マイクロソフトのOneDriveを無料で利用中の方は要チェック。無料ストレージ容量が5GBへ減少します。

onedrive_rgb_blue2728

先日、Microsoft(マイクロソフト)はクラウドストレージ「OneDrive(ワンドライブ)」について、プラン改定を発表しました。これがまぁ主にストレージ容量の制限に関する内容だったので、該当ユーザーは利用状況をチェックしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

無料のストレージ容量が15GBから5GBへ

ワンドライブを有料契約せずに利用しているユーザーは多いと思います。現在は無料で15GBと、クラウドストレージサービス中でも利用できる容量が多いので使っているという人もいるでしょう。ところが今回の改定で、無料で利用できる容量が5GBへ減少することが決まりました

48



生産性の向上とスムーズな共同作業の実現に向け、OneDrive ストレージ プランを変更 – Office Blogs – Site Home – TechNet Blogs

マイクロソフトが発表したOneDriveのプランに関する変更点は次の3つです。

  • 無制限プランの廃止
  • 新規で100GB・200GB有料プランの受付終了。新たに50GBプランの提供開始。
  • 無料ストレージ容量を15GBから5GBへ減少

プラン改定が適用されたときに容量5GBを超過していると

この無料ストレージ容量の変更については、2016年初旬からということですが、その時点で容量を超過していると以下のような措置が取られるそうです。

1.通知が送られる

まずはマイクロソフトから容量減少に関する通知が送られます。この通知後90日以内に対応しないと、アカウントが読み取り専用になります。

2.通知後9ヶ月間はファイルの閲覧やダウンロードが可能

通知後90日が経過してからも、9ヶ月間はファイルの閲覧やダウンロードが可能とのことです。ただし新しいコンテンツを追加することはできません。

3.9ヶ月経過してしまうと

容量超過に対して対応せずに9ヶ月経過してしまうと、アカウントがロックされるそうです。ロックされるとOneDriveへ保存しているコンテンツにアクセスできません。

4.最終的に1年経過するとついに削除

容量超過に対応せずに1年経過してしまうと、最終的に保存しているコンテンツが削除されます。

15GBも不要なデータを保存していることはないと思うので、期限内に必ず対応しておきたいですね。

使用している容量を確認するには

OneDriveで利用している容量を確認するには、ストレージ管理ページにアクセスすると表示されます。

04
24

なお本件における対応方法は保存しているコンテンツを削除するか、ストレージを追加するしかありません。容量追加する場合にはこのページから追加のストレージ購入が可能です。

今なら3つのプランから選べます。

  • オフィス365 + OneDrive 1TB
  • 100GB
  • 200GB

ただ、この話が対象になるのは元々無料の15GBで足りていた人たちになるので、追加購入はせず、他のクラウドストレージサービスとの併用で対応したほうが賢明だと思います。

【追記】

プラン改定内容に一部変更がありました。申し込みをすれば今まで通り無料で15GB利用可能になります。

受付は期間限定のようです。希望する場合は早めに対応しましょう。

image via Microsoft OneDrive

スポンサーリンク
onedrive_rgb_blue2728

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。