iPhone SEは買いなのか!?iPhone 6sと比較して感じた決め手となる5つのポイント。

この記事をシェアする

先日発表されたApple社の新製品「iPhone SE」。事前に予想されていた通りの内容だったため、特に驚きはなく期待通りの発表でしたね。街の家電量販店等では予約受付が始まっているようで、こちらの恒例のように賑わいを見せていました。

Apple (日本) – Apple Press Info – Apple、iPhone SEを発表 — 4インチディスプレイの最もパワフルなスマートフォン

さて、まもなく発売となる「iPhone SE」ですが、果たしてこの新モデルは「買い」なのか!?リリースされている情報と、僕が現在使用中の「iPhone 6s」との比較から感じたポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

iPhone SEの特長

47

既に各メディアでも報じられている通り、iPhone SEの特長はこんなところでしょう。

  • 4インチRetinaディスプレイ(iPhone5sと同サイズ)
  • iPhone 6s/6s Plusと同様の4色展開
  • iPhone 6s/6s Plusと同様のA9チップ搭載
  • 4Kビデオも撮影できる12メガピクセルのiSightカメラ搭載
  • iPhone 6sよりも安い本体価格

基本仕様は現行モデルである「iPhone6s」を引き継ぎし、それを2世代前の「iPhone5s」を彷彿させる4インチのボディに搭載させた感じですね。

購入の決め手となる5つのポイント

「iPhone SE」と「iPhone 6s」を比較するといくつか違いが見えてきます。重要度は人によって異なりますが、購入の決め手になると思います。

  1. サイズ

    iPhone・Androidどちらのスマートフォンも大型化が進んできた中で、iPhone SEは2世代前のモデルと同じ4インチと小さくなりました。これは使用者の手の大きさや使い方等によって、完全に好みが分かれるところだと思います。

    この点について僕は、「有り」だと思っています。というのも、現在使用中のiPhone 6sはちょっと大きいと感じているからです。iPhoneを使用する際は片手操作が基本なので、自分の手に合ったサイズというのは大事なポイントであり、4インチはちょうど良いです。

    またサイズが小さくなるだけあって、重量も143g→113gと多少軽くなるのも嬉しいですね。

    この自分の手に合ったサイズかどうかは大事なので、僕はiPhone 6s Plusは購入検討にも至ったことがありません。あのサイズになると、「バッグに入れて持ち歩き、操作は両手を使う人」や「大きな画面じゃないと見にくいという人」向けになってくるからです。僕には大きすぎます。

  2. 指紋認証センサーが第1世代

    09

    個人的にもはや欠かせないシステムであるiPhoneの指紋認証センサーですが、iPhone SEに搭載されているのはiPhone6以前のモデルに搭載されていた第1世代です。個人的にこれは結構残念でした。

    iPhone 6sで搭載された第2世代指紋認証センサーを体感した人には、ちょっと反応が遅いと感じるかもしれません。僕は第1世代搭載製品から第2世代搭載製品へとかえてきましたが、はじめて第2世代を体感した時は、その進化に軽く感動しました。

    僅かな差とはいえ日に何度も利用する機能なので、既にiPhoneの第2世代指紋認証センサーを利用している人は、iPhone SE購入前に店頭で一度確認したほうが良いでしょう。

  3. 3D Touch非搭載

    iPhone 6sで搭載された3D Touch機能は、iPhone SEは搭載していません。これも個人的に残念でした。

    正直今のところは、3D Touch機能が無くなったからといって、iPhone使用上において大きな混乱はないと思います。ただ、対応のサードパーティ製アプリも徐々に増えてきて、新たな可能性や期待を感じていることもまた事実なので、できれば搭載して欲しかったです。

  4. ストレージ容量が実質64GB一択

    iPhone SEのストレージ容量は16GBか64GBです。音楽・写真・ビデオ動画を保存したり、後々iOSのアップデートをすることを想定した場合、16GBではまず足りません。そのため僕が今から16GBを選択する理由はないので、実質64GB一択になってしまいます。

    例えば、音楽・写真・ビデオ動画をあまり保存することがなく、標準搭載のアプリケーションを利用する程度のライトユーザーなら、16GBでも足りると思います。(溜まった写真やビデオ動画は、たまにパソコンへ移してiPhoneから削除しましょう。)

  5. iPhone 6sより3万円程安い

    iPhone SE(64GB)は販売中のiPhone 6s(64GB)よりも3万円程安いです。(Appleオンラインストアで比較)

    • iPhone SE(64GB):64,800円(税別)
    • iPhone 6s(64GB):98,800円(税別)

    決して安さを売りにできる価格ではありませんが、両モデルを比較すると随分と価格が抑えられています。

まとめ

今回発表されたiPhone SEははたして「買い」なのかどうか。並行してiPhone 6s/6s Plusが販売されている現状、上記5つの違いが個人的には決め手になると感じています。

まぁでもやはり、1番の違いはディスプレイサイズだと思います。そもそも大きいほうが良ければ「iPhone 6s/6s Plus」一択ですしね。「3D Touch」や「指紋認証センサー」の違いなんかは全然気にならない人もいるでしょう。この辺りは、店頭で操作して実際に体験するのが良いと思います。

僕は使用中のiPhone 6sがまだまだ元気なので購入しませんが、人によっては十分に魅力がある「買い」な製品だと思います。時期が違えば僕も購入していたと思います。そろそろ機種変更したいなーと思っていた人は、上記を参考に是非検討してください。

iPhone SE基本仕様

  • 高さ×幅×厚さ:123.8×58.6×7.6mm
  • 重さ:113g
  • カラー:シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールド
  • 容量:16GB、64GB
  • ディスプレイ:4インチRetinaディスプレイ
  • 12メガピクセルiSightカメラ
  • 4Kビデオ撮影
  • 指紋認証センサー(第1世代)
  • 販売開始:2016年3月31日
  • HP:http://www.apple.com/jp/iphone-se/
スポンサーリンク
Google AdSense 336×280