Googleが2016年検索ワードランキングを発表!流行語大賞と結果に違いは?!

googletrends2016

Googleが2016年の検索ランキングを発表しました。

日本国内における2016年の検索急上昇ランキングは、1位「ポケモンGO」、2位「オリンピック」、3位「SMAP」という結果に!

以降、10位までの急上昇ランキングはこの通り。

  1. ポケモン go
  2. オリンピック
  3. smap
  4. トランプ
  5. 熊本地震
  6. 君の名は
  7. シンゴジラ
  8. ピコ太郎
  9. 台風10号
  10. iphone7

また、同ランキングを日本国内ではなくグローバルに範囲を広げてみると以下の通り。

  1. Pokémon Go
  2. iPhone 7
  3. Donald Trump
  4. Prince
  5. Powerball
  6. David Bowie
  7. Deadpool
  8. Olympics
  9. Slither.io
  10. Suicide Squad

いやぁ、やはりポケモンGOは世界中で相当数検索されたようですね。グローバルランキングでも1位です。

そして、日本国内における検索の急上昇ランキングにランクインしてるワードは、どれも話題になっていた言葉で納得です。

と、ここで気になるのが、毎年年末になると話題になる「流行語大賞」との違い。2016年のユーキャン新語・流行語大賞も先日発表されていますので、ちょっと比べてみます。

スポンサーリンク

Googleの急上昇ランキングと流行語大賞の結果の違い

ユーキャンの新語・流行語大賞も先日発表されました。Googleの急上昇ランキング、そして参考までにTwitterのハッシュタグランキングを加え、比較してみます。

流行語大賞TwitterGoogle
1神ってるモンストポケモン go
2聖地巡礼ポケモンGOオリンピック
3トランプ現象Mステsmap
4ゲス不倫ランキングバトルトランプ
5マイナス金利君の名は熊本地震
6盛り土短冊に願いを込めて君の名は
7保育園落ちた日本死ねおそ松さんシンゴジラ
8ポケモンGO今の小学生は知らないピコ太郎
9アモーレ熊本地震台風10号
10PPAPエイプリルフールiphone7

「ポケモンGO」は3つ全てランクインしています。ということで、これはもう文句なしの流行ワードでしょう。「君の名は」は関連ワードを含めれば3つ全てでランクインですね。こちらも納得の結果。

残りは結構バラバラですね。うーん。個人的には流行語大賞よりGoogleの急上昇ランキングのほうがしっくりきます。流行語大賞に選出されているものの中いはピンとこないものもあります。

なぜその言葉が流行語大賞に?と毎年話題になってますが、やっぱり審査方法に偏りがあると感じています。

Google検索だって偏りがないと言えるわけじゃありませんが、『現代用語の基礎知識』の読者アンケートを参考に「審査員」によって選出されるユーキャンの流行語大賞より、Googleで検索された回数のほうが実態に近いはずですよね。

ということで、本当に流行していた言葉を知りたいなら、流行語大賞ではなくGoogleの検索ランキングを参考にすることを僕はおすすめします。

参考リンク

スポンサーリンク
\この記事が少しでも役に立ったらシェアお願いします/
googletrends2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください