予約していたiPhone7 ジェットブラックがようやく入荷したのでレビュー。

この記事をシェアする

img_3543

9月16日に発売したiPhone 7/7 Plus。発売から約1ヶ月、予約していたiPhone7 ジェットブラックがようやく入荷し、ようやく手に入れました!

iPhone 6sシリーズとの違いについては前回書いた通りですが、実際に触ってみて感じたことをまとめます。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

アンテナラインが廃止され美しさ向上!

iPhone 7シリーズの外観デザインは前モデルのiPhone 6sシリーズとほとんど変わりません。高さ・幅・厚さ・重さ、いずれもほとんど変わっていないので、手に持った時も違いを全然感じません。

9v9a3343_tp_v

ただ見た目に関して言うと、iPhone 7シリーズでは背面のアンテナライン(通称Dライン)が廃止されたことで、スッキリしとても良くなりました。ケースを装着しているので気にならないという人も多いかもしれませんが、やっぱりあのラインは美しさを損なっていましたね。

ちなみに今日までの間にジェットブラックの使用傷に関する記事を色々と目にしていたので、写真を撮ったら即ケースを装着しましたよ。使用傷ぐらいいいかなとも一瞬考えましたけど、使いはじめだけでも美しいボディをキープすることにしました。

選んだケースはSpigenのiPhone7ケース(リキッド・クリスタル)です。こちらは後日あらためて別途紹介しますが、今のところいい感じです。

ヘッドホン使用も面倒じゃない。

img_3545
iPhone 7シリーズで廃止されたものと言えばヘッドホン端子。良くも悪くも発売前から話題になっていましたが、実際に使ってみると今のところ不便を感じることなく使用できています。

というのも、僕は他の機器と接続しながらiPhoneで音楽を聴くことがあまりないのと、ヘッドホンに付属の「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を接続して持ち歩けば、今までと取り扱い変わらず音楽を聴くことができるからです。

img_3181
img_3185
付属の「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」のケーブルは短く、そして細く柔らかいので、一緒に持ち歩いていても邪魔になりません。まぁその分断線がちょっと気になりますけどね。

機会が少ないとはいえ、今後充電器やMacなどと接続しながら音楽を聴くこともなくはないので、近いうちに「Belkin Lightning Audio + Charge Rockstar」を購入しておこうと思っています。これさえあれば、ヘッドホンと充電器やMacを同時接続しながら使用可能です。

新しくなったホームボタンも違和感なし。

iPhone 7シリーズのハード面での変化としてもう一つ、ホームボタンも変わりました。従来の物理ボタンではなく、Taptic Engineという技術で、振動によりホームボタンを押したような感覚が再現されるものです。

9v9a1650_1_tp_v
使いはじめはちょっとだけ違和感ありましたけど、これはすぐ慣れますね。そして使用上の不都合なんかも今のところ何もありません。

iphone7_master-3
押した際の振動も3段階で調整できるので、お好みで設定しましょう。

水しぶきを浴びることもないので耐水性能については体感できず。

iphone7warer9v9a2032_23_tp_v

iPhone 7シリーズの注目性能の一つに、耐水性能があります。ただ今のところ水しぶきを浴びるようなシーンもなく、この性能については体感できる機会がありません。

防水性能や耐水性能は、個人的には「あったら嬉しいけどなくても構わない」程度の性能です。あえて水の中に入れるようなことはしませんが、試される方はくれぐれも自己責任でお願いします。

Apple Pay開始が待ち遠しい!

僕がiPhone 7を手に入れて一番楽しみにしているのが「Apple Pay」です。10月開始予定と発表されているので、そろそろですかね?

2016-10-17-23-24-55
via Apple

Apple PayでSuicaやクレジットカードが使用できるようになったら、僕が日頃持ち歩いてきたアイテムが良い意味で色々と変わりそうなので、リリースが待ち遠しいです。

最後に

今回、「iPhone 7 ジェットブラック」の入荷に約1ヶ月かかり、待ちに待ってようやく手にすることができたわけですが、手にした際の感動は歴代のiPhoneで1番薄かった気がします。

それ自体はリリース情報を見た時点から予想できていたとはいえ、実際に手にした時はちょっと残念に感じました。

少なくともiPhone 6sシリーズを使っている人なら、Apple PayのリリースまではiPhone 6sで十分です。耐水性能がどうしても必要なら今すぐ変更してもいいかもしれません。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280