ設定されていれば良いと思います。

Tweet textの「Caption」はInstagramで投稿したキャプションです。Captionを設定するとInstagramに投稿したキャプション内容がそのままテキストでツイートされます。Image URLには「SourceUrl」を設定すると、Instagramで投稿した写真がツイートされます。

次の画面の「Receive notifications when this recipe runs」ですが(画像右)、これがオンになっていると、Recipeが実行された時にIFTTTアプリに実行したという旨の通知が届きます。ここはオンオフ好みで設定してください。

最後に「Finish」をタップして設定完了です。はじめにも書いたとおり、これでInstagramへ投稿すると、連携してTweetにも写真付きで自動的にツイートされます。

Instagram標準のシェア機能と違い、タイムライン上に自動的に写真が表示されます。もちろん今回の設定を済ませれば、今後は全て自動的に連携されますのでとても便利です!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280