夏フェスに必要な持ち物・あると便利な物まとめ!

この記事をシェアする

a74d2b2462fc1344ccc29a05aea162fc_s

僕は夏の野外フェスが好きで、都市型・郊外型どちらもよく行きます。つい先日は、SUMMER SONIC(サマーソニック) 2015へ行ってきました。ここ数年は頻度が減っていますが、それでも毎年1つは必ず行っていると思います。

IMG_0033

先日行ってきたサマソニは、千葉の幕張メッセ・QVCマリンフィールドと、大阪の舞洲で開催される都市型のフェスです。日帰りで行くことができ、屋内にもステージや休憩所があるので、初心者でも参加しやすいフェスです

とはいえ、真夏に開催されるイベントで、多くの人で混雑もするため、服装や持ち物は気をつけなければいけません。今回行く際も「フェスって何を持って行ったら良いの?」と質問があったので、この機会に必要な持ち物やあると便利な物について、まとめておきます。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

フェスに必要な持ち物

まずは必要な持ち物から。

入場チケット

当たり前ですが、これがないと入れません。過去に何度か、入場口前で慌てているグループを見たことがありますが、家を出る前に必ず確認しましょう。

現金

フェス会場内での買い物は物販を除いて基本的に現金払いです。あまり大金を持っていくのも望ましくありませんが、普段あまり現金を使用しない僕と同じような方は忘れぬよう注意です。

また財布は普段使用しているものではなく、出来る限りコンパクトで持ち歩きやすい物が良いです。それと不要なカード類は家に置いていきましょう。

保険証

夏の野外フェスは炎天下の中開催されます。いくら都市型フェスとはいえ、体調を崩してしまう可能性はあります。緊急時の備えとしても保険証は持っていったほうが良いと思います。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカード

サマソニに限らず都市型のフェスの場合、電車で日帰りする人が多いと思います。毎回帰りに最寄り駅を見ていると切符売場が混雑しています。Suica等の交通系ICカードを用意し、事前にチャージをしておきましょう。皆疲れていると思うので、少しでも「並ぶ」リスクを軽減しておくことが大事です。

着替え

フェス開催中はすごく汗をかきます。屋外にいればもちろんですが、室温が調整されている屋内も多くの人で混雑している中動きまわるので汗をかきます。夜帰る頃には気温も下がりますので、そのまま帰ると間違いなく身体を冷やしてしまいます。

全身分の着替えを準備するのは難しくとも、Tシャツ等可能なものは着替えをクロークへ預けておいて、着替えてから帰るようにします。

タオル

汗をかくのでタオルも必須。もし忘れてしまったら、物販に行けば何かしらあるので購入できます。

日焼け止め

特に野外ステージエリア内に長時間いると、かなりの日差しを浴びます。日焼け止めを忘れる翌日大変なことに…。

あると便利な物

なくても過ごせはしますが、あると便利な物をいくつか紹介します。

ウェストポーチ・ボディバッグ

フェス会場内では出来る限り手ぶらで歩けたほうが便利です。僕が使用しているのはパタゴニアのボディバッグですが、これは肩が痛くなりにくく、ポケットの使い勝手も良くてお気に入りです。

ペットボトルホルダー

ペットボトルホルダーもあると便利です。Coleman(コールマン)のペットボトルホルダーはカラビナ付きのタイプなので、バッグやズボンに付けておくことができます。フェス中は水分が欠かせませんので、こういうものがあると水を持ち歩きしやすくなって助かります。

レインコート・ポンチョ

夏の野外フェスは開催中に天候が変わることもよくあります。サマソニであれば屋内へ行けば良いですが、屋外のみのフェスのほうが多いので、そういう時に備えてレインコート・ポンチョはあったほうが良いです。クロークへ預けておけば邪魔にもなりません。

100均からアウトドアブランドまで商品は様々ありますが、都市型フェス用に使い切り間隔で準備するなら100均でも十分だと思います。フジロック等郊外型フェスでの使用や、少しでもデザインや質にこだわりたければ、アウトドア系のショップにたくさんあります。

ウェットティッシュ

夏フェスであると大活躍するのが「ウェットティッシュ」です。食事の際はもちろん、汗拭きシートの代用品としても使うことができて便利です!

モバイルバッテリー(携帯の充電器)

フェス開催中は一緒にいった人と別行動した際の連絡はもちろん、タイムテーブルやエリアマップなどを確認するために何かと携帯電話(スマホ)を使う機会が多いです。最近だとSNSに写真をアップロードしたりなんかも。

そのため帰る頃には充電切れになってしまうこともあるので、そんな状況に備えて充電器をクロークへ預けておくと便利です。あまり大容量過ぎても荷物が重くなってしまうため、適度な容量の商品にしたほうが良いです。

保存用バッグ・ポリ袋

保存用バック・ポリ袋もあると便利です。これは財布代わりに使ったり、雨の日はスマホを入れたりします。

まとめ

以上が、夏の野外フェスへ行く際に必要な持ち物とあると便利な物です。

どれも単純に詰め込んでしまっては、荷物が増えて現地で移動しづらくなります。参加するフェスや当日の天気予報等にあわせて試行錯誤しながら、ご自身にベストな荷物をまとめて頂ければと思います。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280