iOS版「Google マップ」が3D Touchに対応!iPhoneから自宅や職場への経路検索が超簡単に。

この記事をシェアする

先日、iOS版の「Google Maps (グーグルマップ) 」が、3D Touch(タッチ)に対応しました。これによって、登録した「自宅」や「職場」までの経路検索がとてもスムーズにできます。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

iOS版の「Google Maps (グーグルマップ) 」が、3D Touch(タッチ)に対応

IMG_15599

今回のアップデート内容はこちら。

IMG_15577

  • ガソリンスタンド・レストラン・スーパーなどへの寄り道を経路に追加できるようになった
  • グーグルマップアプリのアイコンをプレス(強めに押す)すると、自宅や職場までの経路を簡単に検索できるようになった
  • バグを修正

グーグルマップアプリは、これまでも「マイプレイス」に登録しておくことで簡単にナビを開始できましたが、3D Touchに対応することでさらに便利になりました。

使い方

3D Touchを使用するには、はじめに自宅や職場の住所を「マイプレイス」に登録しなければいけません。

  • iPhoneでマイプレイス登録

    「マイプレイス」への登録はグーグルマップアプリから可能です。

    1. グーグルマップのメニューを表示

      S__129269888
      グーグルマップを起動後、左上のボタンからメニューを表示します。

    2. マイプレイス表示

      IMG_15611
      「マイプレイス」をタップすると、自宅や職場、その他に保存している場所が表示されます。

      IMG_15644
      自宅・職場どちらも登録されていないので住所を登録します。

      IMG_15666
      登録する住所を入力します。

      IMG_15633
      入力後、前の画面に戻るとこの通り登録されています。

    以上で「マイプレイス」の登録は終了です。これで3D Touchを利用できます。

  • 3D Touchでグーグルマップ起動

    「マイプレイス」へ自宅か職場の登録を済ませたので、3D Touchでグーグルマップアプリを起動できます。

    IMG_15599
    グーグルマップアプリのアイコンをプレス(強めに押す)すると、「自宅への経路」「職場への経路」と表示されます。これは「マイプレイス」へ自宅と職場両方を登録している場合の表示です。どちらも登録していなければ何も表示されません。

    タップするとグーグルマップが起動し、現在地からの目的地までの経路候補が表示されます。あとは「車」「電車」「徒歩」と好きな手段でナビを開始してください。

まとめ

日頃から、グーグルマップアプリをナビに利用している方には、とても便利だと思います。アプリを起動して検索等の操作することなく、1タップで経路候補を表示してくれるので、とても簡単で早いです。

現在、「マイプレイス」への登録は「自宅」と「職場」の2つですが、自宅や職場以外によく行く場所があるなら、そちらの住所を登録しても良いでしょう。

3D Touch対応アプリは徐々に増えています。今後も様々なアプリが対応し、より便利になると良いなと期待しています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280