myThingsで「LINE × ●●」の組み合わせが可能に。Googleカレンダーとの連携が便利!

20161224093043

TwitterやInstagram、Facebookといった様々なサービスを組み合わせることができる「myThings」に、新たにLINEチャンネルが登場しました!

自分ならではの組み合わせを作り、LINE Notify公式アカウント経由で自分や特定のグループ宛にメッセージを送ることが可能になります。myThingsで自動化することで、便利になるだけじゃなく、新たなコミュニケーションを生むこともできそうです。

スポンサーリンク

myThingsにLINEチャンネル登場

myThings公式ブログは2016年12月26日、myThingsにLINEチャンネルが登場したことを発表しました。

20161224093043
via myThings公式組み合わせアイデアブログ

これは便利そうだと思いさっそくmyThingsのチャンネル一覧をチェックしてみると、確かにありましたよLINEチャンネル!

LINEを組み合わせることで、自分だったり特定のグループへメッセージを送ることができるので、プライベート・ビジネスともに新たな使い方ができそうです!

myThingsでできること

以前にもお伝えしましたが、myThingsは提携している各WEBサービスを組み合わせて使うことができるサービスです。数十種類あるサービスはそれぞれできることが決まっているので、それを「(1)◯◯したら、(2)◯◯する」というように組み合わせます。

組み合わせを作るとその後は条件さえ満たせば、自動的に実行してるのでとても便利です。(同類サービスとしては「IFTTT(イフト)」がありますね)

さて、今回登録されたLINEチャンネルは、上記でいう「(2)◯◯する」側を担うサービスになります。

具体的には、トリガーとなる「(1)◯◯したら」が発動したら、それを自分もしくは特定のグループ宛にメッセージを送ることができるわけです。天気予報、Googleカレンダー、Twitter、Instagram…色々考えられますね。

「myThings × LINE × ●●」の組み合わせ例

mythingsline

myThingsでLINEチャンネルを使うといろんなことができます。myThings公式ブログにあがっている組み合わせ例から1つピックアップすると

Yahoo!天気 × LINEの連携

20161224093110via myThings公式組み合わせアイデアブログ

Yahoo!天気チャンネルとLINEチャンネルを組み合わせると、今日や明日の天気予報、特定の天気だったら、気温が◯度以上(以下)だったらという条件を設定し、その結果をメッセージで知らせることができます。

20161226132828
via myThings公式組み合わせアイデアブログ

毎朝、自分へ知らせるだけでも便利ですし、家族など特定のグループへ天気予報を知らせることでコミュニケーションのきっかけにも。

Googleカレンダー × LINEを連携すると便利!

スケジュール管理に欠かせないGoogleカレンダーもmyThingsで利用可能です。僕の場合個人のスケジュール管理以外にも、仕事などで共有しているカレンダーもあるんですが、特定のGoogleカレンダー内の予定をLINEへ通知することができます。

mythingsline-2新しい予定が追加されたら、予定階時刻が近づいたら、キーワードを含む予定の開始時刻が近づいたら…といった条件を指定し、予定時刻前などにLINEで通知してくれます。

mythingsline-3個人用のカレンダーであれば自分宛、家族や仕事での共有カレンダーであれば特定のグループ宛に通知するように設定。新しいスケジュールを自動共有したりリマインダーとしても使え、とても便利です

似たようなことを、以前から僕はSlack × Googleカレンダーで行っているのですがやはり便利。

Slackの便利な使い方。Googleカレンダーと連携させてスケジュールを通知する方法。

Slack(スラック)便利ですよね。コミュニケーションツールとして使用者も増えていると思いますが、本日はGoogle(グーグル)カレンダーと連携してスケジュールを通知する方法を紹介します。

共有カレンダーを更新すれば自動的に知らせることができるので、予定の共有がとてもスムーズになります。今後は同様ことを、myThings × LINE × Googleカレンダーの組み合わせでも使えるのはとても助かります。

まとめ

myThingsには様々なサービスが提携されていていますし、日本語アプリのため多くの人が使いやすいサービスです。そこに多くの人が利用しているLINEが加わったことで、今まで以上に便利になることでしょう。

アプリ内には予め用意されている組み合わせパターンを使うだけでも便利ですが、慣れたら自分ならではの組み合わせを設定すると、さらに使い勝手が向上するのでおすすめ。

画面に従って操作すればスムーズに導入できますので、まずはアプリをダウンロードし、LINEを連携させてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
20161224093043

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。