スマホで簡単!スタバの「Starbucks eGift(オンラインギフト)」が手軽で便利!

この記事をシェアする

Starbucks eGift(オンラインギフト)は、メッセージカード付きドリンクチケットをスマホで簡単に贈ることができます。相手には「LINE」や「Facebook」で届くため、手軽に利用することができ、誕生日などのお祝い事に贈るプレゼントに良いかもしれません。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

Starbucks eGift(オンラインギフト)の特長

IMG_0880 (1)

スタバのオンラインギフトはスマホから簡単に贈ることができます。贈る方も貰う方も手軽に利用できるところが良いと思います。

カードのデザインが豊富

おすすめ理由の1つに、ギフトカードのデザインが豊富という点もあります。

39
今だとハロウィンのように、季節にあったものもあり、相手やシーンに合わせて好きなデザインを選択できます。

さらにこのカードは、140字以内でメッセージを添えることが可能です。メッセージ無しでも贈れますが、せっかくなので何か一言添えて贈りたいですね。

相手に贈る方法を選ぶことができる

ドリンクチケットを贈る際、相手への送信方法を選ぶことができます。

  • メール
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • mixi

このようにメールだけでなく、LINEやFacebookなどのSNSで贈ることもできます。相手にあわせて最適な方法を選択することできます。貰う方も日頃利用しているサービスに届けば非常に利用しやすいですよね。

1枚500円とお手頃価格

スタバのオンラインギフトは1枚500円です。百貨店の商品券等と同じで、お釣りはでませんし、500円を超える場合は差額を支払いすることになります。また1度に贈ることができる枚数は最大6枚、1度に使用できるのは1枚だそうです。

スタバのドリンク約1杯分と、ちょっとしたプレゼントには良い価格設定じゃないでしょうか。

有効期限は発行から4ヶ月先の月末

スタバのオンラインギフトには有効期限があります。発行(ギフト購入)月から4ヶ月先の月末なので、例えば10月に発行した場合は2月末が期限です。この有効期限は、受け取った側にも表示されるので、知らずに期限切れなんて自体は避けることができます。

なお、有効期限は上記の通りですが、ギフトカードそのものは3年間保存されるそうです。

スタバオンラインギフトの作成方法や使い方

    まずはスターバックスのオンラインギフトのページを開きます。
    https://gift.starbucks.co.jp/

  1. カード(デザイン)選択

    IMG_0898
    シーンに合ったデザインを選択します。

  2. 140字以内のメッセージを入力

    IMG_0882 (1)
    未入力でも作成可能ですが、せっかくなので何か一言入れたほうが良いでしょう。

  3. 作成内容の確認

    IMG_0883
    作成した内容を確認します。1度に贈れる枚数は最大6枚です。アカウント連携のところはスルーしてokです。

  4. 決済方法(支払い方法)を選ぶ

    20
    「クレジットカード」「キャリア決済」「LINE pay」などから決済方法を選択したら、最後に「規約に同意し、決済する」を押す。

  5. 相手への送信方法を選択

    IMG_0887
    今回僕はLINEを選択しました。LINEの場合は、選択後にLINEが起動するため、送信相手を選べば完了です!

  6. スタバオンラインギフトの使い方

    オンラインギフトを使うには、スタバで会計する際にオンラインギフトの画面(バーコード)を表示させ、専用機にスマホの画面をかざすだけです

    画面を店員に見せればすぐに伝わりますのでご安心ください。

まとめ

いかがでしょう?Starbucks eGift(オンラインギフト)はとても簡単に作成でき、また会員登録といった煩わしいこともなく利用できるのでとても便利です。期限も4ヶ月ありますので、スタバなら各地にありますし期限切れの心配も少ないでしょう

ドリンクメニューも豊富にあるので好みを考える必要もなく、手頃な価格設定ですので、気軽に利用できるサービスだと思います。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280