任天堂が発表した「手のひらサイズのファミコン」がちょっと欲しくなってきた。

この記事をシェアする

00000418_820_461

任天堂は手のひらサイズのファミコン「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発表しました。発表直後はそんなに気を引かれていませんでしたが、リリース情報を何度か見ているうちにちょっと欲しいかもと思いはじめました。価格も5,980円と手頃ですしねぇ。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

手のひらサイズ、懐かしのファミリーコンピュータ

任天堂が11月に発売(再登場)するファミコンは、手のひらサイズの小型モデル、そして当時のファミコンのデザインを踏襲しています。このデザインを採用したのは正解ですね、思わず購入してしまう人が続出しそう。

付属しているHDMIケーブルでテレビ(モニター)に接続すれば、収録されている30作品をプレイすることができるんですよね。僕自身は子供の頃ファミコンを持っていなかったのですが(多分SFC世代です)、マリオシリーズをはじめプレイしたことの作品がいくつも入っていて、ちょっとやりたくなりました。

懐かしの作品30タイトル収録

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-12-16-00
via 任天堂

これ全部プレイできます。やったことのないゲームもありますが、意外と知っている作品があって懐かしい。

00000418_31
via 任天堂

本体のリセットボタンを押すとゲームを切り替えすることができるようです。

00000418_33
via 任天堂

ゲームにはもちろんセーブ機能もあって、本体のリセットボタンを押したら中段ポイントとして記録されるそうです。1ゲームにつき最大4つの中段ポイントを記録できるとのこと。

そんなに記録することはないと思うので、4つもあれば十分ですね。

00000418_32
via 任天堂

ゲーム画面は今のテレビに最適化されているので、くっきりとした見た目でプレイできるそうです。ただし当時の画面を再現したければ、「アナログテレビモード」に切り替えすることも可能。懐かしいレトロな感じの画面を再現してプレイするのも良さそうです。

取り扱いも簡単そう

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、付属しているHDMIをテレビ(モニター)へ接続すれば完了なので設置接続もあっという間ですね。

電源は付属のUSBケーブルか、別売りの専用ACアダプターから。

テレビ(モニター)からUSBで電源供給が可能なら、HDMIとUSBを両方とも本体と接続すればokです。

予約殺到?!

ちょっと欲しくなってきたのでAmazonを見てみたら、予約殺到のようで予約完売していました。

この感じだと、今から注文しても実際手にするのはしばらく先になってしまいそうですねー。

でも、カセット不要で懐かしの30タイトルが遊べて5,980円なので、これは買いですよね。

ちょっと出遅れましたが、どこかで予約注文しようと思っています。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280