グアム旅行の過ごし方!ココパームガーデンビーチで透き通った海を満喫しよう!

この記事をシェアする

img_3057

グアム旅行に行ったらどのように1日を過ごしますか?海、買い物、ドライブなど、小さな常夏の島とはいえ人それぞれ様々なプランで1日を過ごされると思います。

僕自身はもともと海が好きなので、やっぱり海が中心の過ごし方になります。グアムの多くのホテルはビーチサイドにあるので海へ簡単に出れますし、どこの海も綺麗なのでそれだけでも十分に満足できます。

もちろんそれもアリなんですが、例えば場所を変えて本格的なプライベートビーチで過ごしてみるのはいかがでしょうか?

リゾート感満載、より贅沢な1日を満喫できるCoco Palm Garden Beach(ココパームガーデンビーチ)をおすすめします!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

ココパームガーデンビーチとは

ココパームガーデンビーチはグアム島北部にあります。島の中心街タモンからは、車で1時間程で移動できる距離です。

中心街から離れたプライベートビーチはとても静かですし、透き通った海はとても綺麗。日々の忙しさから開放されてゆっくり過ごすにはとても適したビーチです。

先日グアムへ行った際は、朝に10時頃にビーチへ到着し、そこから13時まで海で過ごす半日プランで遊んできました。

このプランだと現地滞在時間は3時間と限られていますが、14時にはホテルに戻り午後はまた別の場所へ遊びに行くことができるので、色々な場所に行きたい方におすすめです。

滞在時間が2時間長くなる1日プランにすればその分アクティビティや、食事をしたり、時には昼寝をしたりなんていう過ごし方も可能でしょう。

オプショナルツアーで申し込み

グアム東北部にあるココパームガーデンビーチはタモンから車移動が必要です。車(レンタカー)やオプショナルツアーのバスで向かいます。

img_30433

僕が申し込みしたオプショナルツアーでは、ハイアットリージェンシーグアムを8時40分ぐらいに出ます。

その後周辺ホテルの参加者をピックアップし、ココパームガーデンビーチへ向け出発しました。

2016-10-29-21-12-59
via ココパームガーデンビーチ

各ホテルのバス乗車時間です。最新の情報はココパームガーデンビーチHPかオプショナルツアー申し込み先へご確認ください。

ビーチへの利用予約は必要ですが、レンタカーで行くことも可能です。ただ正直、レンタカーで行くのはおすすめしません。

実は僕も、当初はレンタカーで行こうと考えていましたが、ココパームガーデンビーチ手前は路面状況が悪くおすすめしないと現地の方に言われ諦めたんです。

実際ツアーバスでその道を走ってみたらすぐに納得、途中とても路面状況が悪くボコボコ穴があいてます。ツアーバスや前後を走っていた一般車も含め、ずっと蛇行運転を繰り返し通過していた状況です。

img_3045
この写真を撮った場所はまだそこまで悪くありませんが、酷いところは写真なんて撮っていられません。知らずにレンタカーで行っていたら、タイヤパンクは免れないでしょう

ただそんな道路でも、タモンからは1時間かからずに到着します。

img_3041
道中で撮影した1枚。期待高まる!

ココパームガーデンビーチ到着!

img_3046

ツアーバスに乗りココパームガーデンビーチへ到着したのは10時頃でした。

img_3048
到着したらまずは受付へ。

オプショナルツアーへ申し込み時に支払いは済ませてありますので、ここでは申し込みしたプランによって色が異なるリストバンドを受け取ります。半日プランは、白のリストバンドが渡されました。

オプショナルツアー参加者が順に受付を済ませ、その後は続けてビーチを背に記念撮影。撮影した写真は帰りに購入可能です。(確か10ドルぐらい)

ウェルカムドリンクと施設の説明

img_3050
オプショナルツアーにはウェルカムドリンクが付いており、撮影が済んだら近くのテーブルに用意されたウェルカムドリンクを各自頂きました。マンゴージュースおいしかったです。

オプショナルツアー参加者全員の撮影が済んだら、ウェルカムドリンクを飲みながら施設の説明を聞きます。(ちなみに終始英語)

鍵付きロッカー・更衣室・トイレの場所、アクティビティ、食事やドリンク、プラン別の帰りのバスの時間などの説明があります。

img_3047
説明が終了したらいよいよ自由です!さっそく奥に見えるあの透き通った海へ!

ココパームガーデンビーチの海!

img_3060-1

ココパームガーデンビーチの海では、シュノーケリングや釣り、カヤックで遊ぶことができます。陸上ではビーチバレー・バスケ・卓球で遊んだり、ハンモックで寝たりと時間いっぱい自由にお過ごしください

img_3059

海は遠浅で膝下ぐらいの深さでした。入るとすぐに小魚があちこち泳いでいる姿が。また遠浅の海とはいえ、ココパームガーデンビーチは海に入る際にライフジャケット必須なのでご注意ください。もちろんツアー代に含まれています。

ビーチサイドに常駐している監視員もきちんとチェックしていて、知らずにそのまま海に入るとすぐに注意されますよ。

遊泳可能エリアはどこも浅ください穏やかな海ですが、恐らくそこから出ると海も姿を変えるのでしょう。身の安全のためなのでここは素直に従いましょう。

シュノーケリング・釣り・カヤックはオプショナルツアーに含まれていましたので、ビーチハウスの方へ聞けば必要な道具を出してくれると思います。

img_30622
立ち並ぶヤシの木

img_3057
とにかくリゾート気分に浸りのんびりしたければ、ドリンク買ってハンモックで横になるのもいいでしょう。

img_3063
ブルーハワイ(カクテル)はここの雰囲気にピッタリ。

僕はシュノーケリング〜休憩〜ビーチサイドでお酒と、のんびり過ごしました。

img_3051
現地でも申し込み可能なオプション。人気のバギーは現地で申し込みすると28ドルでした。半日プランなので時間もなく諦めましたが、バギー楽しそうでしたよ。

まとめ

ココパームガーデンビーチでは、バギーや食事も楽しみたければオプショナルツアー1日プランがおすすめです(現地滞在10時〜15時)。

ただ、午後は他で遊ぶ予定があったり、海が中心の過ごし方なら半日プランでも十分に満足できます(現地滞在10時〜13時)。周囲は何もないプライベートビーチで、リゾート感が満載です。

現地にはシャワー・更衣室もあります。オプショナルツアーの一部プランにはタオルも付いてくるようですが、それ以外は有料(確か4ドルです)になるので、可能ならタオルは持参したほうがいいでしょう。鍵付きロッカーがあるのでそこに荷物を入れておけば安心して過ごせるはずです。

ハイアットリージェンシーグアムに宿泊していたのでホテル前のビーチももちろん良かったですが、ココパームガーデンビーチに来て良かったです。

タモン周辺の海とはまた違う雰囲気、リゾート感を満喫することができました。

僕が利用したオプショナルツアー半日プランは49ドル、1日プランだと69ドル〜で申し込みできます。本格的なプライベートビーチなので、それを支払う価値は十分にありますよ!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280