ヤマト運輸がJR東日本各駅への「宅配便受取りロッカー」設置を発表!

この記事をシェアする

ヤマト運輸は5月10日、JR東日本各駅へ「宅配便受取りロッカー」を設置していくと発表しました。6月中旬以降に順次設置していく予定とのことです。

ヤマト運輸が取り組んできた「オープン型宅配ロッカーのインフラ構築」がいよいよ本格的に稼働しそうですね。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

JR東日本各駅へ「宅配便受取りロッカー」を設置

34

今回ヤマト運輸が発表した内容は、JR東日本の各駅へ「宅配便受取りロッカー」を設置するというものです。

「宅配便受取りロッカー」の設置予定場所として具体的に発表されている駅は、池袋駅、川口駅、蕨駅、大井町駅、鶴見駅、藤沢駅、平塚駅、豊田駅、下総中山駅、幕張駅、東所沢駅。

またその他、山手線、京浜東北線、東海道線、中央線、埼京線、総武線などの首都圏各路線の駅へも順次設置を検討していくそうです。

オープン型宅配ロッカーのインフラ構築による期待

ヤマト運輸はこれまでも「オープン型宅配ロッカーのインフラ構築」を目指し、首都圏の駅で実証実験や、仏ネオポスト社との合併会社設立への基本合意など取り組んできました。

「オープン型宅配ロッカーのインフラ構築」によって、利便性の向上や再配達軽減が期待されています。

「宅配便受取りロッカー」が首都圏各駅で効果が出れば、その後は全国の主要駅へ設置を検討していくはずです。宅配といえばドローンも注目されていますが、いずれにしても新たなインフラが普及することで、利便性の向上や再配達の軽減に繋がれば良いなと期待しています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280