iPhone 6sの電源が落ちる不具合。調べたら対象端末でした。

iphone-6s-program-for-unexpected-shutdown22

先日よりAppleが公開している「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」の件、iPhone 6sのシリアル番号を入力して対象端末かチェックできるのでやってみました。

すると、まさかの対象端末…。

iPhone 6sユーザーの皆さん、突然電源が落ちたことはありませんか?シリアル番号で対象端末かどうか確認してみましたか!?

もしプログラム対象端末であれば、バッテリーを無償で交換してもらえますので、要チェックですよ!

スポンサーリンク

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラムとは

Appleは、一部の「iPhone 6s」で突然シャットダウンする(電源オフになる)問題があることを発表しました。

iphone-6s-program-for-unexpected-shutdown1

一部のiPhone 6sというのは、2015年9月から10月の間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある端末であるとのことです。

Appleはこの件について、安全性に関わる問題ではないとするも、対象のiPhone 6sについてはバッテリーを無償で交換するとしています。

また、このプログラムの対象端末かチェックする方法は、コチラのページで使用中のiPhone 6sのシリアル番号を入力するだけ。

すぐに確認できます。

iPhone 6sが対象端末か確認してみた

iphone6s

さて、現在僕はiPhone 7を使用しているのでこの問題そんなに気にしていなかったのですが、時間があったのでiPhone 6sが対象端末か確認をしてみることに。すると…

iphone-6s-program-for-unexpected-shutdown22

入力された iPhone 6s のシリアル番号は本プログラムの適用対象です。

はい、対象端末でした。

バッテリー無償交換の手続きは、Apple StoreかApple正規サービスプロバイダで対応のため、後日Apple Storeへ連絡します。

簡単なのでチェックしよう!

対象端末かどうかは、シリアル番号の入力だけで確認できるのでとても簡単です。iPhone 6sユーザーの皆さんは是非チェックしてみてください。

シリアル番号確認方法

iPhone 6sのシリアル番号は設定から確認可能です。設定 > 一般 > 情報の順にタップすると表示されます。このシリアル番号をコピー(またはメモ)してください。

その後、コチラのページでシリアル番号を入力し、送信します。すぐに結果が画面に表示されるのでご確認ください。

僕と同様、「本プログラムの適用対象」と表示された場合には、Apple Storeや近くのApple正規サービスプロバイダで手続きしましょう。

バッテリー無償交換前の準備

バッテリーの無償交換前には、お使いのiPhone 6sで以下の設定などを確認しておきましょう!

  • データのバックアップ
  • 「iPhone を探す」を設定オフ
  • iPhone内のデータ消去

必ずデータのバックアップをとってから交換に出してくださいね。

あと、本プログラム発表以前にすでに同様の症状でバッテリー交換をした方は、返金についてAppleへ問い合わせするよう案内されているのでお忘れなく。

スポンサーリンク
iphone-6s-program-for-unexpected-shutdown22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。