グーグルのセキュリティ診断で「Google Drive」の容量2GBを無料でもらう方法。

この記事をシェアする

Googleのセキュリティ診断実施で、「Google Drive(グーグルドライブ)」の容量を2GB無料でもらえるキャンペーンが今年も始まりました。セキュリティ診断はとても簡単です。特に問題がなければ1,2分で終了しますので、この機会に実施することをおすすめします。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

セキュリティ診断の方法

    まずはGoogleを開いてください。

    34
    58
    Googleメニュー内の「アカウント」→「セキュリティ診断」と進めます。

    もしくは、コチラから直接開いてもokです。

    39
    Googleにログインしていない場合は、ここでログインを促されます。GoogleのIDとパスワードを入力してログインしてください。

    ※ これ以降、現在の設定状況により表示される内容が異なりますが、適宜内容に問題がないか確認していきます。

  1. アカウント復旧情報の確認

    077
    グーグルアカウントにアクセスできなくなった場合等にGoogleがお知らせする連絡先です。問題なければ完了。

  2. 接続されている端末の確認

    499
    あなたのグーグルアカウントにログインしている端末が表示されます。不正アクセスされていればこちらで表示されることになります。

  3. アカウント権限の確認

    57
    Googleアカウントと連携中のアプリやウェブサイトが表示されます。覚えのないサービスはもちろんですが、もう使用していないアプリなどがあれば削除してしまいましょう。

  4. アプリ パスワードの確認

    455
    2段階認証を設定中の方で、2段階認証プロセスを使用していないアプリ(信頼済みのアプリ)がある場合に表示されます。ここでも、覚えのなりアプリがあれば取り消しをしましょう。

  5. 2段階認証プロセスの設定の確認

    233
    こちらも2段階認証プロセス関係(認証コード確認方法等)の確認画面です。

  6. セキュリティ診断完了!

    21
    以上でセキュリティ診断終了です。特に問題や変更箇所がなければ1,2分で終了してしまいます。

グーグルドライブの容量が2GB増えているか確認

セキュリティ診断が終了すると、さっそく容量が2GB追加されています。グーグルドライブを開いて確認してみましょう。

23
59
この通り、「2016年度セキュリティ診断のボーナス」として2GB追加されているはずです。

まとめ

Googleに限らずセキュリティの設定はとても大切です。ご自身の身を守るためにも定期的な見直しをすることは大事だと思います。ただ、どうしても面倒だと感じてしまったり、そもそものリテラシー欠如から疎かになってしまうケースが多いのではないかと思います。

このキャンペーンも、単に「無料で2GBもらう」ことだけを目的にするのではなく、しっかりと設定状況を見直しすることをおすすめします。そしてこれを機に、多くの人が自身のセキュリティに対する意識改善になれば良いなと思います。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280