「マイナンバー通知カード」がまだ届かないけど年末調整の記入ってどうしたら良いの?

この記事をシェアする

今年も年末調整の時期ですね。まさに今、必死になって記入している人もいるのではないでしょうか。毎年書いているはずなのに、なぜかいつも分からなくなってしまう人も結構いると思います。

そんな年末調整の各申告書ですが、今回記入する申告書の一部から、いよいよマイナンバー(個人番号)記入欄が加わっています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

扶養控除等申告書に個人番号(マイナンバー)記入欄がある

会社によって記入時期も多少異なるかもしれませんが、平成28年分の扶養控除等申告書にはマイナンバー(個人番号)の記入欄があります。

41

でも、今現在「マイナンバー通知カード」が届いている人ってかなり限られています。報道されている情報からすると、会社に提出を求められている期限までに届く可能性は低いはずです。

国立印刷局から郵便局に届ける通知カードの仕分け作業などが想定よりも1週間程度遅れ、郵便局への到着が滞っているためだ。政府が目標としていた「11月中の全世帯配布」は遅れることが確実となった。

では今回の年末調整ではどうしたら良いのでしょうか?

今はまだ書かなくていい

結論から申し上げると、2015年の年末調整ではマイナンバー(個人番号)の記入は不要です。

平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書のマイナンバー欄の取り扱いについてですが、基本的に2015年はマイナンバーを記入する必要はありません。

僕も仕事上の都合で税務署の方の話を聞く機会がありましたが、やはり同様の説明でした。よって、まだ「マイナンバー通知カード」が届かない人も焦る必要はありません。年末調整には不要ですし、マイナンバー通知カードの到着にはまだ時間がかかるからです。ただし詳しい提出方法については会社から説明があると思いますので、それに従って処理して頂ければと思います。

マイナンバー通知カードの到着はまだ時間がかかりそう

先ほども書きましたが、「マイナンバー通知カード」の発送は想定していた以上に時間がかかっているようです。全世帯への配布目標が後ろ倒しになりましたが、ひょっとするとまだまだ遅くなってしまうこともあるかもしれません。

誤配等の報道もあって不安になってしまうかもしれませんが、怪しい電話の指示に従うことがないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280