住信SBIネット銀行が金利を改定し、「SBIハイブリッド預金」は今年2度目の引き下げに。

この記事をシェアする

住信SBIネット銀行は本日、金利の改定を発表しました。これで同行の「SBIハイブリッド預金」は今年2度目の引き下げになります。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

住信SBIネット銀行が金利引き下げ

止まりませんね。2月8日、住信SBIネット銀行が「円普通預金(法人)」と「SBIハイブリッド預金」の金利を改定いたしました

28
円普通預金、SBIハイブリッド預金の金利改定のお知らせ

今回の改定で「SBIハイブリッド預金」は先月に続いて今年2度目の引き下げです。預金金利を目的に利用している方からの印象は、とても悪いのではないかと思います。

改定内容の詳細

「円普通預金」と「SBIハイブリッド預金」の改定内容は以下の通りです。

    円普通預金

  • 個人:改定なし(年0.02%)
  • 法人:年0.02% → 年0.01%
  • SBIハイブリッド預金

  • 個人:年0.05% → 年0.03%
  • 法人:年0.03% → 年0.02%

何度か書いていますが、SBIハイブリッド預金の金利(個人)は、1年前は年0.10%でした。そこから今回の改定を含めて5回、この1年で段階的に金利の引き下げが行われてきました。結果的には、0.10%→0.03%と大きく引き下げられた状況です。

住信SBIネット銀行の金利推移

今回発表された金利の改定を含め、この1年間の金利推移です。

円普通預金 SBIハイブリッド預金
2016年02月08日 0.02% 0.03%
2016年01月11日 0.02% 0.05%
2015年10月05日 0.02% 0.06%
2015年07月06日 0.02% 0.07%
2015年04月06日 0.02% 0.08%
〜2015年04月05日 0.02% 0.10%

円普通預金(個人)は変更ありません。繰り返しになりますが、SBIハイブリッド預金は2015年4月6日の改定から約10ヶ月間で計5回の改定を行い、段階的に金利を引き下げています。

「SBIハイブリッド預金」へ金利目的の預金はやめたほうがいい?

これまで「SBIハイブリッド預金」は普通預金に近い感覚で利用でき、そのうえ高金利と魅力的な商品でしたが、金利を目的とした利用は今やおすすめできない状況になりつつあります

また住信SBIネット銀行に限りませんが、今の経済状況や政策の影響から、各銀行の金利に影響が出てもおかしくない状況だと思います。引き続き目が離せない状況です。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280