まだ「マイナンバー通知カード」を受け取っていない人は、とりあえず住民票登録地の自治体へ連絡しよう。

この記事をシェアする

意外とまだ「マイナンバー通知カード」を受け取っていない人っているんですね。

もちろん大多数の方が受け取っているのでほんの数%なのかもしれませんが、自分が思っていた以上に周囲にもいて、ちょっとビックリしました。勤務先の職場からまだマイナンバーの提供を求められていない会社員の方など、使う機会もなく忘れているのかもしれません。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

マイナンバー通知カードが届かない

56

マイナンバーは簡易書留で送られてきます。昨年10月以降から各世帯への郵送が開始されましたが、まだ受け取っていない人の話を聞いていると、簡易書留の不在通知すら見た記憶がないようです。

まぁ実際のところどうだったのかはさておき、通常不在であれば不在通知が投函されるので、再配達を依頼すればすぐ受け取ることができるようになっています。ただ、そのまま一定期間を過ぎてしまうと郵便局から各自治体へ戻されてしまいます。

そのため未だに受け取りできていない人の「マイナンバー通知カード」は、トラブル等でもなければ全て自治体にあるはずです。

自治体へ電話しよう

そういうわけで、まだ「マイナンバー通知カード」を受け取っていない人は、とりあえず自治体へ電話してみましょう。自治体によっても対応は多少異なるかもしれませんが、周囲の話では、連絡後数日で無事に受け取ることができているそうです。

「マイナンバー」はこの先必ず必要になりますし、そろそろ受け取っておいたほうが良いと思います。

個人番号カード申請について

余談。「個人番号カードは申請したほうが良いの?」と質問を受けることがありますが、現状では申請しなくても良いかなと思っています。

この先色々と便利になる方向性ですが、慌てて申請するような内容でもありませんし、興味があれば時間がある時に申請すればいいなかと思っています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280