【iOS 10】新機能「手前に傾けてスリープ解除」をiPhoneで設定オフにする方法

この記事をシェアする

iphone7hello_tp_v

iOS 10の新機能である「手前に傾けてスリープ解除」は、iPhoneを持ち上げたりした際に手前に傾くと、自動的にスリープモードを解除する機能です。個人的にこの機能は便利だと感じていますが、iPhoneを持ち上げると必要のない時でもスリープ解除し画面が点灯しまうので、なかには嫌う人もいると思います。

そんな新機能も、以下の方法で簡単に設定オフ(無効)にすることができるので、不要な方はオフにしてしまいましょう。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

「手前に傾けてスリープ解除」の設定をオフにする

iPhoneを持ち上げると自動的にスリープ解除する機能は、「手前に傾けてスリープ解除」という名称で設定内にあります。

「設定」から「画面表示と明るさ」へ

設定方法は簡単です。

設定 > 画面表示と明るさ > 手前に傾けてスリープ解除をオフ

上記手順で完了です。スクリーンショット付きで説明すると…

img_master-3
たったコレだけです。

オフにするとi0S 9以前と同様に、iPhoneを持ち上げた際など、本体を手前に傾けても自動的にスリープ解除することはありません。不必要にスリープ解除をすればその分バッテリーは消耗するので、少しでも長く電池を持たせたい人や、勝手にスリープ解除するのが嫌な人は、設定オフにして使用するといいでしょう

ロック画面で通知を確認しない人は、Touch IDでロック解除する時に「指をあてたら開く」よう設定しておくとロック解除がスムーズです。

ちなみに、この「手前に傾けてスリープ解除」機能は、iPhone 6s以降のモデルが対応です。それ以前のモデルでiOS 10にアップデートしても、機能は働きませんのでご注意ください。

はじめにも書きましたが、僕はこの新機能「手前に傾けてスリープ解除」は便利だと感じています。なんのボタン操作もなくスムーズに通知を確認することができるので、今後もこの機能は有効にしたまま使い続けると思います。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280