LINEで上司に遅刻連絡は「アリ」です。むしろ電話はやめましょう。

この記事をシェアする

先日こんな話題をタイムラインで見かけました。LINEを使って上司への遅刻連絡に関するアンケートに関するものです。僕個人は推奨していることなんですが、アンケート対象者の意見は果たして…?

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

LINEで上司に遅刻連絡はアリ?ナシ?

記事によると、このアンケートは会社の上司へ遅刻連絡する際に、LINEを使うのは「アリ」か「ナシ」かという日本テレビの『スッキリ!!』という番組で行われたそうです。

平日朝9:30頃にテレビを使って視聴者向けに行われたアンケートのため、回答者の年齢や職業等には偏りがありそうな気がしますが、結果はかなりの差がありました。

「アリ」8,820票(約22%)/「ナシ」3万1,176票(約78%)

かなりの差で、LINEで上司に遅刻連絡は「ナシ」に票が集まったみたいです。

すごい差ですね、どのような理由で「LINEはナシ」なんでしょうか。気になります。

ただあらためて言いますが、平日朝9:30頃にテレビを使って視聴者向けに行われたアンケートのため、回答者の年齢や職業等には偏りはありそうな気はします。

これを見たTwitterの反応は

この結果を見て世間の反応はどうなのか、ちょっとTwitterを見てみました。





とまぁ「アリ」「ナシ」それぞれ意見が出ていました。

僕はLINEで連絡が欲しい

58bcc240291aeb191e242c1a6cb11860_s

環境にもよるので一概に「こうすべき」とは言えませんが、僕はLINEやSlack、ChatWorkなどによる連絡を推奨しています。今はスマホですぐに確認できますし、なんだったら複数名への共有も可能です。電話のように場所を気にしたり瞬間的にお互い時間を取られることもありません。一言返信すれば、連絡してきた相手にも確認したことが伝わります。これで十分です、全然問題ありません。

環境にもよると言ったのは、例えば相手がスマホやPCのない環境にいるような場合です。業種によっては相手が電話以外連絡のしようがない環境にいることもあると思います。このように限られたツールしか使用できないような場合は致し方ないでしょう。

そうではなく連絡手段を選択できる環境にいるならば、「まずは電話連絡」という考えはもう辞めたほうが良いと思います。「誠意が伝わる」「昔からの常識」「一般的に」等、理由にならぬ言葉を並べて電話連絡を促すことは、非常に時間効率が悪いからです。

時間は有限なので、ちょっとしたことでも最適化できることは日々取り入れ、自分自身や共に働く仲間の時間効率を高めていきたい思っています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280