「Google Chrome」が「Internet Explorer」を抜いてブラウザのシェア1位に!

この記事をシェアする

パソコン用のインターネットブラウザ市場で、「Google Chrome(グーグルクローム)」がMicrosoft(マイクロソフト)の「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)を抜いてシェア1位になったと報じられています。

NetMarketShare(ネットマーケットシェア)が公開しているデスクトップブラウザシェア情報を確認すると、2016年4月の調査結果で、Google Chromeが41.71%、Internet Explorerが41.33%となっており、Google Chromeがシェア1位になっています

17
via NetMarketShare

上位5つのブラウザは以下の通り

  1. Google Chrome(グーグルクローム):41.71%
  2. Internet Explorer(インターネットエクスプローラー):41.33%
  3. Firefox(ファイアフォックス):10.06%
  4. Safari(サファリ):4.47%
  5. Opera(オペラ):2.01%

Google ChromeがInternet Explorerをシェアで抜くことについては、StatCounterという会社の調査結果でも以前から公開しておりましたが、今回の報道でそれがよりハッキリしたのではないでしょうか。

ちなみに僕自身、メインで使用しているのはGoogle Chromeです。必要な時はInternet Explorerを使用しますが、最近ではあまりその機会減っているような気がします。

ところで日本国内の実態はどうでしょうか。Google Chromeが着実にシェアを奪いつつも、まだInternet Explorerが強そうな気がしますね。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280