Mac用テキストエディタ「mi」のブラウザプレビューに「Google Chrome」を追加する方法。

この記事をシェアする

Mac用テキストエディタの定番である「mi」。無料で使用できるシンプルなテキストエディタで、僕もHTMLやCSS、JavaScriptなどを書く際に使用します。また日本語エディタなので、初心者の方でもダウンロードや各種設定がしやすく使いやすいと思います。

さて、その「mi」で作業中にブラウザプレビューする際ですが、デフォルトで用意されているブラウザは以下の通りです。

  • Safari
  • Internet Explorer
  • Firefox
  • Opera
  • iCab

この中でショートカット(⌘+R)に設定されているのが「Safari」です。そう、ご覧の通り「Google Chrome」が用意されていません。

現在メインブラウザとしてGoogle Chromeを利用している方も増えているでしょうし、今回はこのブラウザプレビューにGoogle Chromeを追加する方法をご案内します。

※ 表示方法は他にもありますが、mi内で設定しておいたほうが楽です。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

「Google Chrome」を追加する

設定はとても簡単ですので1分もかかりません。以下の手順で設定してください。

  1. 「mi」の「モード設定」を表示

    10
    まずはmiのモード設定を表示します。

  2. 「ツール」を表示

    00
    モードは「HTML」にして「ツール」を表示します。その後画面左下の「新規ツール」をクリックします。

  3. 「新規ツール」作成

    各項目には以下の通り入力してください。コピペでokです。

    06

    • 名前(ファイル名): Browse (Google Chrome)
    • 日本語  :ブラウズ (Google Chrome)
    • 挿入文字列:<<<BROWSE(Google Chrome)
    • コマンドショートカット:R

    2つ目の日本語表示の部分は任意です。またコマンドショートカットを「R」にしましたが、「R」にはデフォルトでSafariが登録されています。僕はSafariの代わりにGoogle Chromeを登録したかったのでこのようにしましたが、他のキーボードに割り当ててもokです。

    入力したら保存しましょう。保存後は、ツールで確認します。

    40
    この通り、ブラウザプレビューにGoogle Chromeが追加されています。

以上で設定完了です。

これで今後、作業中にブラウザでプレビューを確認する際にGoogle Chromeで表示させることができます。

最後に

今回は、Google Chromeをブラウザプレビューに追加し、コマンドショートカット(command(⌘)+R)もSafariからGoogle Chromeへ変更しました。

ただ、プレビューについては各ブラウザで確認することを考えると、Safariからの置き換えではなく、別のキーボードへ割り当てても良いと思います。

この辺りは色々と試しながら、自分にあった環境に設定していくのが良いでしょう。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280