4月中にAmazonでお得に購入できるKindle(キンドル)本【Kindle月替りセール情報まとめ】

この記事をシェアする

4月になり、AmazonのKindle月替りセール情報も更新されました。今月は全145もの作品が対象です。40%以上OFFと非常にお得なので、気になっていた作品がないか要チェックです。

50
Kindle月替りセール会場へ

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

2016年4月のKindle月替りセール対象作品

全145作品の中からいくつかピックアップします。なお、その他全作品は、コチラからご確認ください。

  1. 日本の未来を考えよう 出口治明

    ライフネット生命出口治明さんの「日本の未来を考えよう」が55%OFF。

    色々なトピック(国の効率はどう?企業の生産性はどう?など)に関して世界のデータと比較して分かる事、そして問題点の指摘と、改善するための提案が書かれています。

    これまで何となく知っている・聞いたことのある数字やデータも、データの捉え方や、これまで知らなかった点や背景などを知ることができ、今の日本の状態が世界の視点から見てどうなのかを学ぶことができます。

  2. 池上彰の宗教がわかれば世界が見える 池上彰

    池上彰さんの「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」が54%OFF。

    この本は「宗教に無関心だった人が読んでみて宗教に関心を持つきっかけにする」というような本と思われ、宗教にすでに関心をもっている人にとっては、ぜひ読む必要のあるような本とまでは言えないと思います。

    個人的に参考になったのはやはり、仏教・神道のお話。日本人であれば一考は必要かと考えます。一番参考になったのは対談の最後に掲載されている養老孟司氏との対談。小手先の宗教観など、バッサリと切り捨ててしまう養老さんの発言は、かなり爽快でした。

  3. 本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント 松岡修造

    松岡修造さんの「本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント」が48%OFF。

    この本を読んで一息に何かが変わるということは恐らくありません。
    読んだ直後にはピンと来ないこともあるかもしれません。
    この本をきっかけに変わりたいと思った貴方が勇気を出して何かしらのアクションを起こす。
    そして再び読み返す。
    それを繰り返すことで本当の価値と意味が見えてくる本だと思います。

    ネットの動画で
    なぜあんなに熱くて、あんなことを言うのか
    この本を読んでいくと「あれには意味があるんだ」と思いました。
    熱い気合いでなんでも乗り越える…みたいな内容の本ではなく
    しっかりとした冷静な分析・解析を元に作られた本だと思いました。
    目次ごとに一つ一つ分かりやすく簡潔に書かれていて
    とても読みやすく(個人的に重要)
    読んでいて面白いです。

  4. まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

    「まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する」が72%OFF。

    原作は読むのが大変そうなので、マンガのみしか読んでいません。
    エッセンス程度かも知れませんが、「明確で具体的、かつ意味のある目標を掲げることの
    大切さ」は、よく分かりました。

    ナポレオンヒルは素晴らしいし、作品も読みやすい。
    しかし、日本では適切な組織がないので受講が事実上出来ない。
    本国は適切な組織を日本に立ち上げてから、アピールすべきに思う。

  5. 昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ! v-com2

    「昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!」が48%OFF。

    いろいろなブロガーさんがすでに書評記事で指摘しているとおり、ここ数年に注目されてきた、昇格株を狙う投資手法の集大成的な1冊。
    やっつけで書かれた本ではなく、著者が積み上げてきたさまざまなノウハウが、「ここまで出しても大丈夫?」と心配になるほど、事細かに解説・公開されている。

    数値の読み方や上場する気配など、基本的ねことがわかってすごく良かったです。他の本や雑誌は、優待については、それ自体のお得度や、利回りしか書いてない事がほとんどなので、勉強になりました。

  6. 売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。

    「売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。」が65%OFF。

    Rショップ出店1年以内のものです。
    やることが多すぎて何を優先したらいいんだろうとわからなくなったときに出会った1冊。
    著者は元Rにいた方だけあり、とても勉強になりました。
    ネットショップをやっている方以外の実店舗をもつかたにも参考になるなあと
    感じました。

    具体的に、何をすれば売上げが上がるか書かれています。
    ネットショップの構築→運営→改善の流れに、常に間違っていないかチェックできる1冊です。

  7. 英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる ロバート・ハリス

    「英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる」が44%OFF。

    タイトルや表紙から軽いうさん臭さを感じる人もいるかもしれませんが,読者のことを考えてまじめに作られた,実用的な本です。
    5章構成ですが,個人的には,この本の価値の大部分は第1章「これだけ聴ければ困らない」にあるように思います。

    海外旅行の際に、機内で必要そうな個所のみピックアップして聞いて&読んでいました。
    大体こんなことが聞かれるんだなあ、という心構えが出来、機内でも、入国審査でも、特に困ることがなく、非常に助かりました。

  8. 3年後に必ず差が出る 20代から知っておきたい経理の教科書 小島孝子

    「3年後に必ず差が出る 20代から知っておきたい経理の教科書」が40%OFF。

    長く会計に従事していますが、会計についてよく聞かれるので説明書になるかなと手に取ってみました。
    1つテーマに見開き2ページ、2つの要点と図表を使って簡潔に説明してあります。

    この手の本は経理部署に配属になった新人向けに書かれている物が大多数かと思う
    この本も、その趣旨で書かれていて、とてもよくまとまっていてこの本の内容理解できれば
    3年後確かに必ず差が出ると思う

  9. グサリとくる一言をはね返す心の護身術

    「グサリとくる一言をはね返す心の護身術」が40%OFF。

    他人の気分や感情から来る言葉を、正面から受け止める必要なし。
    そうすることで、むしろ「なぜこの人は感情的になっているのか」と、少しだけ冷静に考えることができるようになりました。
    一気に読破するより、毎日「心に染み込ませる」ような読み方が、この本を自分の心に響かせるには良いかもしれません。
    人間関係に悩む人にはオススメ!

    ちょっと対応が日本人的ではないのではないかしら?と思いました。
    このパターンは会議とかでまともに喧嘩売られた体制とか、セクハラモードとかそんなときの対応に感じました。
    キャリアウーマンさんには向くかもしれません。

  10. アルゴリズムの絵本 プログラミングが好きになる9つの扉

    「アルゴリズムの絵本 プログラミングが好きになる9つの扉」が40%OFF。

    本書は、この「絵本」シリーズの中では唯一C言語とは・・・という事が、解りかけてきた初心者が一人で読んでも理解できる本かもしれない。
    ただし、ソート関連のアルゴリズムに関しては、もう少し実用的な例題が多ければ良いと思う。
    何となく触ってパソコン操作を覚えた人には、知識を確認する意味で読むのもいいかもしれない。

    初心者が、どうやって自分で考えてプログラムを作れるようになるのかを
    教えてくれます。
    C言語を覚えた後に読むのがよい使い方です。サッカーでいうと、ルールを覚えた後にパスやドリブルの練習をするのにあたります。

以上、とりあえず10作品をピックアップしました。レビューは全てAmazonレビューより引用。

4月の月替りセールは全部で145作品ありますので、その他の作品はコチラで確認できます。

AmazonのKindle本関係のセールは他にも、「Kindle日替りセール」や「Kindleセレクト25」といった定番セールがあります。

たまにみてると、気になっていたけど機会を逃して読めずにいた本が出ていることもあるので、チェックしてみると良いですよ。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280